2019-11-30
SH-house(宇都宮市)
私事・社会的な事

52歳のおっさんが初めて花束を頂いた話

ご夫妻と記念撮影

今週月曜日11/25に宇都宮市で建てていたQ1.0住宅が完成し、お引渡ししました。

 

引き渡しの説明をした後で、施主のSHさんから花束を頂きました。

 

今日のブログは、お引き渡しの様子と花束を頂いたことを書きます。

 

お引渡しの時に、特に説明するのは換気システムの清掃方法

午前10時半から現場で、住宅設備の操作法・掃除方法、暮らしてからの注意点などをお話して、引き渡し書類をお渡ししました。

 

住宅設備機器については、毎回同じモノを使うわけではないので、事前にザックリ取り扱い説明書を読んで自分で操作した上で、当日は主なモノを説明します。

 

住宅設備の中でも、特に24時間換気システムは、正常に動作させないと室内に匂いが残ったり、酷いと結露の原因にもなったりするので、適切に掃除する必要があります。

 

少し掃除が面倒なので、掃除出来ない人もいます。

 

24時間換気システムを掃除していないお宅に行くと、匂いがこもっているので分かります。

 

だから、引き渡し時に施主と一緒に換気システムのフィルターを外すなどして、一緒に清掃方法を確認するようにしています。

 

ちなみにエアコンフィルターの掃除をしない人は、換気システムの掃除もしないというのが、住宅業界で言われているあるある話なのです。

 

52歳のおっさんが初めて花束を頂いた話

花束を頂いて恐縮したがうれしい私

引き渡しの説明が終わって、最後にサプライズがありました。

 

施主のSHさんから、生まれて初めて花束を頂きました。

 

写真も撮って頂いたので、記念にアップします。

 

花束を頂くのはうれしいものですね。

 

事務所で花瓶に差して、毎日水を交換しています。

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

この記事をシェアする
コメント

コメントを残す
お名前