2022-08-25
Q1.0住宅小山の家(小山市)
建材・住宅設備・便利グッズ
高断熱・高気密住宅

桁上断熱のメリットとデメリット

桁上断熱は防湿気密シートの施工が下向きの楽な態勢で行える。それは正確な気密工事が行える利点となる。

Q1.0住宅小山の家の2階天井裏の断熱方法は、「桁上断熱」としています。桁上断熱は、桁上の水平剛性が取れて、「天井断熱」や「屋根断熱」と比較すると、合板部で気密が取れるので、気密及び断熱工事が容易になる上に、2階の野縁上に配管や配線のスペースを確保できる利点もあります。今日のブログは、桁上断熱のメリットとデメリットを書きます。

桁上断熱とは

桁上断熱工法とは、桁上に合板を張り、その上に断熱材を敷き込む工法です。合板の上に断熱材を敷き込むので、ブローイング断熱材ではなく、(もちろん、ブローイングも容易になるが)マット品の断熱材を敷き込むのも容易になります。

桁上断熱の施工写真

桁上に写真の黒い気密パッキン(PEパッキン)を設置した後で合板を張り、防湿気密シートと柱気密バリアーを貼ったところ。
桁上と合板の間のPEパッキンとはこれ。気密性を確保する専用部材。
母屋(写真の柱のようなもの)と防湿気密シートの隙間に、専用気密部材 気密柱バリアーを付ける
母屋廻りの気密柱バリアー。気密性の確保に使う。
気密柱バリアーを気密テープで留める。テープをヘラで押し付けているところ。
気密シートの重ねを10㎝取り、気密テープで留めて桁上の気密工事は完了。次に断熱材を敷く。
外周は石膏ボードを貼りあげて、壁面の防湿気密シートを押さえた。
防湿気密シート上に315mmのマット品の断熱材を施工。この断熱材は壁の充填断熱材と同じものである。

桁上断熱の3つのメリットは?

最初にも書きましたが、私が感じている桁上断熱のメリットの1つ目は、合板の下の、桁上との間に納まる気密パッキンで気密性が取れること。合板下の気密パッキン施工も、合板の上の防湿気密シート貼りも下向きで行えるので、施工しやすい。施工しやすいことは、断熱気密施工を確実に行えることに繋がります。逆に、例えば天井断熱の場合の気密シート貼りは、脚立に乗って上向きの状態で、野縁下に防湿気密シート貼りを行うのが普通なので、桁上断熱と比較すると態勢的に施工が「しにくい」です。

2つ目は、2階天井面から桁上合板までの、小山の家の場合は最大高さ約50㎝のスペースが、換気ダクトと照明の配線のスペースとして使えること。このスペースは、万一電気業者が配線や配管を間違った場合も、後から何とかそのスペースに潜り込めれば、手直しが出来る。それがメリットです。

2階桁まで石膏ボード貼り上げる
その後で2階天井野縁施工
2階の野縁上が配管・配線スペースとなる。

今まで、何度か電気屋さんが天井裏の配線を間違ってしまい、桁上断熱下のスペースに潜って、手直しした経験があります。人間が行うことなので、注意していても間違うことがあるのです。桁上断熱の場合は引き渡し間際の場合でも、人がそのスペースに入れるならば、仕上げ材及び下地材を壊さずに、配線や配管を直せる場合もあります。狭い場合は潜れませんが、このような手直しを経験した工務店経営者もしくは現場監督・設計者は、その間違いにより、心臓が潰れるようなストレスを経験しますから、桁上断熱工法のメリットを感じずにはいられません。

3つ目は、ダウンライトのように天井裏に出っ張る器具の場合、天井断熱にすると、合板と石膏ボードを使って、各ダウンライト裏に「ダウンライト用の四角い気密ボックス」を造って、その中にダウンライトを入れて、気密施工することになります。天井断熱の場合は、どうしても、その出っ張った気密ボックス部分の断熱材が薄くなりますが、桁上断熱の場合は、配管及び配線スペースがあるので、断熱材も薄くならず、ダウンライトも安心して付けられます。

ちなみに今、天井断熱にする場合は、ダウンライトに似た小さな薄型シーリング照明を採用して、2階の天井には極力ダウンライトを付けないようにしています。

私にとっては上記の3つが、桁上断熱工法のメリットになります。

桁上断熱のデメリットは?

Q1.0住宅小山の家の矩計図。

桁上断熱の場合は、桁上に敷く断熱材の厚さ分だけ、上記の矩計図のように「母屋上げ」するのが普通です。そうしないと、外周部で桁上の断熱材が外壁側まで同じ厚さに入りません。小山の家は桁上に敷く断熱材の厚さである30㎝分を母屋上げしています。実際の桁上断熱材の厚さは105mm厚×3層=315mmです。高性能グラスウールを使う場合、天井断熱材や屋根断熱材・桁上断熱材は、300mm以上は欲しいのですが、それを満たしています。

しかし、その母屋上げした部分は、外部から家を見た時に、天井断熱や屋根断熱と比較して、2階の壁面が上に広くなることに繋がります。特に窓上は、額の広い人間の顔ように、少しだけ間延びしたような印象の外観になる。それがデメリットだと感じています。

また、天井断熱と比較すると、桁上断熱は材料費が余計に掛ります。具体的には、桁上に敷いた合板と合板を受ける井桁に組んだ木材と外周の母屋上げ分の木材です。また、天井裏が二重になるので、断熱点検口の下にもう1つ、断熱点検口より少し大きめな600角程度の点検口を設ける必要があります。普通の点検口なので、数千円程度のプラスで済みます。

桁上断熱の場合、点検口は2重になる
上は断熱点検口
断熱点検口断面。

それでも私は、桁上断熱のメリットは、デメリットを上回ることが多いと感じています。

桁上断熱、天井断熱、屋根断熱のどれを選べば良いのか?

桁上断熱、天井断熱、屋根断熱のそれぞれにメリットとデメリットがあるので、その家ごとの、例えば、室内の意匠性や機能性等の様々な要素も検討して、工法を選ぶべきだと考えています。

例えば、施主と対話して、意匠性や機能性の面から、勾配天井にしたほうが良いという結論なら、天井断熱にすべきです。ちなみに、天井断熱にもいくつかの方法があります。

桁上断熱は、天井断熱等と比較して、容易に断熱性と気密性を確保出来て、施工後の間違いもリカバリーできる可能性があるので、私は好きな工法です。

桁上断熱について書いた他のブログです。

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

この記事をシェアする
コメント

コメントを残す
お名前