2009-11-10
住宅設計

屋根の形と耐久性

屋根の最大の機能は、雨を家の中に入れず、かつ、降った雨をなるべく早く建物の外に出すこと。

切妻、寄せ棟、片流れ等の屋根形状は、機能から決まった形であり、外観デザインを決定付ける重要な要素でもあります。
ですから、屋根を出来るだけ綺麗にかけたいと思っています。
屋根を綺麗にかける為には、破綻のない平面プランが必要になります。

ヨシダクラフトでは、日本は雨が多いことを考慮し、屋根に勾配を付けて、軒もなるべく出すようにしています。
屋根勾配を取ることで、屋根も傷みにくく、外壁に雨が掛かりにくくなり、耐久性が維持できる。

軒下の設備類も雨が掛からなければ長持ちします。

軒が出ていれば、雨の日でも窓を開け放しにでき、涼しい空気を取り込める。
また、真夏の暑い日でも、軒下を通った涼しい風を室内に入れられるので、クーラーを付ける回数も減らせます。

軒の出があることの恩恵は、日本人のDNAに組み込まれています。体験すればその良さがわかるのではないでしょうか?

住宅密集地等で、軒が出せない場合は、外壁材は濡れることが続いても劣化しにくい材料にしたいと思っています。

と、屋根に勾配を付けるなんて、当たり前のことを書いているようですが、

屋根勾配と軒の出が殆どないモダンな住宅を設計する方もいらっしゃいます。

雨が多く、雪の少ない栃木県には適さない形だと思います。

建築家(専業の設計事務所)はともかく、それをマネして工務店までもが、真四角で勾配の無い屋根(フラットルーフ)の家を造っています。

 

施工した家の責任を取らなくてはいけない工務店は、フラットルーフは漏水が怖くて、普通は出来ない。

専業の設計事務所は工務店の施工した業者が悪いと逃げられるが、施工者は逃げられない。
勾配が少ない屋根は、水切れが悪くなり、屋根自体の耐久性を悪くし、軒の出が少ないと外壁が傷みやすい。
勾配の無い屋根(フラットルーフ)と軒の出が少ない家は、栃木の(雪の多い北国を除いた日本の)気候に合わず、自然の摂理に反した家といえます。もともと、形態が日本の気候に合っていない。

勾配の付いた屋根と、軒の出は長く暮らせる家にも繋がります。
よく考えれば素人でもわかること。完成後15年程経つと結果が分かってくると思います。

写真は勾配が付き、軒の出たYM-house

リフォーム 栃木

 

 

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

この記事をシェアする
コメント
くま塾長

屋根の機能なんて、深く考えたことなかったですが、確かにおっしゃるとおりですね。 うちの周りで最近できた住宅を見ると、軒があまり出ていないのが多い気がします。土地の関係もあるのかもしれませんが、デザインもあるんでしょうね。 素人考えでは、軒がない(おまけに窓が少ない)と夏は暑いだろうな・・・ エアコン頼みはいやだなあと思っていたのですが、それ以上に雨の問題なんですね! たしかに、まだ建てて5年くらいなのになんでもう外壁の補修をしているのかな?と。 納得できました。 古い住宅は、やはり軒が広いです 意味があるんですね。

2009年11月12日
ヨシダクラフト

くま塾長さん 屋根の形も意味があります。 白い、真四角なお宅って周りに結構あると思います。 屋根が平らだと水切れが悪くなるのは当然です。 私は、設計施工をやっているので、フラットルーフの問題点を見る機会も多くて。 このプログを書きました。 コメントありがとうございます。 >屋根の機能なんて、深く考えたことなかったですが、確かにおっしゃるとおりですね。 >うちの周りで最近できた住宅を見ると、軒があまり出ていないのが多い気がします。土地の関係もあるのかもしれませんが、デザインもあるんでしょうね。 >素人考えでは、軒がない(おまけに窓が少ない)と夏は暑いだろうな・・・ エアコン頼みはいやだなあと思っていたのですが、それ以上に雨の問題なんですね! > >たしかに、まだ建てて5年くらいなのになんでもう外壁の補修をしているのかな?と。 > >納得できました。 > >古い住宅は、やはり軒が広いです >意味があるんですね。

2009年11月12日

コメントを残す
お名前