T・S-house リフォーム(宇都宮市).

T・S-houseの親世帯の旦那様は、県立高校の校長を歴任し、現在は県南の大学の講師をされています。
そのT先生と職人たちと話していたら、偶然にも、工事を担当した建具屋さんの娘さんを大学で教えていたり、私の中学時代の同級生の仲人だったりしました。世間は狭い、というかさすがに顔が広い。
また、宇都宮の日本酒好きなら、多くの人が知っている宇都宮酒造の万葉聖(まんようひじり)の
名付け親だったり、名酒四季桜の文字デザインをされたのが先生のお父さんだったりするのも、最近、「日本酒を覚えたて」の私にとっては、敬意を払わずにいられません。
そんな先生ですが、娘さんに注意?をされておりました。
その内容が、私が嫁に注意を受ける内容に似ていて、親近感を覚えた次第です。
トイレで男性がオシッコするとき、当然立ってします。そうすると、少しは跳ねたりします。
嫁は、掃除する身になって考えてくれと、こぼすなら、座ってオシッコしてくれと言ってます。
一応、こぼした時は拭いてますが、後で匂いが残るんですよね。
当然、私は座ってしてませんが、嫁いわく、将来女性の負担になるから、現在は小学生の男の子は座ってやるのが、主流だというのです。聞いたことありません。
写真は、リビングと和室の間仕切り戸。南からの光を白い珪藻土で廻して、ガラス戸を通して、北側の和室に入れています。

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*