.

 

窓(開口部)は、既製のアルミサッシ、樹脂サッシを取り付けるのが一般的。

 

私たち工務店にとって(私にとって)、窓を木製のオリジナルで造るというのは

 

やりたくても、とてもハードルが高くで出来ない計画の1つです。

 

 

 

何故なら、外部の雨や風の影響を受ける窓は、

 

少しの変形でも、漏水や風で顧客からの大きなクレームになる可能性が高いから。

 

また、数多くの詳細図も必要となる。

 

経験が無いので、その計画が正しいものなのか分からず、

 

施工後、必ず試行錯誤が必要になるであろうことも、手が出せない理由の1つ。

 

 

 

 

上手く、すっきりと開口部が造れれば、空間に広がりもでるので

 

オリジナルで造ってみたいのだが・・・。

 

住宅版エコポイントの影響で窓の断熱性はクローズアップされているが、

 

窓に必要なのは、断熱性だけでは無いのです。

 

 

 

 

 

エクスナレッジから出た、 「最高の開口部をつくる方法」 は、

 

オリジナルで造られた窓廻りのデザインを

 

1000点以上の詳細図、写真、イラストで、かなり分かりやすく解説している。

このような本があれば、造る時の手がかりになる。

著者は本間至さん。

 

 

 

 

リフォーム 栃木県 ヨシダクラフト 

注文住宅 栃木県 ヨシダクラフト

 

 

 

 

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

  1. カントリーライフ@Oregon

    いつも研究熱心ですね。
    窓と言えば、
    子供部屋の窓からスースーと冷たい冷気を感じるので真空になる窓なんですが一つ調子が悪くて変えました。が、まだスースー。窓枠の周りの気の枠に断熱材がはいっていませんでした。どうやらそこから冷気がもれてきたのではないか?と夫が言っています。

    返信
  2. ヨシダクラフト

    カントリーライフ@oregonさん
    ありがとうございます。
    とても、良い本です。(造るのは難しいですが)
    >いつも研究熱心ですね。

    >窓と言えば、
    >子供部屋の窓からスースーと冷たい冷気を感じるので真空になる窓なんですが一つ調子が悪くて変えました。が、まだスースー。窓枠の周りの気の枠に断熱材がはいっていませんでした。どうやらそこから冷気がもれてきたのではないか?と夫が言っています。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*