リフォーム.

11月12日 金曜日。
既存住宅の省エネ改修ガイドラインを受講する為
東京へ。
渋谷の会場は超満員。
9:50分~17:40の長丁場。
テキストの発行はIBEC。
主催は新建新聞社。
時代はリフォーム。
不況もあり新築は少ない。
バブル期170万戸あった新築住宅着工数が
去年は78万戸。60万戸も近いのではないかとの話。
少子高齢化。空家多数。
CO2削減義務等。
上記の理由から、
新築からリフォームへという流れは時代も後押し
加速している。
前半の講師は野池政宏さん。
工務店は、部品交換型のリフォームはもちろん
本質改善型リフォームを目指すべきと。
本質改善型リフォームに関するレクチャー。
いつものように分かりやすい。
本質改善型リフォームをしたい施主像と提案方法を聞いた。
部品交換型リフォームは、来年度からヤマダ電機が
中古住宅を買い取り、オール電化にリフォームして家電を
付けて売るらしい。
実際にやるのは下請け工務店で、既製品の新建材
リフォームなのだろう。
ちなみに、部品交換型リフォームとは、キッチンや浴室の交換、
内装材の変更、外壁の塗り替えを指す。太陽光+オール電化も含む。
本質改善型リフォームとは、構造性能の向上、温熱/省エネ性能の向上
劣化原因の排除、間取り変更、視覚的デザイン性の向上を指す。
「住まいに求められる本質」を理解し、性能に関する深い理解が必要で
既存住宅に対する的確な調査、診断が必要。
「こだわりの家」とは「既製品率の低い家」とのこと。明快。
後半の講師は岩村アトリエの岩村氏とスタッフの方。
省エネ改修の技術と事例の紹介。
ケーススタディは、仕様および工事金額も書いてある。
参考になる。
いくつもの事例をサラッと流した解説なので
簡単そうに感じてしまうが、
現場を知る施工管理者にとっては、
とても難しいことが理解できる。
例えば、床下の断熱改修。
床下地を解体せずに行う場合。
1~2日、床下に潜り込んで工事を行うのは
職人にとっては大変なストレス。
狭く、暗く、湿気もある事が多いし、匂いもあるだろう。
今までにあまり経験の無い工事。
誰が施工するのだろうか?
やはり大工さんにやってもらうのが一番いい。
どちらにしても、断熱改修は地道に一つ一つ
最善であろうことをやるしかない。
住宅取得者が、中古住宅に住むことに違和感の無い世代
になっているという、新建新聞社三浦編集長の考え方に同意。
受講するか迷ったが行って良かった。
リフォーム リノベーション 栃木県 ヨシダクラフト
注文住宅 栃木県 ヨシダクラフト 

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

  1. にろす

    暮らし方提案リフォームが大切
    だけど、性能もしっかり向上させなきゃ
    いけませんよね。新築の断熱技術は
    リフォームでも十分活用できますね!

    返信
  2. ヨシダクラフト

    にろすさん
    そう。新築の断熱技術のそれぞれの良い部分を
    場面に応じて使い分ける感じです。
    >暮らし方提案リフォームが大切
    >だけど、性能もしっかり向上させなきゃ
    >いけませんよね。新築の断熱技術は
    >リフォームでも十分活用できますね!

    返信
  3. ヨシダクラフト

    shige*simplehouseさん
    私もシロアリ業者に依頼かなと思ったんだよね。
    ただ、床下木部の交換なんかも出てくるから
    本当は大工がいいんだけどね。
    私もたまに床下もぐるけど、5分いるとつらいもんね。
    >床下断熱、大工やるかな?
    >僕は相当抵抗あると思う。
    >シロアリ屋に一票。

    返信
  4. ヨシダクラフト

    紅春1970【3】さん
    本格的な断熱改修が多くなると、断熱材施工の専業のプロ
    が増えてくるのかもしれないですね。
    >島田さんトコのあの断熱工事をやった方がいますねー。
    >お疲れさまでしたー。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*