リフォーム.

2012.6.14 012.jpg
壁と天井裏に断熱材を入れた省エネリフォーム例です。
ホームページをご覧になり、ご連絡を頂きました。
省エネリフォーム(断熱リフォーム)をしたAOさんのお宅のリフォームのケースです。
2階南西の角部屋、8畳洋間の省エネリフォーム。
寝室兼仕事部屋として使われている部屋です。
リフォームしたのはこの部屋のみ。
築30年程が経過し、当時の断熱が不十分の為(断熱材が入ってなかった)
夏に壁と天井からの熱で部屋の温度が上がり、エアコンの効率が非常に悪い為、
壁に断熱材を入れたいという要望でした。
夏には、1階との温度差が6~7度程度あったようです。
メールで連絡を頂き、見積の為の現地調査をしたところ、
天井裏にも断熱材は入っていないことが分かりました。
外壁は壊さず、室内側の壁を壊して断熱材を入れました。
断熱材は壁、天井共に高性能グラスウール16K。
作業開始(解体)から完了(内装クロス完了)まで、3日間のリフォームでした。
2012.6.14 014.jpg
断熱材が入るスペースの薄い部分は発砲系断熱材を入れた
2012..6.14 011.jpg
天井裏は高さがなくて大工さんも断熱材を入れるのが大変でした。
工事後に施主AOさんよりメールがあり
「今日(6/20)の暑さの中でも1階応接間27℃に対して2F工事した部屋28℃と、
エアコン無しでも十分な断熱効果が得られました。」とのことです。
住み心地が良くなったとのことで安心しました。
8畳1間のみの省エネリフォームでも住み心地は良くなります。
断熱内窓も入れると住み心地(断熱性)はもっとUPします。
注文住宅 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト 
リフォーム リノベーション 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト
工務店 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト

facebook

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

  1. ヨシダクラフト

    素晴らしき地場ビルダーランドのナビゲーターさん
    了解しました。少しお待ちを。
    >いいですね!地場ビルダーランドにupしませう~。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*