2009-12-26
自然素材

薪ストーブのガラス掃除

上の写真は薪ストーブの扉。

 

ガラス面に煤(すす)が付いて、炎が綺麗に見えない。

 

これでは薪ストーブの魅力が半減。

 

 

 

ガラス面の掃除をすることにした。

 

s-2クリーナー.jpg

ストーブガラス専用のクリーナー。

 

s-3掃除中.jpg

ティッシュに少量取り磨いてみると

 

 

s-4掃除後.jpg

研磨剤が入っていて簡単に綺麗になった。

 

食器用の研磨剤よりも粒子が細かいらしい。

 

 

火を点けてみた。

s-5炎綺麗.jpg

綺麗に、炎が揺らいでいる。

 

s-6芋.jpg

調子に乗って焼き芋。

 

うんまい。

 

薪ストーブでやると、プロの味。

 

 

来年、1月16日と17日 薪ストーブ体験会を行います。

 

興味ある方はいらっしゃってください。

 

リフォーム 栃木県 

 

注文住宅 栃木県

 

 

 

 

 

リフォーム 栃木県 http://www.yoshidacraft.net

 

注文住宅 栃木県

 

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

この記事をシェアする
コメント
mizu さん

煤けるものなんですねぇ 仕事が一段落して『おなかすいたぁ』 ストーブで焼いたお芋片手に読み始めたもんやから… 笑っちゃいました(^o^)

2009年12月26日
ヨシダクラフト

mizuさん 同じことやってたと、 そういうことですね。 今の時期、焼き芋美味しいですよね。 >煤けるものなんですねぇ > >仕事が一段落して『おなかすいたぁ』 >ストーブで焼いたお芋片手に読み始めたもんやから… >笑っちゃいました(^o^)

2009年12月26日
YMです さん

よかったですね~。炎が見えるとぜんぜん印象が違いますものね。焼き芋もおいしそう。逆にうちは焼き芋がうまく焼けず。下の灰受けに入れて焼いてるのですが、炉室の灰が多すぎるのかな?

2009年12月28日
ヨシダクラフト

ymですさん アドバイスのお陰で綺麗になりました。パッキンも耐火モルタルで復活しました。また、教えてください。 うちも、芋は下の灰入れに入れてます。炉室の灰が多いと上手く焼けないかもしれないですね。 一応、来年の目標は、ymさんを見習って、料理かお菓子が自分で作れるようになることなんですが・・・。 出来たら、ブログにアップしようと思ってます。 >よかったですね~。炎が見えるとぜんぜん印象が違いますものね。焼き芋もおいしそう。逆にうちは焼き芋がうまく焼けず。下の灰受けに入れて焼いてるのですが、炉室の灰が多すぎるのかな?

2009年12月29日

YMです さん へ返信する コメントをキャンセル

コメントを残す
お名前