2019-02-25
心房細動 カテーテルアブレーション

最強の抗不整脈薬「アミオダロン」で、電気的除細動前に心房細動が治る

2/20(水)は、6時33分発の電車で東京都立多摩総合医療センターへ行ってきました。2/1に心房細動が再発してしまい、電気的除細動の予定日だったのです。

 

再発した時の様子はこちら。アンジェリーナ・ジョリー的脳梗塞予防手術(WO手術)をしたが、心房細動(不整脈)が再発。これで4回目!

 

除細動(じょさいどう、英: Defibrillation)は、不整脈に対しての治療の一つで、電気的な刺激や薬物等の外力によって異常な電気信号経路を遮断し、正常の電気信号経路への改善を促す方法。Wiki

 

電気的除細動とは、全身麻酔で寝ている時に電気ショックを掛けて脈を正常に戻すもの。寝ている間に終わるので、痛くも痒くもないのですが、結構お金が掛かります。

 

9時過ぎに病院に着いて心電図を採ったところ、脈は正常に戻っており、4回目の電気的除細動は行いませんでした。

 

脈が正常に戻った理由は、2/8から最強の抗不整脈薬と言われているアミオダロンを飲んだからだと思います。初めてアミオダロンを飲みましたが、これがかなり強い薬のようで、よく効いたのでした。

 

ウィキペディアによると、「日本の指定区分において、アミオダロン錠は毒薬に指定されている」となっています。Wiki

 

前回2/8の診察時に、大塚先生からは、電気的除細動前に薬で治るかもしれないと言われていました。

 

2/8にアミオダロンを飲み始めてから、遅くても3~4日後(もっと早く効いていたかも)には、普通に動けるようになっていたので、早めに脈が戻っていたのだと思います。

 

心房細動(不整脈)の状態になると、心臓がキチンと動かくなるので身体も動かず、階段で2階にあがるのもキツイのですが、脈が正常に戻ると全く元気なのです。

 

心房細動でも全く気が付かない人もいるようですから、そういう方はある意味羨ましい。私の場合は、身体が動かなくなり、普通に呼吸が出来なくなるので気分も落ち込みます。

 

2/20は、朝から絶好調で駅に歩いて行けたので、多分、脈は正常に戻っていると思っていたのですが、予想が当たりました。

 

診察した先生に、「wo手術を含めて4回のアプレーションをしており、その効果が薬によって出たのですかね?」と聞いたところ、

 

「そうかもしれないですね」ということでした。心房細動になっても左心耳が無いので、脳梗塞になる心配がほぼないことと、高価な抗血液凝固薬のリクシアナを飲まなくて良いのも、心の余裕になっていたのかもしれません。

 

上野の国立西洋美術館にコルビジェ展を見に行く前に、久しぶりに新宿で下車。

 

紀伊国屋書店をブラブラ。建築本→小説→ビジネス本→雑誌と見ましたが、良い本屋で過ごす時間はホントに楽しいと再認識。積読が一杯あるので買いませんでしたが、新宿紀伊国屋書店レベルの本屋が宇都宮にも欲しい。

その後「新宿 定食 ガッツリ」で検索した「ねこ膳」で、生姜焼き定食を食らう。大盛を指定したら、出てきた量にビックリして、中盛にしてもらいました。あの量は食えん。以前テレビで「ねこ膳」が取り上げられており、従業員に舞台女優さんが多いと言っていた記憶があり、食欲と共に色欲?でなく鑑賞欲!も満たしに行ったのでした。男性従業員しか居なくて残念。

お茶碗を横から見るとご飯が盛り上がっています。

ちなみに大盛でなく中盛でもこの量。夕飯までお腹が空きませんでした。マヨネーズがカウンターに置いてあって、キャベツに掛けて肉とご飯とマヨを一緒にして完食。

 

次回は4/5に病院に行く予定。それ以降も心房細動が再発しなければ良いのですが。

 

電車は貴重な読書時間でもあります。当日は病院の待合でもずっとこの本を読んでいました。映画「悪人」・「告白」・「モテキ」のプロデューサー川村元気さんの対談集の文庫本。モノ作りの大物たちと「仕事。」について対談しています。ページ折りまくりの面白さです。

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

この記事をシェアする
コメント
わがつま

再発おさまってなによりです。心的余裕が良い方向に作用したのでしょうね。私も昨年3月に5日間ほど再発したのですが病院に向かう電車のなかで治ってしまいました。なんかシャックリみたいですね。 さて、おかげさまでこちらは順調に経過してます。今年の6月で術後2年が経ちます。吉田さんとクリニックでお会いしてはや2年です。お酒は私もイカンと思いつつも元の酒量に戻ってしまいました。 季節の変わり目くれぐれもご自愛のほどお過ごしください。

2019年02月25日
yoshidacraft

書き込みありがとうございます。 わがつまさんと、一杯やろうとお誘いメールを送ろうかなと思っていたところで、再発しました。 順調に経過してるとのことで、良かったです。 宇都宮にいらっしゃることありましたら、一杯やりましょう。

2019年02月25日
ヤンさん

今日は退院一週間後の傷口のチェックと、血液検査・X線・心電図で大塚先生の診察を受けました。 今のところ、特に1回目・2回目と同様の経過と話をしましたので、先生より特にコメントもなく、アミオダロン100㍉一錠とリクシアナ半錠を次の1か月後検査の時まで飲んで、二つとも止めて様子を見ることになりました。一応、予定通りですが、何が起きるか分からないのが小生の不整脈です。 それで、吉田代表が書かれていたカレーハウスすぷーんで昼食を取りました。コスパは最高で食したのでコロッケ付き、500円でしっとり感とコクのあるカレーを堪能してきました。次の機会があれば、少々お高めのビーフなり、具沢山なりを所望してみようと思いました。12時前には満席、人気があるんですね!

2019年02月25日
yoshidacraft

術後1週間のチェック、お疲れ様です。あちらのブログhttp://blog.livedoor.jp/kc_calpis/archives/78973444.htmlの書き込みも楽しみに読ませて頂いております。 カレーハウススプーンは狭いですが、安くて美味しいですよね。 他の方が注文した海藻サラダもボリュームあって美味しそうでした。

2019年02月25日
26

ヨシダさんがカテーテルアブレーションを受けた医師に3回アブレーションを実施してもらった者です。いまだに完治しておらず、同医師と4回めのアブレーションを実施するタイミングを検討して1.5年ほど経過しました。 何年も前からヨシダさんのブログを読ませてもらっていますが、wo法を受けて1.5年ほど過ぎ、現在は どのような状態でしょうか?ヨシダさんのブログを見るかぎり、ほとんど心房細動に関する話題が挙がっていないため完治でき、仕事に対してフルに活躍できてるのではないかと勝手に推測していますが、私もヨシダさんと同じく、wo法を受けることを真剣に考えているため1年以上経過した現状について参考までに教えてもらえると大変うれしく思います。

2020年01月11日
yoshidacraft

はじめまして。 今年の冬は暖かいこともあり、今のところ心臓の調子は悪くありません。今は薬も飲んでいません。 私の場合。今まで再発したのは、ストレスがある状態の冬の寒い日で、酒を飲み過ぎた翌日が多かったのです。 酒を飲まないと、とても体調が良いので、酒を辞めて体重をあと10キロ減らして80キロになればベストだと思うのですが、実行出来ていません。 一方、私の母もwo手術を受けたのですが、最近不整脈が再発したようです。(私と違い、直ぐに正常な脈に戻る不整脈のようです。) 直りにくい不整脈は私にも遺伝しているので、再発はどこかで覚悟していますが、wo手術で左心耳(さしんじ)切除しており、脳梗塞になる可能性は低くなっているので、それが最大の安心要素です。 心配していても身体に良くないので、普通に過ごしています。

2020年01月16日

コメントを残す
お名前