IS-houseリフォーム, リフォーム, 建築いろいろ.

引き戸が開いてしまう

このように引き戸が開いてしまう場合

 

 

引き戸を閉めた時に引き戸が跳ね返って隙間が開いてしまう場合や、引き戸が自然に開いてドアと枠に隙間が空いてしまう場合、ありませんか?

 

 

安心してください。直せますよ~。

 


 

 

そのような場合は、引き戸枠の上の溝(鴨居・かもいと言います)に「Vピタ フラットレール用 ストッパー金物」をに付けるのがおすすめです。

Vピタフラットレールストッパー

この薄くて小っちゃい金物です。

 

 

プラスドライバーとビス1本で取付られますので、簡単です。

Vピタフラットレール

取付後はこんな感じ。枠上の溝の中にビス1本で付けるだけ。

 


 

当社でもリフォーム物件の造作建具の引き戸等で使うことがあります。リフォームでは、柱が完全に垂直になっていないこともあります。そのような柱に接続する引き戸では、引き戸と枠に隙間が開いたりすることもあるのです。

 


 

施工方法と利点を見てみましょう。

 


 

 

Vピタ フラットレール用 ストッパー施工方法は?

 

引き戸の上枠の溝に、1箇所ビス留めするだけなので、素人でも簡単に取付出来ます。引き戸1箇所につき、使うのは、Vピタ フラットレール用 ストッパー1個とステンレス木ネジ1個です。ビスはM2.1×10くらいで良いかと思います。ドライバーは電動ドライバーがあると楽ですが、手動プラスドライバーでも取り付けられます。

 


 

Vピタ フラットレール用 ストッパーで引き戸は、どう停まるのか?

 

引き戸を閉めた時に、引き戸の上部と枠の溝のVピタ フラットレール用 ストッパーが擦れて止まります。とてもスムーズに止まり、違和感は無いです。

 

引き戸が閉まった

引き戸の跳ね返りや隙間はなくなります。


 

Vピタ フラットレール用 ストッパーの利点は?

 

上枠の溝の中に付けるので、外から見えないこと。素人でも簡単に取付ができること。とてもシンプルなことです。

 

引き戸の跳ね返りや隙間には、「Vピタ フラットレール用 ストッパー金物」がおすすめです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*