家具・収納.

群馬県の高崎哲学堂にて、「ウェグナーに座ろう」というすばらしいイベントが行われています。

ウェグナーに座ろうブログ→http://blog.wegner.jp

ハンスJウェグナーさんは、北欧の家具のデザイナー。

デザインがよくて、使いやすくて、長く使える家具を作った人です。

私が説明しなくても、みなさん知ってると思います。

 

行きたい。でも車で3時間半は遠い。ウェグナーの様々な椅子に座れるらしい。

買えないけど、座れる。座ったら欲しくなるでしょ。どうする?となると、行くしかない。

 

高崎哲学堂といえば、設計はアントニン・レーモンド。

レーモンドさんが亡くなった後の、レーモンド設計の住宅は、サラリーマン時代、佐藤秀工務店の現場監督時代に施工を担当したことがあります。高崎哲学堂も一度みたいと思っていたので行くしかないようです。

ウェグナーの家具を見てしまうと、安い家具は買えなくなるという副作用はでるかもしれませんが、これから椅子、家具を買おうという方、家を新築、リフォームするという方は必見です。

写真は、私の持ってるウェグナー。

GE-375。

とてもよく出来ていて、他にも欲しくなります。

 

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*