建築いろいろ.

 

去年、宇都宮は「SUMIKAプロジェクト」で

 

前衛的住宅が好きな建築学生、建築設計者にとって聖地となりました。

 

この度、「SUMIKAプロジェクト」の3つの家が役目を終えて

 

売りに出されたようです。

 

かなり個性的な住宅ですから

 

買い手が付くのか注目しています。

 

買う人がどういう人なのか想像出来ません。

 

無理矢理、買い手を推理すると、

 

・     著名建築家のファンでお金持ち

・     栃木県人では買う人はいない。

・     個人ではなく法人が買って施設利用(これはないか?)

 

こんなところではないでしょうか?

 

場所は分かっていますから、

 

半年くらいしたらこっそりと見に行ってみよう。

 

「SUMIKAプロジェクト」を見学した時の日記はこちら。

 

 

(以下9月2日の下野新聞より抜粋です)

 

原始的な住みかはいかが? 宇都宮、著名建築家が設計

 

太陽の光を浴び、樹木に囲まれた洞穴で過ごす「プリミティブ(原始的)な暮らし」をテーマに、日本の著名建築家が設計した三つの個性的な住宅が宇都宮市内で建てられ、販売されている。

 東京ガスが「SUMIKAプロジェクト」と題し、最新のガス設備を紹介するため2008年に建てた。役割を終えたため、テーマに共感する人に住んでもらいたいと考えたという。

 日本を代表する建築家伊東豊雄氏が総合プロデューサーを務め、3人の建築家が設計した。

 住宅は、1辺約2・5メートルの立方体を12個積み上げ、洞穴と樹木が生み出す空間をイメージした家(藤本壮介氏)、半透明の屋根で部屋全体に太陽光が降り注ぐ平屋(西沢大良氏)、人の住まいの原型である洞穴と火をイメージした一戸建て(藤森照信氏)の3戸。

 同社は「個人ではなかなか頼めない建築家が設計したもので、希少な住宅」と話す。

価格は3710万~5665万円(土地代含む)。問い合わせは三菱地所リアルエステートサービス、03(3510)8080。

 

リフォーム リノベーション 栃木県 ヨシダクラフト

注文住宅 栃木県 ヨシダクラフト 

 

 

 

 

 

 

  1. くま塾長

    あくまでも素人目ですが
    家は、基本に則ったシンプルな作りが一番良いような気がします。
    ところで、なぜ栃木県人は買わないんですか?

    返信
  2. ヨシダクラフト

    くま塾長さん
    私もそう思います。
    普通に住むならメンテナンスが大切になりますから、
    シンプルで普遍的な形と材料で造るのが良いと思います。
    >あくまでも素人目ですが

    >家は、基本に則ったシンプルな作りが一番良いような気がします。

    栃木県人は保守的だからです。(笑)

    >ところで、なぜ栃木県人は買わないんですか?

    返信
  3. ヨシダクラフト

    紅春1970【3】さん
    あれっ?
    スウェーデンからの書き込みですね?
    どういう人が買うのかとても興味があります。
    >栃木県と言わず全国的にそうなんですよね。
    >この手にはどうも興味が湧かないンですよねー。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*