建築いろいろ.

フォルムアッシュ+バーン

東京都神宮前の工務店兼インテリアショップのFORM ASH+BARN フォルムアッシュバーン(株式会社 オレンジポイント)が倒産していました。

 
私が東京でのサラリーマン生活を辞めて実家を注ぐことを決めた1997年当時。オレンジバーンという店舗名で世田谷に店がありました。知り合いのインテリアデザイナーに注目の工務店、ショップを聞いて、真っ先に出てきた会社で見学に行きました。

 
ブレイク寸前の頃だったと思います。店舗に入りインテリアや施工写真を見せてもらいました。使っている素材や形が新鮮で衝撃を受けたことを思い出します。今でこそ普通になった、珪藻土の壁天井とパイン材のフローリング、造作建具を使ったインテリア。お風呂とキッチンもオーダー。外部は、片流れの屋根に、塗り壁+木製サッシ。これらの素材と形を世間に広めたのは、オレンジポイントだと思います。

 
当時私は、超高級住宅を施工する東京の老舗工務店である佐藤秀工務店で現場監督の仕事をしていました。仕事内容は、有名アトリエ設計事務所が設計した住宅の施工管理をする仕事でした。良い住宅を造っているという自負心がありましたが、それは他人の考えた良い家でした。自分で仕事を取らないと、自分の考える良い家は造れないと思うようになりました。

 
オレンジポイントは、当時から意匠、素材とプロモーションの両面で個性を確立させていました。町場の工務店でも、自社設計施工でこれだけのことが出来るのだと考えさせられました。また、オーダーキッチンを普及させたのもこの会社。オーダーキッチン本を出版して、工務店や設計事務所もオーダーキッチンが造れることを世間に知らしめました。

 
オレンジポイントの経営者は、泥臭いイメージのある、いわゆる「工務店」ではなく、インテリアショップが住宅の新築やリフォームをやるという業態&見せ方の先駆者でした。依頼した施主は、意匠や素材だけでなくそのような部分にも魅力を感じたのだと思います。

 
ただ、実際の住宅会社の仕事内容は泥臭く多岐にわたるもの。カッコいい仕事なんて、ほぼ皆無です。以前、オレンジポイントが絶好調の時にweb上で、現場の近隣住民から、現場と周囲の掃除もしていないなどと不満を書かれていたことを思い出します。それも1つの現場だけではなかったと思います。

 

また、造作建具やオーダーキッチン等のオリジナル部材や木製窓を多用して家造りをするのは、既製品を使った世間一般的な家造りと比べると、掛かる手間が全く違います。難しいのです。住宅会社が自社で部材を造るということは、建材メーカーの役割もするということですから、責任も重くなり作業も増えるのです。

 

オリジナル部材を使った家造りは、設計も高度になり、施工管理もルーティンワーク化・マニュアル化がしにくいものです。ですから会社を大きくする、多店舗展開するのは難しいはずです。その証拠に、全国展開しているハウスメーカーやローコストビルダーは、標準化された既製品を使い家を造ります。経年変化する自然素材は、クレームの原因になりますから、クレームの出にくい新建材の既製品で家を構成します。手造り系の住宅会社で全国展開している会社はありませんから、倒産した理由は、そこにもあるのかもしれません。

 

渋谷区神宮前 オレンジポイントで建てた方

 

 

 

 

 

  1. にろす

    悲しい出来事ですね。
    会社が大きくなるのは素晴らしい事ですが、
    理念が実践されているかどうかは常に
    考えなきゃいけないですよね。

    返信
  2. ヨシダクラフト

    にろすさん
    そうですね。
    業界に影響を与えていた会社だけに残念です。
    大阪や金沢にも店舗を出していましたが
    あれだけオリジナル部材が多いと、現場水準を維持するには
    出来る監督と職人がいないと成り立たなかったはず。
    会社を大きくするなら、タ○ホームのように既製品の新建材を使うしかないようです。
    最近、東京や大都市圏で流行っている
    中古マンションのリノベーションも10年以上前から
    行っていた先駆でした。
    >悲しい出来事ですね。
    >会社が大きくなるのは素晴らしい事ですが、
    >理念が実践されているかどうかは常に
    >考えなきゃいけないですよね。

    返信
  3. 紅春1970【3】

    いやはや、それはびっくりです。
    あーゆー会社はもっともっと引っ張って行って欲しかったですね。内情は知らないので何とも言えませんがね。。。

    返信
  4. ヨシダクラフト

    shige*simplehouseさん
    そうなんですよ。
    びっくりでした。
    本当の理由は分かりませんけどね。
    >そうなんだー。
    >僕も好きでした。
    >建築なんて泥臭いよね。
    >ゆっくりやっていきます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*