M-house(宇都宮市).

宇都宮市 中岡本のM-houseが上棟した。
作業順に写真をアップします。
P1030710.jpg
土台と大引きを取り付けたところ。
基礎の上に綺麗に木材が並んだ。
長期優良住宅の地域資源活用型の補助金申請をしているので
土台と大引きは檜の乾燥材。
50%以上の構造材(土台、柱、梁、桁)を産地照明がなされた
木材にすることで
長期優良住宅の一般型の補助金100万円に
比べて、地域資源活用型は20万円多い120万円がもらえる予定。
P1030711.jpg
この写真は作業直前の朝8時の段階。
クレーンがセットされ建方(たてかた)が始まる。
建方とは、構造材を組んで建物の骨格を造る作業。
P1030713.jpg
お昼前の12時の段階。
2階の床梁が架け終わった。
P1030714.jpg
2階の梁、桁を足場から見たところ。
この上に28mmの合板を敷いて剛床となる。
P1030716.jpg
夕方4時半の段階。
今日の作業はこれまで。
1日では上棟ならず。
延床57.5坪はボリュームがある。
P1030717.jpg
建方2日目。
11時、上棟。
家の骨格ができた。
見学希望の方はお気軽にご連絡ください。
連絡先はこちら。info@yoshidacraft.net
リフォーム リノベーション 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト
注文住宅 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*