心房細動 カテーテルアブレーション.

明日からのお盆休みに1週間程入院して、慢性心房細動に対する外科手術、ウルフ-大塚手術(wo手術)を受けてきます。

 

8/11に入院、8/14に手術して、8/18もしくは19に退院予定です。

 

私が受けるウルフ-大塚手術(wo手術)は、心原性脳梗塞に対する予防手術

ウルフ-大塚手術(wo手術)とは、心房細動(不整脈)に対する胸腔鏡手術で、心房細動を治すアブレーションと、脳梗塞を予防する左心耳切除(さしんじせつじょ)の2つから成り立っています。

 

左心耳切除とは、心臓の一部である左心耳を切り取ること。左心耳は要らない部位なのです。

 

心房細動患者は、心臓が小刻みに動くので心臓内で血栓(けっせん:血の塊り)ができやすくなります。

 

それが脳に飛んで、脳の血管が詰まって心臓由来の脳梗塞になりやすいのですが、血栓製造工場と言われている左心耳を切除することで、血栓が出来にくくなるばかりか、高価な血液サラサラの薬も辞めることが出来ます。

 

左心耳切除は、脳梗塞に対する予防医療です。

 

予防に時間とお金を使って脳梗塞を防いだほうが、脳梗塞になってしまってから治療するよりも圧倒的に楽だし、時間とお金も極端に少なくて済むので合理的。

 

脳梗塞になると、酷い場合は死んだり、後遺症が残る可能性もありますが、予防医療で左心耳を取っておけば、脳梗塞になる心配は非常に低くなります。

 

この動画は他人ですが、このような手術です。

私の手術動画もDVDで頂けるとのことですが、左心耳クラブのyoutubeにアップされたほうがスマホで見やすいので、大塚先生に依頼してみようと思います。

 

心房細動の方は、よかったらこちらも参考にしてください。

 

心房細動に対する胸腔鏡手術「WOLF-OHTSUKA手術(ウルフ大塚手術)」を受けることにしました

 

心房細動に対する最新治療「WOLF-OHTSUKA法(WO法)」と、心房細動患者同士の意見交換が活発に行われているブログをご紹介

 

入院しても無制限で動画を見るのにおススメなポケットwifiはこちら

手術前の3日間と、手術後の回復してからの2日程度は暇になってしまうと思い、病室でも自宅のような動画環境を確保すべく、ポケットwifiをレンタルしました。

 

wifi レンタルドットコムでSoftBank 303ZT 無制限を借りました。

 

これは、SIさんおススメの無制限のポケットwifiルーターで、1週間借りて4千円程度です。SIさんは自称「歩くmonoマガジン」、おススメに間違いはありません。

 

WEBからとても簡単に借りることが出来ました。分からない場合は電話相談もできますし、返却も楽みたいです。

 

先程届いて繋いでみましたが、ちゃんと動画も視聴できそう。

 

Wifiレンタルどっとこむ

 

その他には、積読してあった本を3冊持っていきます。キンドルにも読んでいない本がたくさん入っているのですが、そんなに読めないでしょうw。

 

お盆休みに、好きな映画と本を観ながら手術を受けて体調を整えられるなんて、よく考えたら最高の夏休みです!

 

これで優しい美人の看護師さんが担当なら、輪をかけて最高だと期待していますw。

 

ちなみに相部屋なので、イアホンも用意しましたw。

心房細動の方はノンアルコールがおススメ。これがノンアルの中で一番美味いです。

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*