リフォーム, 住まいと健康, 高断熱高気密省エネ住宅.

床下に潜って、断熱材を入れているところ。

床下断熱リフォーム施工写真

 

床下に潜り込んで、床を剥がすことなく行う「床下断熱リフォーム」はフローリングや下地木材を壊さずに出来る、費用対効果の高い断熱リフォーム工事でしたが、今まで普及していませんでした。

 

何故かと言うと「普段、断熱材を施工している大工さんが床下に入るのを嫌がるから」です。

 

普及を促進する画期的方法として、

「床下断熱リフォーム」の施工を大工ではなく、床下の専門家である「防蟻工事業者(シロアリ業者)」が行う

ことが始まっています。

 

断熱材メーカーの中でも、旭ファイバーグラスは床下断熱リフォームに力を入れており、床下断熱リフォームの専用部署?を持ち、防蟻業者への断熱材施工の指導も行うことによって、「床断熱リフォーム」を後押ししています。

 

断熱施工業者を「大工」から「防蟻業者」に変え、施工指導をすることによって、今まで断熱施工をしていなかった「防蟻業者」に行わせるという画期的な試み。

 

次は大工(他の職人も)が床下に入りたくない理由と、床下断熱リフォームを防蟻業者が行う利点を見てみましょう。

 

今まで、床下断熱リフォームが普及しなかった理由

完全防備で防蟻業者が床下に入るところ。

 

通常、新築時に断熱材を施工するのは大工なので、床下断熱リフォームもお願いしたいところですが、床下に潜るのを嫌がる大工が多いです。

 

理由は、昔の住宅では、土間が土の布基礎の場合が多く、一度床下に潜ると頭からつま先まで土埃だらけになる上に、虫はもちろん蛇がいる場合もあります。

 

床一面がコンクリートのベタ基礎でも、床下を潜り這いずり回ると、もれなく埃だらけになります。

 

また、大工の棟梁が「床下断熱リフォーム」をやる気がある場合でも、下の大工さんがやりたがらないケースが多いのです。今は、人が嫌がる作業を強制できる世の中では無いので、棟梁も強くは言えません。

 

そんな理由で、現場を管理する住宅会社も、大工に床下に潜ってくれとは依頼しずらい。

 

結果として「床下断熱リフォーム」は今まで普及しなかったというのが原因の1つです。

 

次は、身体が汚れる以外の、床下に潜りたくない理由を見てみましょう。

 

床下断熱リフォームは、防蟻工事業者が行ったほうが良い理由

 

床下での作業には、普段の作業着とは別に、床下専用のつなぎと道具1式が必要になるという「物質的ハードル」と、床下は狭いので身体が大きいと作業性が悪くなるという「身体的ハードル」があります。

 

床下専用の着衣と道具1式とは、「写真のような床下用のつなぎ、帽子、汚れても良い靴、懐中電灯、照明、電工ドラム、床養生材等」です。

 

床下に入った着衣は埃だらけになるので、家に持って帰って家庭用の洗濯機で洗うと、洗濯機が汚れると言って、奥さんに怒られることでしょう。

 

床下に頻繁に入るなら、専用の洗濯機を買う必要があるかもしれません。床下仕事は、洗濯の面でもハードルが高いです。

 

対して防蟻工事業者の職人は、床下に潜って防蟻処理や白蟻駆除をするのが仕事ですから、床下専用の着衣と道具は常に持っていますし、会社には床下に潜った着衣を洗う専用の洗濯機を完備しています。

 

防蟻業者に聞いたところ、普通の洗濯機ですが、家庭で使うより壊れるのが早いらしいです。

 

かつ、防蟻工事業者は害獣駆除も行っていることが多く、例えば床下に蛇等の生き物がいても作業に支障がありません。生き物が嫌いな職人だと、その時点で床下には潜れなくなるでしょう。

 

元々ニーズのあった「床断熱リフォーム」に断熱材メーカーが目を付けて、床下の専門家である防蟻業者がマッチングされ、断熱施工指導が入ることによって「床断熱リフォーム」が普及しようとしています。

 

私も、依頼している防蟻工事業者と組んで、床下断熱リフォームを行おうと考えています。ご興味ある方ご連絡ください。

 

床下断熱リフォームと同時に「床下防蟻再施工」をすべき

 

床下断熱リフォームでは床下に防蟻工事業者が入るので、同時に「床下防蟻再施工」をすべきです。

 

グラスウール断熱材を濡らすと、乾くまでは断熱性が弱くなるので、施工の順番は「床下防蟻再施工」を先に行い、床下木材が乾いてから、グラスウール断熱材の施工を行うのが良いと思います。

 

床下断熱リフォームのメリット

写真をお借りしました。新築の場合の「気流止め」写真だと思います。

 

気流止め写真出典

 

床は、唯一身体が直接触れる部位です。床が無断熱や断熱不足の場合、足元から身体が冷えてしまい不快になります。室内の寒さは心疾患や脳血管疾患等の病気にも直結します。

 

「床下断熱リフォーム」とは、「床下の冷気」が壁内に入り込むのを遮断する「気流止め」と「床下断熱材」を丁寧に施工することです。

 

消費者には「気流止め」という言葉は馴染みがないかもしれませんが、床下の断熱材施工と同等以上に大切な工事です。

 

写真のような気流止めしないと、床下の冷気が壁から上がってしまい、床に断熱材を施工しても効きにくくなります。

 

「床下断熱リフォーム」をすると、床の断熱性能が上がるので床が冷たくなくなり、室内の快適性も上がるばかりか、部屋の温度差も少なく暖房費の節約にもなります。

 

床を壊さずに施工できる「床下断熱リフォーム」には、快適性と健康の向上、暖房費の節約以外の施工上のメリットもあります。

 

・「住まいながら施工ができること」・・・床下断熱リフォームは、床下点検口や床下収納から床下に入って、床下から施工するので、家具の移動や室内の片づけが不要。

 

・「工期は、たったの1日~2日」・・・床下断熱リフォームの施工は1日~2日と短期間。施主負担が少ないです。

 

床下から行う、床断熱リフォームの断熱材はグラスウールが良い理由

床下から行う床下断熱リフォームには、発砲ウレタンを吹き付けたりする工法もありますが、更新性・転用性・施工性も考えると、グラスウールがベストだと思います。

 

柔らかい材料なので、45センチ程度の床下点検口や床下収納庫からも入りますし、クッション性があるため、「気流止め」をする場合も隙間の無い施工ができます。

 

また、グラスウールなら床下のメンテナンス時、例えば白蟻駆除をしてから断熱材を戻すことが容易です。

 

対して発砲ウレタンを吹いてしまうと、万一白蟻が出た場合には、木材に断熱材が張り付いてしまっているので、断熱材を簡単に外すことが出来ませんから、白蟻駆除をしても木部まで確認するのは大変になります。

 

新築時の壁や床や天井の断熱材も、更新性・転用性という同じ理由で、出来れば発砲系断熱材は使わないほうが良いと考えます。

 

今までお話ししてきた「床断熱リフォーム」は、最初に行うべき断熱リフォームではないですが、防蟻業者が床断熱リフォームを行うことによって施工事例が増えそうなので、消費者も依頼しやすくなると思います。

 

次は断熱リフォームを行いやすい順番を見てみましょう。断熱リフォームをして、冬暖かくなると快適性が上がるうえに、病気にもなりにくくなります。

 

床が傷んでいる場合は、床を撤去して断熱リフォームを行います。その場合はこちらを参考にしてください。

「床断熱フック」を使って分厚い155㎜の床断熱施工ができると、床表面温度が上がり快適性が向上!床断熱リフォームにもピッタリ

 

断熱リフォームを行う順番、最初は内窓設置

 

1.冬寒く夏暑い家を断熱リフォームする場合、最初に行うべきなのは、既存窓の内側に樹脂内窓を取り付けること。

 

断熱リフォームでは、内窓設置が一番費用対効果が高いので、最初に行うべき。

 

冬の暖房時に、家の中から出ていく熱の50%以上が窓からというデータがあります。

 

ですから既存の窓の室内側に、樹脂窓を設けて窓の断熱性を強化するのは合理的ですし、建物を壊さず簡単に取り付けられるリフォームであることも合理的です。

 

当社では内窓設置リフォームも多数行っています。興味のある方は見積もり致しますので、ご連絡ください。

 

 

 

2.次に行うべきなのが天井断熱リフォーム

 

天井が平らであれば、人間が天井裏に入って行けますから、分厚い断熱材を割と簡単に施工することが可能なので、比較的低価格で行うことができます。

 

特に夏、2階の部屋が暑い場合は、天井断熱リフォームは効果的です。

 

3.3番目が今日のブログの床断熱リフォーム

 

床下に潜り込んで、床を剥がすことなく、床下から断熱材を床下地木材にはめていきます。床下に潜った時に、壁の一番下に断熱材を入れる「気流止め工事」も行わないと、壁内に気流が入り暖かい空気は上に上がるので、断熱材が効かなくなってしまいます。

 

以上3つは、内装材を撤去しないで出来る、比較的ハードルの低い断熱リフォームです。

 

残るは、壁の断熱リフォームです。

 

壁の断熱リフォームは、内装材を撤去して断熱材を入れ直すか、既存の壁を壊さず行う場合は、下地材を室内側に付加して断熱材を入れる必要があるため、室内が狭くなり一番ハードルが高いです。

 

壁は面積が大きく、断熱リフォームを行えば効果的ですが、工程も多く面積も大きいという理由で、一番お金が掛かるので最後の4番目としました。

 

こちらもご覧ください。

断熱リフォームをする部屋の優先順位

 

この本、読み始めました。非常に説明がうまく分かりやすい。この本を読んで、私も説明がうまくなるように勉強します。

 

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*