新築注文住宅

Q1.0住宅 宇都宮小幡の家 

1階で生活が完結できる間取りの家であり、かつ家族が帰省した場合も2階リビングが寝床となる延床面積31.15坪の小ぶりな住宅

お子さん達の家族が帰省した時に宿泊できるように、2階にミニキッチンと寝床にもなるリビングを設けた延床面積31.15坪の小ぶりな家。

高断熱住宅は、室内のどこも寒くないので、極端な話、廊下や納戸でも眠れるため、部屋の用途を兼用しやすく、小さな家でも広く暮らせる住まいになります。

LDKにソファベットを置いておけば、そこで眠れますから、普段は使わない客間のような、無駄なスペースを造ることが避けられます。

小さな家の場合は、客間を設けることは出来ないので、室内のどこも寒くないし暑くもないという超高断熱住宅の特徴が、開放的なLDKを、特別な冷暖房を必要とせずに、一時的に寝床にもできるということに繋がります。

1階で生活が完結できる間取りになっています。1階に各個室とダイニングキッチンとお風呂があり、2階に行かなくても1階のみで暮らせる住まいです。

詳しくは、こちらのブログをご覧ください。

Q1.0住宅 宇都宮小幡の家 「1階で生活が完結できる間取りの家であり、かつ家族が帰省した場合も2階リビングが寝床となる住宅」

概要

Q1.0住宅 宇都宮小幡の家 

1階で生活が完結できる間取りの家であり、かつ家族が帰省した場合も2階リビングが寝床となる延床面積31.15坪の小ぶりな住宅

この記事をシェアする