2009-05-14
建材・住宅設備・便利グッズ

ローコストビルダーの末路

3月にローコストビルダー 、アーバンエステートの倒産
10年のスパンで見ると、ローコストビルダーは全滅している。
全滅というのは倒産ということね。
10年前に私が東京から戻ってきたころは、水戸のテール(ランドピアホーム)
というローコストビルダーが勢いがあったが、まもなく倒産。
こんどはどこが逝くのでしようか?
タマ、アキュラ、アイフルのローコスト御三家は安泰なのか?
御三家も、実際は坪30万円代で家が建つわけでない。
人が住めるようになるには坪50万円程度は掛かるといわれている。
家の値段は安い材料で手間が掛からない工事をすれば安くなります。
ローコスト住宅はそういう考え方です。
ローコスト住宅をお考えの皆さん、分かってます?
また、市場価格より安いものは必ず理由がある。
それは姉歯マンションをみても明らかなのです。
うちはローコストの客層は関係ないので、どうお考えなのかわかりません。
さあ、皆で歌おう!
アーバン♪アーバン♪アーバンエステート。
24万8千円。60年保証を謳っていたのに倒産しちゃったよーーー。
24万8千円は本体価格というやつ。
そこにはキッチンやお風呂などは含まれていなかったりする。
本体価格の定義は定められていない。
住宅会社は自分の都合のいいように書いている。

有名工務店がある雑誌に載っていて、平均坪単価は55万円となっていた。
どうみても、造っている家。
住める状態での平均坪単価は80万円以上と見た。
だから、55万円というのは本体価格の坪単価なのだろう。
本体平均坪単価とは書いてない。
あーややこしや。
雑誌も悪くて、きちんと坪単価の定義をしていない。
栃木県のフラット35(旧公庫融資)を使った住宅の平均延床面積は42坪。
平均坪単価は税込み68万円。(設計料込み)
これは住める値段だ。
その資料。

これは貴重な資料で毎年公開されている。
今、一番、世間の家の総額が分かる資料だ。
普通に造ったら、それくらいはするよ。

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

この記事をシェアする
コメント
くま塾長

こんばんは 60年保証どころか、6年足らずで会社が亡くなってしまいましたね。 何でもそうですが、適正価格ってあるんですよね。 私の業界も、値下げの波が少しずつ広がっています。社員を遊ばせるよりはよいのでしょうが、これでちゃんと教育できるんでしょうか? そもそも塾の場合、安いとそれなりの人が来てしまうのですけど・・・ 安売りに老舗なし この言葉がつくづく重いです。 失礼しました

2009年05月14日
junpapakazu

はじめてコメントさせていただく?のかもしれませんが、 本日セッティングした会議のなかで、まさに同じ話が出ました。 誰が最初に口火を切ったかは伏せさせていただきますが、 やはり、業界内での考え方は本日の記事と同じですね。 その会議のメンバーは、私の記事で公開しています。 新建ハウジングや住宅110番などで著名な方々です。

2009年05月14日
カントリーライフ@Oregon

アイフルといえば、金融関係の高金利の会社を連想しますが、関連会社なんですか。 ローコストは、多分刹那的に経営しているのでしょうね。将来を短く太くうまくいけばラッキーできなければ会社潰せばいっか!くらいな神経じゃないと社会に迷惑をかけるのをわかりながら、厚かましいことはできないですね。 あなたの夢の実現の為にマイホームをローコストで!なんてすばらしい救世主的会社なんでしょう?なんてすっごい社長さんと社会から尊敬されるという図によっている社長さん私は尊敬できないです。 お客様は神様です! というフレーズを勘違いしている人、神髄を理解していない人が増えたということじゃないかな?三波春夫さんのフレーズは誤解を生むので個人的に好きではないです。 欲が激しい人は、人のものまで取り上げて自分のものにしたいし、欲に暴走すると 末路は 花咲か爺さんのいじわるな爺さん。 何くれる?何の利益がある?といつも自分側ばかり言っていると、当たり前のローコストの限界が耳に入らない。自分に都合の良い情報しか耳に入らない! な~んて少し感情抑揚気味です。 ヨシダさんは、旧ローコストのお客さんのトラブルシューティング役でお手伝いできるかもしれないですね。

2009年05月15日
ヨシダクラフト

くま塾長さん おはようございます。 教育を安売りしちゃだめですよね。 安いとそれなりの人しか来ないというのは、住宅業界も同じです。 「安売りに老舗なし」は会社継続と売価の本質を 分かりやすくあらわしてますよね。 >こんばんは > >60年保証どころか、6年足らずで会社が亡くなってしまいましたね。 > >何でもそうですが、適正価格ってあるんですよね。 >私の業界も、値下げの波が少しずつ広がっています。社員を遊ばせるよりはよいのでしょうが、これでちゃんと教育できるんでしょうか? > >そもそも塾の場合、安いとそれなりの人が来てしまうのですけど・・・ > > > >安売りに老舗なし >この言葉がつくづく重いです。 > >失礼しました

2009年05月15日
ヨシダクラフト

junpapakazuさん ショックだったのはむしろ、ローコストビルダーの話 ではなくて、有名工務店の坪単価表示のことです。 その雑誌は全国の有名工務店が載っていました。 当然、実力者ばかりですから、安い建材を使った ローコストなんてやってない。 その実力者たちが、実際に住める坪単価ではなくて、 ローコストビルダーの坪単価表示である本体価格坪単価で載せていたということ。 その雑誌の中で唯一、埼玉川口の会社だけ、実際に住める坪単価表示だと思われる価格を載せていました。 これは共感しました。 エンドユーザーでも分かる人にわかればいいという戦略かもしれません。 >はじめてコメントさせていただく?のかもしれませんが、 >本日セッティングした会議のなかで、まさに同じ話が出ました。 >誰が最初に口火を切ったかは伏せさせていただきますが、 >やはり、業界内での考え方は本日の記事と同じですね。 > >その会議のメンバーは、私の記事で公開しています。 >新建ハウジングや住宅110番などで著名な方々です。

2009年05月15日
ヨシダクラフト

カントリーライフ@oregonさん アイフルホームは、アルミサッシで有名なトステム系列のローコストビルダーです。 おっしゃるとうり、ローコストビルダー継続できないのは、良くない客層をお客にしてしまうからだと思います。 どっちもどっち。 自分の体を自分で食べているようなものです。 >アイフルといえば、金融関係の高金利の会社を連想しますが、関連会社なんですか。 > >ローコストは、多分刹那的に経営しているのでしょうね。将来を短く太くうまくいけばラッキーできなければ会社潰せばいっか!くらいな神経じゃないと社会に迷惑をかけるのをわかりながら、厚かましいことはできないですね。 >あなたの夢の実現の為にマイホームをローコストで!なんてすばらしい救世主的会社なんでしょう?なんてすっごい社長さんと社会から尊敬されるという図によっている社長さん私は尊敬できないです。 > >お客様は神様です! >というフレーズを勘違いしている人、神髄を理解していない人が増えたということじゃないかな?三波春夫さんのフレーズは誤解を生むので個人的に好きではないです。 > >欲が激しい人は、人のものまで取り上げて自分のものにしたいし、欲に暴走すると >末路は 花咲か爺さんのいじわるな爺さん。 > >何くれる?何の利益がある?といつも自分側ばかり言っていると、当たり前のローコストの限界が耳に入らない。自分に都合の良い情報しか耳に入らない! > >な~んて少し感情抑揚気味です。 >ヨシダさんは、旧ローコストのお客さんのトラブルシューティング役でお手伝いできるかもしれないですね。

2009年05月15日
染○の被害者

ひたちなか(茨城)のテール事件と言えば、ホビースペース、ホビースタイル、ジョイスタイルと資金繰りが 悪くなると社名変えて継続してますね。 テールのころから仕切っているのは、染○でしょ? もちろんアフターは一切ないです。連絡が取れません。 引き渡したら最後って会社ですね。

2016年08月17日
yoshidacraft

コメントありがとうございます。 15年前のテールさん、今年のウィルホームさん、ローコスト系イケイケ営業で社員多く抱えてやっている住宅会社は人口減少時代とも合わないので、ダメなのかもしれませんね。

2016年08月18日

コメントを残す
お名前