2019-06-30
SH-house(宇都宮市)
高断熱・高気密住宅

Q1.0住宅構造見学会のお知らせ@宇都宮市

7/27(土)と7/28(日)の2日に渡って、宇都宮市内の街中近くで、Q1.0住宅の構造見学会を行います。

 

構造見学会の見どころは3つ

1.「225mmの付加断熱施工」

2.「制震ダンパー」

3.「平屋のような延床面積24.5坪の小さな家のだいたいの大きさが分かること」。

 

また「高性能住宅が欲しい施主は、内外装の仕上げ材を軽視しがち」ですが、「仕上げ材の性能と見た目も良くないと、格好の悪い家になるばかりか、一生高いメンテナンスコストを支払い続ける」ことになるので、仕上げ材の吟味も重要です。

 

構造見学会に来てくれた方には、あえて、これから施工する仕上げ材の話もしたいと思います。

 

見学希望の方は、最後の「構造見学会のお申込み」欄からご連絡ください。

 

■日付 令和元年7月27日(土),28日(日)

 

■時間 AM10:00~PM5:00

 

■場所 予約した方にお知らせします。(宇都宮市のグランドホテルの近く。駐車場あり。)

 

■お申込み 予約制

 

①10:00   ②13:00  ③1500 の3つの時間帯からお選びください。

 

※各時間帯には制震ダンパーevolt(エヴォルツ)の30分程度の説明も含みます。制震ダンパーの効果をテレビ上映します。

 

■費用  無料

 

■注意  施主の住宅をお借りして開催します。小さなお子様が居る方は、手を繋いだりしてください。

 

設計のポイント

敷地の特徴を生かし、「温熱環境の良い住宅」にすること、駐車場も含めて内外部の「生活しやすいプラン」すること、「普遍的な内外観」にすることの3つをポイントに、「老後は1階のみで全ての生活がしたい。」という施主の要望からこの外観になりました。

 

平屋のような2階建ての住宅です。

 

24.5坪と小さな家ですが、1~2階が吹抜けで繋がり、寝室にもドアが無い、家中がワンルームの開放的な間取り。

 

冬でも暖かく、家全体の温度差がほぼ無いQ1.0住宅の性能は、室内のどこでも居場所にできるので、小さな家でも室内を広く使える必然要素です。夏は外付けオーニングで日射遮蔽することで、涼しい室内を実現します。

 

今回の構造見学会ではサンプルしか見られませんが、メンテナンスコストが掛かりすぎて、廃盤になりがちで、見た目がおかしいイミテーション仕上げ材は採用せず、長く使える建材を、施主の暮らし方に合うように造作して採用します。

 

11箇所の「見どころ」と「聞きどころ」

1.分厚い付加断熱(225mm)

 

2.裸のグラスウール断熱材の施工風景(耳付グラスウールではありません)

 

3.大工による丁寧な断熱気密工事

 

4.制震ダンパー(地震の揺れを軽減して、繰り返し大地震に見舞われても、新築時の耐震性能を維持できる可能性が高くなる。制振ダンパー「 evoltz(エヴォルツ)」は、ビルシュタインの油圧ダンパーと、FUJITSUBO テクニカルブレースを使用しています。)

 

5.栃木県産材(できるだけ地元の構造材と地元のフローリング等の仕上げ材を使ったほうが自然だし、地元にお金が落ちる。理由があり鹿沼地域の杉材を指定してフローリングに製材する予定です。)

 

6.床下エアコンを設置する前の基礎断熱の状態(基礎内側断熱、外周立上りポリスチレン3種100mm+スラブ上全面ポリスチレン3種DDSボード50mm)

 

7.樹脂トリプルサッシAPW430とAPW330(2種類のサッシ断面模型あり)

 

8.木製断熱玄関ドア

 

9.1階で完結する平屋のような間取り(延べ床面積24.5坪なのに、1階にLDK・水廻り・寝室を配置)

 

10.どのような仕上げ材が長持ちして、メンテナンスコストが掛かりにくいかをお話しします。使ってはいけない仕上げ材はコレだよ。も

 

11.スタディ模型展示(模型を作って外観デザインを検討しています。SH-houseでは2つ作りました)

 

性能

QPEXで計算しています。

 

●Q値:1.19w/㎡・K

●UA値:0.36 w/㎡・K

●自然温度差:7.95℃(暖房期)、5.64℃(冷房期)

 

この表を見ると断熱仕様も分かます。

 

構造見学会のお申込み

下記項目をご回答頂き、コピーアンドペーストして、お問い合わせ からお申込みください。

 

1.お名前

 

2.参加人数: 大人〇名、子供〇名。

 

3.ご希望の日にちと時間

 

令和元年7月27日(土)と28日(日)のどちらか?

 

①10:00   ②13:00  ③1500 の3つの時間帯からお選びください。

※どうしても時間帯が合わない場合は対応致しますので、希望時間をご記入ください。

 

4.メールアドレス

 

5.携帯電話番号

 

6.ご住所

 

※当社から高速を使わず1時間前後までが設計施工範囲です。

 

7.事前にご質問があればご記入ください。

 

当社からの返信メールが迷惑メールフォルダに振り分けられる可能性があります。返信が無い場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。申し込み後3日経っても返信の無い場合は、お手数ですが吉田武志の携帯090-3232-4116までご連絡ください。

 

お問い合わせ

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

この記事をシェアする
コメント
ヤンさん

吉田社長様、その後不整脈の方は如何ですか?次の診察は、8月でしょうか? 早速ですが、さいたま市内でリフォーム工事を依頼できる業者を探しています。一戸建ての防寒対策(窓サッシなど、床暖房は費用と維持費が高くて難しい)などのリフォームを考えていて、業者を探しています。リフォーム業者探しは本当に難しいと実感しています。 どこか紹介いただける会社をご存知でしょうか?このブログで聞くことでなければ、申し訳ありません。その旨、ご指摘いただければと思います。

2019年07月01日
yoshidacraft

ヤンさんコメントありがとうございます。次の診察は、7/19です。 私も責任もってご紹介できる業者さんは分からず、すみません。

2019年07月01日
ヤンさん

吉田社長、返信ありがとうございました。そうですね!中々真っ当なリフォーム業者を探すのは難しいです。 次回の診察今週ですか、お大事になさってください。私は来月、術後半年検診になります。

2019年07月02日
yoshidacraft

次回診察は7/19なので再来週ですね。 ヤンさんもお大事に。

2019年07月02日

コメントを残す
お名前