TK-house

──住みながら優先順位を付けて行う長期計画のリフォーム

P1050479

築20年。
宇都宮市の市街地に建つ、質の高い大きな和風住宅。
お客様のTKさんは、当社ホームページやブログをご覧になり、ご連絡を頂きお付き合いが始まりました。
優先順位を付けて行った、住まいながらの「部分リフォーム」です。

ご家族全員が働いている場合。日中はお客様が不在となる為、玄関の鍵をお預かりしてリフォームすることになります。
社会人は連続した休みが取れませんから、一度に大規模なリフォームを行うことは難しい。
ご家族の要望をお聞きしながら、なるべく普段の生活に影響の無いように工程打ち合わせをし、優先順位を付けて部分リフォームを行いました。
新築時の造りの良い家だと、建物全部を一度にリフォームするという事は少ないのです。
このお宅は、当社が新築したわけではありませんが、造作建具と無垢フローリングのインテリアになっており、
20年経った今でも、新建材には無い、年月を経た味わいのある室内になっています。
今回は設備機器と表層の仕上げ材の一部を新しくするリフォームを中心に行いました。

今回のリフォームの内容は、
古くなったキッチン交換、全室LED照明への変更、畳表替え3部屋、青森ヒバ油白蟻防除、門扉部床タイルの交換、フローリングのクリーニング。
今回の第1期リフォームは2週間程で完了しました。

ご家族にお気遣い頂き、非常にスムーズにリフォームが進みました。
上記写真は、キッチンリフォームのビフォー、工事中、アフター写真です。
特に、大工がキッチン脇に造った造作カウンターは手作り感があり、気に入って頂けたようです。
シックハウスには注意をしたいということで、床下の白蟻防蟻剤も天然素材の青森ヒバ油。
ケミカル系の防蟻剤でないので、住まい手も気分が悪くなることもなく、住みながら安心して散布が出来ます。
新築の場合も使用している当社の定番です。

以前のキッチンもクリナップ社のキッチンでした。クリナップユーザーは、リピート率が高いです。
キッチン内部もステンレスで造られており、 劣化が少なく、清潔に保てるキッチンだと思います。
廃棄処分するキッチンは、20年前の物。
簡単に解体できると思い、私が解体しましたが、独自のステンレスフレームは、しっかりとしており、壊そうにも解体できませんでした。

works-tk2
BEFORE
works-tk3
工事中
works-tk4
AFTER




works-tk5
クリナップのキッチンは内部もステンレスになっており、清潔に保てて安心。頑健。
しかし、解体は無理でした。そのまま、産廃業者へ。
写真はショールームで撮ったもの。


クリナップは、表層でなく構造にこだわりのあるメーカーです。
キッチン、ユニットバス共に隠れてしまう構造や断熱等の部分にお金を掛けており、
同業他社より頑健に出来ていることを住まいのプロは知っています。
ですから、現場を知る現場監督、設計者、職人が自宅を新築したり、リフォームしたりする場合も、
わりと採用率が高いメーカーであることは、「住宅業界あるある」の1つです。
ただし、頑健なのは良いのですが、ステンレスフレームは出来ればもう少し簡単に解体できるような造りにしてもらえると、
コンパクトに解体出来てトラック搬出の回数も減り、処分等もしやすいです。

しかし・・・中途半端に頑健に造るのが一番難しいから無理でしょうね。



works-tk6
大工下地完了
works-tk7
床下防蟻工事養生
works-tk8
白蟻防蟻剤は青森ヒバ油を散布




works-tk9
キッチンやお風呂等、水廻りのリフォームは、
住まい手とのコミュニケーションが新築以上に重要になります。
事前に工程計画を綿密に立てて、工事中も住まい手と造り手が密に連絡を取うことが
リフォーム成功の必要条件だと思います。

オールアバウトの専門家として
「水まわりリフォームを賢く行う4つのポイント」という記事を書いています。
ご覧ください。こちら




リフォーム完成写真


works-tk4
キッチン完成写真
works-tk10
キッチン収納完成写真
P1050480
完成したキッチンから家事動線を見る




P1050479
キッチン完成造作カウンターを見る
works-tk11
門扉床タイル貼り替え完成





構 造 :木造2階建て
築年数 :20年
施工期間:2週間
施工箇所:キッチンリフォーム|エクステリアリフォーム|青森ヒバ油白蟻防除|畳表替え|電動窓修理|LED照明に交換|フローリングクリーニング
 

──TK-house リフォーム2期工事は外壁リフォーム



前回のキッチンリフォームからちょうど1年後。
施主のTKさんより外装リフォームのご依頼がありました。
前回のキッチンリフォーム完了時に、次は外装リフォームをやろうと相談していたのです。
今回行ったリフォーム工事内容は、外壁塗装、屋根瓦漆喰補修、銅製雨樋の一部交換、ガーデンルーム設置です。
約1ヶ月間の工事期間を経て完成となりました。


ザックリと工程とポイントを書きます。
足場を組んだ後、サッシュ廻りのシーリング(防水材)を全て撤去して打ち替え、外壁ALC目地は既存目地上からシーリング増し打ち、外壁高圧洗浄して汚れを落として、セラミックシリコン塗料を下塗り1回、上塗り2回しました。
その後ガーデンルームを設置しました。サッシ廻りの防水材を撤去したので、隙間が無いように再施工のチェックをして水が入らないようにすることは勿論。
奥様がコウモリ被害にあっていることから、シーリング完了後、コウモリが入るような小さな隙間が無いか、建物の外装を全てチェックして、不要な小さな穴を全てつぶしました。


南面外壁塗装before

南面外壁塗装after


西面外壁塗装before

西面外壁塗装after


玄関木部塗装before

玄関木部塗装after


窓廻りシーリング撤去

外壁シーリング完了


外壁高圧洗浄

外壁塗装 下塗り1回上塗り2回


ガーデンルームbefore

ガーデンルームafter





構 造 :木造2階建て
築年数 :21年
施工期間:1ヶ月
施工箇所:外壁塗装│屋根瓦漆喰補修│銅製雨樋の一部交換│ガーデンルーム設置