建築いろいろ.

天井高さ

一般的な木造新築住宅の天井高さは、2400㎜になることが多いと思います。今回、計画中の建物で、施主のご理解もあり2400㎜(2.4m)でなく、200㎜(20㎝)低い2200㎜(2.2m)で計画しています。天井を低めにできると、様々なメリットもあるのですが、施主から「天井が低い!」と文句が出ることを恐れて、ほとんどの造り手は、天井を低くしたくても出来ないのが現実なのです(これホント!)。低い天井は、直しようがありませんから、施主に文句を言われると、お手上げなので、無難な2400㎜にしているのだと思います。また、天井を低めに計画して、気を付けなくてはならないこともあることに気が付きました。お話します。

 

天井高さを2400㎜よりも低くするメリット

天井高さを低くするメリットは様々あります。天井高さを低く出来ると、階高(かいだか:床面からすぐ上の階の床面までの高さ)も低くできるので、建物全体の高さも低く出来ます。建物が、低く小さく出来ると、建物が落ち着いた控え目な雰囲気となります。また、北側斜線という建築制限が厳しい地域では、屋根が斜線制限で削られることもあります。建物が低くなっていれば、屋根が斜線で削られるという不格好なこともありません。天井が低くなり、室内の扉枠の高さと天井高さが同じになると、通常は扉枠の上にある「下がり壁」が無くなるので、視線が遠くまで抜けて、部屋が広く感じます。天井が低くなると容積も小さくなるので、冷暖房費用も少なくて済みます。階段の段数が減るので、2階までが近く室内の一体感が得られやすい。また、当社では30坪以下の小さな家が多いので、建物の高さを低めにして、ちょうど良いバランスの外観になると考えています。

 

なぜ一般的な天井高さは2400㎜なのか?

室内の壁下地に貼る石膏ボードの寸法は、3 × 6 版(サンロクバン)と呼ばれるものが、910 × 1,820mm。3 × 8 版は910 × 2,420mm。3 × 9 版は910 × 2,730mmです。一番多く使われている3 × 6 版を縦に貼ると、残りが約600㎜になりますから、残りを切り回して無駄なく石膏ボードが貼れます。多分、ここから天井高さ2400㎜が来ているのだと思います。天井高さ2400㎜の部屋では、3 × 8 版なら、ボードを切断しなくてもそのまま貼れます。また、キッチン等の住宅設備機器も天井高さ2400に合せて作られていることが多いのも天井高さが2400㎜になっている原因です。

 

天井が低いと施主が文句を言うのはなぜか?
天井高さ2

天井が高いと、解放感があり良いという先入観があるのだと思います。人を自宅に招いた時に、「天井が高くていいわね」と当たり障りのないお世辞を言われるのも、悪くないのかもしれませんし、天井が低いと窮屈で損をした気分になるのかもしれません。以前、どうしても廊下の天井を高くしてくれと言われて、天井高さを2.7mにしたことがあります。しかし、喜ばれませんでした。というか、天井を高くしたことを気が付かなかったというか、意識できなかったのだと思います。理由は、廊下全体の天井を高くしたので、「高さのメリハリが無く実感が無かった」からでした。グーグル先生で、「天井高さ 低い」と検索すると、「設計士に天井高さを2300(2200)にされてしまい不満」とか、天井が低いことに対する不満がたくさん出てきます。ほとんどが、他人の家の天井高さとの対比で不満をのべていますから、本当は、低くても実際に困ることは少ないのではないかと思います。

 

天井高さは「メリハリ」が大切

逆に廊下の天井高さが低めの2200㎜で、LDKに入ると2階までの吹抜けになっていたなら「解放感が凄い!」ということになるのだと思います。計画中のたてものでは、平らな天井部分を2200㎜として、LDKと階段に吹抜けを設け、「高さのメリハリを効かせる」つもりです。2200㎜程度の低めの天井高さと吹抜けをうまく取り入れるのが、室内がうまくまとまるコツなのかもしれません。

 

天井高さを2200㎜に決めた理由

天井高さを2200㎜として理由は、テラス用サッシの一番高いものが2200㎜であること。室内扉を造作建具にした場合の、「建具が反りにくい」最高寸法が2200㎜くらいであること。天井高さ、サッシ高さ、扉高さを同じにすることで、扉の上やサッシの上に「下がり壁」がなくなり、スッキリとした天井が低めであり、吹抜けとの対比で実現できる広がりのある室内にしたいと考えています。

 

天井高さを2200㎜にすると、どこにデメリットが出そうか?
天井高さと収納棚の関係

天井高さと収納棚の関係

天井高さを2200㎜にする場合、2点考えておくべきことがありました。1つは、収納や納戸の棚の高さと天井高さの関係です。写真は、天井高さ2400㎜の納戸です。シナランバー1820㎜を切らずに縦に使って、床から1820㎜の位置に棚を造りました。棚上と天井までの寸法は、約600㎜空いています。(天井高さ2400㎜-1820㎜=580㎜)棚上600㎜だと、かなり大きな物も載ります。床から1600㎜の位置にパイプを通して洋服を掛けています。パイプ下には十分な寸法があのますから、引き出し式のクリアBOXを置くことも十分可能。

 

これが、天井高さ2200㎜になると、シナランバーをカットしないで使うと、2200㎜-1820㎜=380㎜となります。棚の上380㎜では、狭くて置けるものが限られる。ですから棚高さを低くして1700㎜とすると、棚上は500㎜となります。(2200㎜-1700㎜=500㎜)。なんとか棚上を500㎜にすると、載るモノも増えそうです。ただ、シナランバーをカットして、無駄になってしまうのがもったいないです。また、窓上と天井高さを合わせると、窓上が無くなるので、カーテンレールが付かない。窓枠の中で納まるロールスクリーンやブラインドになる。

 

天井高さを2200㎜にすると、キッチンにも影響が出る

もう1つ天井高さを低めの2200㎜にすると、デメリットが出てくるのが、キッチンの天井高さです。天井高さ2200㎜だと一番合うキッチンは、オーダーキッチンとなります。既製品のキッチンは天井高さ2400㎜を基準に造られているので、天井高さ2200㎜とすると、仕様が限定されます。キッチンの仕様が天井高さによって限定されてしまう理由は、レンジフードの高さに低いものが少ないことがあります。床からキッチン天板までの寸法は、身長により決まってきます。平均的な850㎜とします。キッチン天板からレンジフード下端までの寸法は、800㎜とすると、2200㎜-(850㎜+800㎜)=550㎜です。レンジフードの高さが550㎜だとキッチンメーカーの仕様で使えるレンジフードは限定されます。高身長の方だと、床からキッチン天板までを900㎜にしたくなるので、レンジフード高さはもっと低くなり500となります。オーダーキッチンで造ることが出来れば、より多くのレンジフードの選択肢がありますが、オーダーキッチンは既製品と比べて高価なので、選択肢に入れられない人が多いです。たとえ新築時にオーダーキッチンにできたとしても、30年後、キッチンリフォームの時期が来た時に、オーダーキッチンを造れる金銭的余裕が無い場合もあるかもしれません。ですから、キッチンの天井高さは、既製品のキッチンが納まる2200㎜がよい高さなのではないかと思います。

 

施主に天井高さ2200㎜を納得してもらう方法

大建築家(だいけんちくか:立派な著名な建築士のこと)でもない限り、天井高さを2400㎜以下にする場合は、説明が必要かと思います。建築関連の本や雑誌をよく読んでいる施主は、天井高さを低めにすることに違和感があまりない人もいらっしゃるかと思いますが、少数派です。一番良いのは、実際に天井高さ2200㎜+吹抜けのあるメリハリの利いた家を建てて、見込み客に体感してもらうのが良いのだと思います。2200㎜を標準仕様にすべく計画中です。

  1. 千葉弘章

    私の家も天井高さを2200mmにしました。工務店の営業マンが盛んに勧めてきたので、天井が下がれば無駄な空間が無くなり、光熱費も節約で来るかな?位でOKしましたが。
    結果、大失敗です。すべての建具、キッチン、サッシ等2400mmを基準に設計されており、選んだ建具は使えないから、これなら入るとか、エアコンを取付ける場所が無いので、エアコンも業界最小サイズのものにすべて買い換え、引き戸が入らないからカットする、キッチンの換気扇が入らないので機種変更、工事屋さんは低い天井になれていないからあちこちぶっつけて傷だらけ、建てているときから、リホーム状態でした。とんでもないコストアップdでした。2200か2400かは、規格品が2400に対応した時点で結論が出ていたんですね。2500にする必要は無いが、2200はあり得ない、エアコンの風が顔のところに来ます、あほらし。

    返信
    • yoshidacraft

      書き込みありがとうございます。建具を造ったのではなく、「選んだ」ということは、千葉弘章さんのお宅は、既製品の建具なのでしょうね。そもそも、天井高さ2200㎜のお宅に既製品の建具を使ったのが間違いです。それではうまくいかないのは当然かと。造作建具1択です。物事を決めると、必ずメリットとデメリットがあるので、工務店が設計段階でそれを説明するべきだったと思います。

      返信
    • yukichi

      >エアコンの風が顔のところに来ます、あほらし。
      エアコンの風なんて2200だろうが2400だろうか目の間に立てば顔にあたるだろうが
      家の中でずっと立って生活してるのかい?
      そもそも風向調整によっては寝ててもあたります

      >引き戸が入らないからカットする
      建築した工務店と、窓サッシや引き戸を設置する工務店は別の会社に依頼したってこと?
      2200を工務店が提案したなら、ふつうはそのままその工務店に全部やってもらうでしょ
      残念だけど業者選びを間違えた感があるね

      2200はすばらしい発想だと思いますよ
      その分、床下、天井裏、1階と2階の間を高くして騒音対策、中に入れるようにすれば収納もできて素人でも手入れしやすい
      電気代でもっとも大きな割合である冷暖房費の削減
      家具の上のデットスペースがなくしやすく埃が溜まりにくくできる
      エアコン、電灯の掃除、交換も楽

      確かにデメリットの項目のキッチンフードだけは気になります
      コンロとフードの高さが確保できないってことですよね?
      シロッコファンタイプじゃなく、通常のプロペラタイプなら既製品のフードに手を加えるのは楽そうです

      返信
  2. maki

    こんにちは!天井高について調べていて記事を拝見しました!今自宅新築設計中です。二階LDKなのですが、一部天井高2200をオススメされています。具体的にはLDK25畳のうちキッチンダイニングとトイレ、パントリーなど18畳ほどです。そして残りのリビング7畳ほどを2600にしようというものです。
    もちろんキッチン、建具類はオリジナルで2200で作ってもらいます。
    空間にメリハリを効かせてカッコよくできますよ、と言われているのですが、心配しているのは7畳ほどしかないリビングの天井高を2600にすることで変な感じにならないかな?と考えています。リビング部分に建具は無くて、バルコニーへの掃き出し窓1つと腰高窓2つです。
    2200部分には屋根裏収納を作る予定なので、その兼合いで2200部分が広くなっているのですが…
    文章だけでわかりにくいかもしれませんが、ぜひお話を聞きたいです。

    返信
    • yoshidacraft

      こんにちは!コメントありがとうございます。どういう平面になり、どういう家具が置かれて、窓と建具がどうなるのか?が分かりませんので、何とも言えません。しかし、検討できる方法はあります。室内のボリューム(形、高さ、奥行き)が知りたいのだと思います。1/100で良いので、ザックリと室内の模型をダンボウルや厚紙で作ってみるのです。オリジナルで造作建具を造るような工務店や設計事務所なら、展開図は必ず描くはずです。展開図を切り抜きしたら、素人でも、室内模型はだいたいできます。自分で出来ない場合は、造り手に感じがわからないと言えば、「ザックリ室内模型」造ってくれると思いますよ。

      返信
  3. 天井高を検索してたらたどり着きました
    我が家は全体2500の高さがありますが1階 廊下に階段が落ちてきています
    そのため廊下のその部分から奥まで天井をその階段のラインに合わせて2100
    ほどまで落とそうか悩んでいます
    吹き抜けではありませんが リビングに入ると2500ほどではあまり開放感はないでしょうか?説明が下手ですいません。

    返信
    • yoshidacraft

      コメントありがとうございます。
      階段下に2100の天井高さの場所があり、それに続くリビングは2500なので40センチの差があり、リビングに開放感はあるのか?
      というご質問でしょうか?

      一度、2100の天井高の畳のリビングを造ったことがあります。それに続くダイニングは2500だったのですが、
      ダイニングが解放的だというよりは、畳のリビングが天井が低く落ち着く空間になりました。
      参考になれば幸いです。
      A-house
      http://yoshidacraft.net/works/a-house/

      返信
  4. 珠々

    このたび新築した我が家の天井が低くて悩んでいたところこのページにたどり着きました。我が家の天井は2.4mあるのですが、無垢材にこだわった家にしたので表しの大きな梁が何箇所かあり、その梁の下端までが2mほどしかなくて悩んでいました。妻はまったく窮屈ではないというのですが、私の身長が180cmを超えるので、梁の下を通るたび私はすごく後悔しています。天井が低いと光熱費の節約になるんでしょうが、我が家のLDkには吹き抜けがあり、メリットがあまり感じられません。せっかく建てた新築なので好きになりたいのですが、建築のプロの方の意見として、自分で出来る意識改革やDIYなど何かいい案はございませんでしょうか??

    返信
    • yoshidacraft

      珠々さん、コメントありがとうございます。

      難しいところですね。
      奥様とあなたの感じ方が違うように、他の第三者が、その空間を体験したら、低い梁と吹き抜けの対比が心地よく感じる方もいるかもしれないからです。
      でも確かに、2Mだと低く感じるかもしれません。2Mと2.1Mでも感覚は大きく違います。

      私は、そのLDKに入ったことがないので、実際の感覚が分からないので、一番よく分かっている造り手側に正直に相談したら良いのではないでしょうか?
      クレームのように言うのでなく、相談する感じで。

      返信
  5. 横山

    2200mmの天高。良いですね。186cmだったゴルビジェも採用したのは2260mm。東京都庁の天高も2260mm。意外に日本人には2200mmというのは良い方向ではないでしょうか。
     実は今、二世帯住宅を作ろうと思い検討中です。20坪ほどの土地に、増沢洵の「最小限住居」を二つ重ねた家を考えています。通常の天高だと階段の納まりが悪いのが、思い切って天高を低くすれば一気に解決しそうです。ありがたいアイデアを頂きました。

     開放感は吹抜けがあるので問題無し。家具は自分で造作。エアコンは吹抜け部分に付けるか床置型にすればよし。照明は天井に着けるものという馬鹿な固定概念にとらわれず壁に付ければ、電球の交換だって簡単。レンジフードだってステンで作ればどうにでもなるし、掃除も簡単。様は考え方次第。

     天高を低くするという個性に違う価値観の物を持ち込むのがそもそもの間違いのような気がします。家具なんざ電動のこぎりと電動インパクトがあればどうにでもなる。自分と家族の為の最低限の家具は自分で作ればよし。なんでも、誰かに任せて、買ってくればすむ問い事自体が大きな間違いだと思います。自分の住む家は自分でコンセプトを決めなければ、どんな建築家や施工会社に任せても、まとものは建たない気がします。

    返信
    • yoshidacraft

      横山さん、コメントありがとうございます。完成したら、こっそり写真でも見せてください。

      返信
  6. ジュナ

    はじめまして。
    天井高と窓の位置を検索していてこちらにたどり着きました。3階建を建築中で、3階の北側の部屋の天井高が2300ありますが、窓上も2300です。図面上では分からなかったのですが中間立会いで実際に現場を見て窓の高さに驚きました。カーテンレールが壁にはつけられないので天井につけると説明されたのですが、どうも天井にレールをつけるのが気になります。(見た目的にです)また他の部屋はカーテンなのにこの部屋だけシェードやロールスクリーンにするのもどうかなと思っています。1階や2階はどの窓も天井から20センチか30センチ壁があるのに、どうしてこの部屋だけ天井と窓上の高さが同じか疑問です。
    建物は元々基本の図面があって少し変更した程度ですが、窓の高さなどよく見ていませんでした。
    天井高と窓上が同じ高さというのはよくある事なのでしょうか?

    返信
    • yoshidacraft

      こんにちは。質問を読みました。

      年末に引き渡した、美容室併用住宅の3階寝室は、道路斜線の影響で建物高さが決まり、その結果3階寝室の天井高さが2300㎜となりました。

      3階寝室は、南、北、東の3面が外壁に面しており、3面に窓が付いているのですが、東面の3つの窓のみ、質問者さんの住宅と同じように、窓の上端の高さと天井高さを揃えることになりました。

      理由は、建物の外壁側をデザインにより凹凸を付けてふかしたからです。南、北は、カーテンレールを付ける為、下がり壁を付けたので、天井と高さは揃えていません。

      施工例TROOPの中の写真。「主寝室の南面を見る」とコメントされた写真を見てください。小さい窓が3つ並んでいますが、窓の上端の高さと天井高さがそろっています。

      まずは、設計者に天井高と窓上が同じにした意味を聞くのが良いでしょう。絶対に意味はあるはずです

      天井高さと窓の高さを同じにする理由ですが、多いのは、天井高と窓上が同じだと、窓上に下がり壁がなくてスッキリします。ですから窓の外側と室内が一体に感じることによって、室内に広がりを感じる効果を期待していることが多いです。狭い住宅で行うと効果があると思います。

      同じように室内のドア高さと天井高さを一緒にして、ドア上の下がり壁を無くして、スッキリさせることもあります。この効果は、下がり壁が無いことにより、部屋同士がつながって感じる効果です。これもまた、狭い住宅で行うと効果があると思います。

      もともと、3階建て住宅は、街中の狭小敷地に建てられることが多いので狭い住宅が多く、上記の2つの手法は効果的かもしれません。

      また、天井高と窓上が同じという設定は、既製品の窓枠でも出来ますが、室内のドア高さと天井高さを一緒にするのは、既製品のドアでは出来ないので、造作ドアを造ることになります。

      室内のドア高さを揃える手法は、造作ドアを造ることになりますから、普通の工務店やハウスメーカーが行うことは、ほぼ無く、これを行う造り手は、こだわりの設計事務所か工務店になります。

      他の部屋はカーテンなのに、1部屋だけシェードやロールスクリーンにしても、生地を同じようなものにすれば、おかしくないです。上記の施工例TROOPでは、3つの窓に、オープンレールという、小さな窓に付ける開くタイプのレールを付けてカーテンにしました。他の3面は普通のカーテンです。

      とにかく、設計者、造り手とよく話合うことをおススメします。

      よい質問なので、ブログに掲載するかもしれません。

      返信
  7. ジュナ

    お返事いただきありがとうございます。
    立会い以降窓の事が気になっていて、色々調べていました。狭い住宅での効果と聞いてなるほどと思いました。我が家も四方囲まれていて狭いので。
    しかし主人もこの部屋を見たとき窓の位置が高いと言っていました。図面上では分からなかったのですが実際に現場を見てみると違和感があったのです。
    ちなみに6畳弱の部屋で窓は160×90センチです。(北側のお宅は2階建)
    住んでいるうちに慣れるのかもしれませんが。
    ですが、少しでも気になるなら監督に聞いてみればと言われ連絡しました。費用はかかるが窓の位置を下げる事は可能だと言われました。が、調べてみると建築確認申請後の変更はものすごく面倒なことになりそうで。。
    現在ウレタン作業まで終わっていますが、せっかく大工さんがここまでつくってくれたのにそれを変更するのも申し訳ないし、建物自体に影響はないかと更に色々と考えてしまいます。
    設計士になぜ3階の北窓を天井と同じ高さにしたのか確認して納得できる理由があればいいのですが。
    今は返事待ちです。

    返信
    • yoshidacraft

      返信ありがとうございます。
      本当は、建築現場の窓の高い部屋に、施主であるジュナさんご家族、設計者、施工者の3者が集まり、忌憚なく話をするのが良いと思います。
      そして、3者は良い家を造りたいという気持ちは同じなので、相手を批判するのでなく、建設的な話をします。
      それで、お互い納得のできる結果になるのが一番良いと思います。

      なぜ、現場で話すかというと、「その場」でないと、窓からの外の見え方とお互いの気持ちが分からないからです。
      御施主さん自身が、「現場でお話したい」と造り手側に言ったほうが良いかもしれないですね。

      建築中の建物が4方向を囲まれているなら、部屋の窓からは、隣家の壁が見えるより、空が見えたほうが良い気がします。
      設計者も、そう考えて窓を高くしたのかもしれません。
      そして、窓を高くしたことを施主であるジュナさんご家族に言い忘れたか、説明はしたがジュナさんご家族が理解できるようには説明しなかったか、
      図面に描いてあるから理解していると思い、言わなかったのかもしれません。

      この天井高さと窓の関係を書いたこのブログ。facebook等の一部では、建築の専門家を中心に注目されています。
      天井高さと窓の関係は、近隣も絡みますから、それだけ難しく注目を集めるテーマなのです。
      その後の展開のご報告もお願いします。

      返信
  8. ジュナ

    ご丁寧にありがとうございます。立会い直後は天井にレールをつけるということがショックで、これはおかしい!と思っていましたが、時間がたつにつれ落ち着いてきたというか冷静に考えられるようになりました。
    話しを聞いていただきありがとうございました。
    またどうなったか報告いたします。

    返信
    • yoshidacraft

      施工途中に現場でミーティングするのは大切です。
      図面が完成するまでに打ち合わせは重ねますが、
      実際、図面が完成するまでに、打ち合わせが漏れていて出来ていないことがあるし、
      お互いが確認して、現場をすすめることが大切だと思うからです。
      私は、最低週1回以上は施主と現場で会うようにしています。

      返信
  9. ジュナ

    こんばんは。
    窓の高さの件、設計士より連絡がきました。窓の高さを天井と同じにした理由は居室として使用するためでした。窓を下げるとサービスルームになるそうです。私としてもサービスルームになるよりは居室のほうが良かったので結果変更しないことにしました。
    理由が分かりスッキリしました。話を聞いていただいてありがとうございました。

    返信
    • yoshidacraft

      ご連絡ありがとうございます。
      居室として申請するので採光の関係で窓の位置を上げたということですね。
      納得できて良かったです。

      返信
  10. 渡邊

    吉田さんこんにちは。Facebookでお世話になっております。
    私の新築の家は1Fの天井高は2400が基準で、梁見せの部分(ダイニング)は2650です。リビングには吹き抜けがあり、リビングから続く和室の天井は2200になっています。和室とリビングを仕切る建具は2200高の造作建具で、解放するとリビングとの一体感がとても有ります。
    2Fは勾配天井で、南北の窓枠上端と天井高が一致してます(2120)。勾配天井なので建物全体の高さが抑えられ、大きく出した軒と合わせて、低くワイドな外観になりました。
    設計時はあまり意識して無かったのですが、完成して住んでみるととても良かったと感じます。
    天井高2200の標準化、是非頑張ってください。造作建具と造作キッチンを使っている工務店しか出来ない試みだと思います。

    返信
    • yoshidacraft

      書き込みありがとうございます。
      >天井高2200の標準化、是非頑張ってください。造作建具と造作キッチンを使っている工務店しか出来ない試みだと思います。
      頑張ります!

      返信
  11. なお

    はじめまして。
    現在、2世帯住宅に建て替え検討中ですが、北側斜線が5m 1:0.6の高度地区です。
    敷地28坪、建蔽率60、容積率150で、地下+3階建てを予定しております。
    3階をなるべく有効に使う為、天井高で悩んでおりました。
    1階、2階が2300高ならどうにか3階部分が半分は使える計算なのですが、2300では低すぎるのかどうか悩んでおりました。
    しかし、こちらのページを見て思い切って2200高でもいいかなと思いました。
    2300と2200とでは実際の感覚はどのくらい違うのでしょうか?
    ご意見頂けれたら幸いです。

    返信
    • yoshidacraft

      書き込みありがとうございます。

      部屋の寸法、プロポーションや建具のサイズ等でも違うので、なんとも言えないです。
      思い切って、自己責任で挑戦したらどうですか?

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*