O-house

──22坪の小さな家。家族4人が暮らす最小限住宅

osaki_001

栃木県宇都宮市の市街地に建つ延床面積22.5坪の小さな家。夫婦と子供2人が個室を持ち暮らせる最小限住宅かもしれません。

SG-house見学会にご来場頂き、話をする中で「贅沢は望まないが、いつも笑い声が聞こえる家にしたい」という思いに共感して計画がスタートしました。会話をする中で考えていたのは、「簡素で機能的な等身大の家」。ご家族と趣味の話等をする中から、ご家族に似合う住宅を造りたいと考えました。

旦那様は、古いバイクを所有し修理しながら乗っていることから、家を構成する部材も、廃盤になって修理の効かなくなるメーカー建材でなく、簡素でも修理の効く、造作建具や長期使用できる自然素材で造りたいと考えました。内部の天井は簡素な素材の代表格、ラワンべニアで統一。綺麗に突き付けられた目地と質感が落ち着きある雰囲気となり、空間の質を高めています。

敷地は、JR宇都宮線と並行に走る道路に面した53坪。真四角ではない台形の敷地。平面は、予算と将来の増築計画から絞り込み決定しました。趣味のバイクスペース増築を考え、建物を北西に寄せて配置しています。

1階を個室として、2階にリビングを設けたのは、道路を隔てた隣が線路だからという理由もありました。1階リビングとすると、閑散とした線路しか見えません。線路の奥には、高い緑の樹木が見えることから、2階リビングにすると、緑が目に入る配置となると予測し、その通りになりました。2階リビングは勾配天井として、広がりのある空間としています。

外観は切妻屋根の家型。「手のひら」に載りそうなシンプルなカタチ。外装の生地のガルバリウム鋼板外壁と屋根は、太陽光の増減により白、シルバー、グレーと色を変えます。ガルバリウム鋼板とすることにより、耐久性と簡素さが両立する外観となりました。室内の木部は全て施主塗装。ご家族が丁寧に仕上げました。外壁材 ガルバリウム鋼板小波板施工例

施工中の様子はこちら
ヨシダクラフトの考える小さな家で大きく暮らすはこちら

osaki_001

外観は切妻屋根の家型。梅の木を残した。「手のひら」に載りそうなシンプルな外観。
osaki_002

雨が降っても洗濯物が濡れないように軒を出している。




osaki_003

玄関ドアの庇も大き目。雨の日に大人2人が立っても濡れない庇。郵便物も濡らさない。
osaki_004

リビングの勾配天井。素朴な質感の天井。




osaki_005

2階リビングにすると勾配天井にできるので、小さな家でも広がりを感じる。
osaki_006

施主はエアコンが嫌いなため、通風を重視して窓を設けた。成功!




osaki_008

古い足踏みミシンが似合う室内。
osaki_009

キッチン前の出窓は配膳スペース。出窓部は、汚れにくい材料で造ってある。




osaki_010

階段を見る。とても素朴な造り。
osaki_011

個室を見る。奥の引き戸を開けるとウォークインクロゼット。




osaki_012

トイレ。おしっこが飛んでも拭きやすいように板貼り。
osaki_013

玄関方向を見る。採光確保のため、ガラス面の大きなドアとした。
小さな家の玄関ホールは収納が優先されるので採光が取りにくい。
osaki_014

子供室を見る。中央で仕切れるようになっている。施主塗装のラワンべニアの木目がいい。




works-o3-big
模型。敷地と建物の配置が分かる。
works-o4-big
外観CG





O-house 概要

所在地: 栃木県宇都宮市
用途・構造: 専用住宅 木造軸組構法2階建て
設計施工: (有)ヨシダクラフト 設計協力: (有)枝川設計
敷地面積: 176㎡(53坪)
1階床面積: 39.74㎡(12坪) 2 階床面積: 34.78㎡(10.5坪)
延床面積: 74.52㎡(22.5坪)
屋根: ガルバリウム鋼板横葺きAT式
外壁: ガルバリウム鋼板小波板 
室内壁天井: 珪藻土クロス
室内床: 杉無垢フローリング
玄関ドア: 断熱ドア
サッシ:アルミサッシLOW-Eペアガラス
断熱気密:壁 防湿フィルム付高性能グラスウール断熱材ア)100 16K
天井: 高性能グラスウール断熱材ア)200 16K+気密シート