MK-house

──松本民芸家具に合わせたインテリア

012_1

MKさんとは、弊社発行のミニコミ紙をポスティングしたことがきっかけで、リフォームさせて頂いてからのお付き合い。
既存住宅とは別に、離れた土地に新築することになりました。

北側に林のあるとても静かな敷地です。
ジュラストーンで仕上げたエントランスから玄関に入ると、すぐに広々としたLDK。
リビングを中心に吹き抜けを設けて、どこにいても人の気配が分かるプラン。
吹き抜けのハイサイド窓から入ってくる光を白い珪藻土の壁で廻し、明るい室内を実現しています。

「新築したら置きたい。」と集めていた松本民芸家具は、質の高い職人の手作り家具。
珪藻土、アイアンの手摺、ホワイトアッシュのカウンターなど、家も職人の手作り感が伝わる仕上げとして、インテリアの色調は、家具に合わせて白と茶色。
松本民芸家具の椅子やテーブルが置かれるとなると、家も新建材では造れません。

キッチンも既製品では要望と合うものが無く、スプルス集成材で作ったセミオーダーキッチンになりました。
セミオーダーですが、かなり自由な構成になっています。
リビング側には家具として使える大容量の収納があり、テレビを載せる為に天板をLの字に曲げています。
リビング側から、美しい江戸切子を「色だけぼんやりと見えるように飾りたい。」ということで、ガラスはチェッカーガラス。
幅3.6m×奥行き1.2mの大きな家具一体型のキッチンですが、建築化しているのでそんなに大きく見えません。

断熱材はウレタンパネル。高断熱高気密住宅 FPの家で省エネと快適性を両立させている。
断熱性能を表す数値、熱損失係数Q値1.6W/㎡k。気密性能を表す数値、相当隙間面積C値0.2c㎡/㎡。




005_1
玄関ホール。右手のドアを開けると納戸。
006_1
玄関ホールの吹抜けを見る。




012_1
LDK。上部は吹抜け。ハイサイド窓からの光を白い珪藻土で廻している。
013_1
正面はキッチン。リビング側からは収納として使える。大きなキッチンだが建築化しているので違和感はない。




014_1
キッチン。塗装の色は家具と合わせている。
015_1
吹抜けを見る。




016_1
階段。壁の一部をアールとして、小物が置けるようにしている。
018_1
和室。床の間壁はエコカラット。




019_1
吹抜けよりリビングを見る。手摺りはアイアン。家具の意匠に合うものを造った。
022_1
2階ホールより吹抜け方向を見る。



MK-house外観
外観
新しいイメージ1
CG。




004_1
外部から玄関を見る。
008_1
玄関脇の納戸。外部で使うものを収納できる。
009_1
玄関ホールから納戸を見る。
011_1
トイレの手洗い。




017_1
階段のピクチャーウィンドウ。外の緑が見える。
020_1
2階廊下を見る。
021_1
2階ホールの本棚を見る。





MK-house 概要
所在地: 栃木県芳賀町
用途・構造: 専用住宅 木造軸組構法2階建て
設計施工: (有)ヨシダクラフト 吉田武志
設計協力: 大崎建築設計事務所
敷地面積: 220坪  (730.16㎡)
延床面積: 54.5坪(180.55㎡)
屋根: スペイン陶器瓦
外壁: ジョリパッド
室内壁天井: 珪藻土・一部ビニールクロス
室内床: ケンパスフローリング
その他: セミオーダーキッチン・NORDドア・蓄暖式暖房機