MI-house

──終の棲家も考慮した28坪平屋の家

miyazawa_001

宇都宮市の区画整理地域内に建つ28坪平屋の家。40代のご夫婦と子供1人の住まいです。
2階建の家を計画していましたが、将来の老化や人数変化、終の棲家としての機能も考慮した結果、平屋の家になりました。区画整理地域の敷地特徴は、道路と敷地がきちんと整理されること。便利で安全になる代わりに、以前よりも人や車の交通量が増えて、プライバシーが開放されがちになります。
そのため、道路面の開口部は最小限として、道路から遠いスペースにリビングを取り、プライバシーの確保をしています。逆に、室内は「開放」「広がり」「部屋同士の繋がり」「部屋の用途を限定しないあいまいさ」を意識したプランとなっています。リビングの一部をラワンべニアの勾配天井として、キッチン水廻りと繋げて、素朴な室内としています。また、リビングがお子さんの勉強スペースを兼ねています。以前の住まいの時に、リビングに堀こたつを造るリフォームをしました。 堀こたつが集中して勉強出来るスペースになったので、今回は、廻りの床より一段高くなった堀こたつと2人掛けの机も造り、家族の雰囲気を感じながら、勉強できるスペースを複数造りました。

片付く室内を実現する為、共用の納戸も住まいの中央に配し、いたるところに収納や棚を造って「片付く室内」を実現しています。また、室内犬と共生する為にペット用の収納とトイレも建築化して、スッキリと暮らせるようにしました。

外観はガルバリウム鋼板の小波板を横貼り。屋根もガルバの横葺き。外装の水平ラインが、伸びやかな平屋の印象を強調することを期待しています。

miyazawa_001
赤いポストと玄関ドアが印象的。外壁、屋根、板塀で水平ラインを強調。
miyazawa_002
庭から玄関ドアを見る。建物中央に玄関を配置することで、廊下面積を少なくしている。庭は小さなドッグラン。塀と外構は施主工事。

miyazawa_003
玄関ドアは、定番のスウェーデン製断熱玄関ドアをペイント
miyazawa_004
玄関ホールにはロードバイク。反対側はクローゼットと下駄箱が造作されている。

miyazawa_006
LDK。ゆったりとしたソファーで寛ぐ。リビング→ウッドデッキ→庭と繋がる
miyazawa_007
リビングからキッチン方向を見る。畳下も収納。

miyazawa_008
造り付け本棚とテーブルを見る。本棚下には間接照明が仕込んである。分解移動できる机。
miyazawa_009
リビングはラワンべニアの勾配天井。縁なし畳の掘りごたつ部分は、40cm高くなっており、床下収納となっている。

miyazawa_011
キッチンからリビングを見る。畳部分の壁は杉板貼り+吉村障子で和の雰囲気。
miyazawa_012
デレビボード、犬小屋、犬トイレ、ガラスケース、本棚、机と大工が造った造作家具により、手作り感のある室内になっている。

miyazawa_013
キッチンから廊下を見る。ほぼ全てのドアを引き戸として、小さな室内を無駄なく使えるようにしている。
miyazawa_014
洗面脱衣室。化粧机、洗面台、棚を造作した。鏡の裏も収納になっている。

miyazawa_016
1.5帖の室内物干しスペース。洗面脱衣室と合わせて室内に3本の物干しがある。
miyazawa_017
玄関ホール。玄関ドアを見る。
miyazawa_018
腰までの高さの引き戸は、犬対策。閉めると入って来れない。上枠の無い変わった引き戸である。奥の網は犬のトイレで床、壁、天井共におしっこが染み込まず掃除しやすい。

works-mi1-big
外観CG。外壁はガルバリウム鋼板 ガンメタ色の横貼り。外壁材 ガルバリウム鋼板小波板横貼り施工例
works-mi2-big
模型。南東から建物を見る。

works-mi3-big
模型。西側から建物を見る。外装と屋根の水平線が伸びやかな平屋の印象を強調することを期待
works-mi4-big
模型。東側から建物を見る。


MI-house 概要

所在地: 栃木県宇都宮市
用途・構造: 専用住宅 木造軸組構法平屋建て
設計施工: (有)ヨシダクラフト 設計協力: (有)枝川設計
敷地面積: 190.6㎡(57.5坪)
延床面積: 93.16㎡(28.12坪)
屋根: ガルバリウム鋼板横葺きAT式
外壁: ガルバリウム鋼板小波板横貼り
室内壁天井: 珪藻土クロス
室内床: 杉無垢フローリング
玄関ドア: スウェーデン木製断熱玄関ドア
サッシ:樹脂サッシLOW-Eペアガラス
断熱気密:壁 防湿フィルム付高性能グラスウール断熱材ア)100 16K
天井: 高性能グラスウール断熱材ア)200 16K+気密シート