K-house

──白と木を基本にして、アクセントの色にも配慮したインテリア

works-k3-big

Kさんの要望は、「シンプルでかわいい家。」「白と木を基本にして、アクセントの色にも配慮したインテリアにして欲しい」というものでした。玄関を入るとガラスブロックを使った白いパーテーションが迎えてくれ、開放感あふれるLDKへと続きます。

白く癖のない建具と白系の無垢フローリングを使い、高い勾配天井にしたことで、より明るく、広く感じるLDK。Kさんの希望で水廻りとウォークインクロゼット以外は全く間仕切りのない家になりました。
断熱材は、FPパネル(硬質ウレタンパネル)のFPの家で高断熱高気密住宅。快適性と省エネ性能を両立している。断熱性能を表す数値、熱損失係数Q値2W/㎡k。気密性能を表す数値、相当隙間面積C値0.2c㎡/㎡。

works-k1-big
全面道路より建物を見る。洋瓦の切妻屋根
works-k2-big
東側より建物を見る。




works-k3-big
室内はワンルーム。大きな造り付けの本棚が見える。アールの間仕切り壁
works-k4-big
エントランス見上げ。右がガラスブロックのパーテーション。右側の壁付けBOXは電話等を置くスペース




works-k5-big
寝室からLDKを見る。キッチン上はロフト。奥にガラスブロックのパーテーション。
works-k6-big
パーテーション越しに見える壁のBOXは造り付けの仏壇入れ。
works-k7-big
ガラスブロックのパーテーション。

works-k8-big
造り付けの洗面化粧台。天板はLDKカウンターと一緒の色と材料。
works-k9-big
水廻りからキッチンを見る。キッチンの廻りは回遊式動線。






K-house 概要
所在地: 栃木県宇都宮市
用途・構造: 専用住宅 木造FP2×4平屋建て
設計施工: (有)ヨシダクラフト 吉田武志
設計協力: 大崎建築設計事務所
敷地面積: 89.6坪  (295.587㎡)
延床面積: 21.6坪(71.21㎡)
屋根: 洋瓦
外壁: ジョリパット仕上げ
室内壁: Vクロス
室内天井: パイン羽目板
室内床: ゴムフローリング
その他: 既成建具
Q値:2.05W/㎡K(熱損失係数)
C値:0.2(隙間相当面積)