K-house

──白と木を基本にして、アクセントの色にも配慮したインテリア



works-k7-big

──住み心地は、いかがですか?

(Kさん)
外観、インテリア、間取りとも、とても気に入っています。夏はエアコンを殆ど使わず、窓を開けて過ごしています。電気代もとても安く済みました。日当たりがあまり良くないこともあるのですが、夏は涼しく快適、冬は南からの日差しがあまり入らないので寒く感じました。冬は、エアコンを付けていても寒く感じるので、「おかしい」と思い、吉田さんに来てもらいました。測定器で室内温度を測って見ると、天井が27度、壁と床が26度と室内温度は殆ど変わりませんでした。室温は変わらないのですが、手足が非常に寒く感じました。

(ヨシダ)
女性は冷え性の方が多いので、室内温度が均一でも手足の冷えを感じる方もいらっしゃるようです。補助暖房をして頂くのが良いと思います。お客様の中には、冬の室温は30度近くないと、寒くて眠れないという方もいらっしゃいますし、私は25度くらいがちょうどいい。人によって感じ方は千差万別です。明るさは、南側の部屋にもトップライトを付けて明るくするという案があったのですが、夏に暑くなるということで止めたのですよね。



──他にはどうですか?

(Kさん) 
収納がとても多くて使いやすいのです。お客さが来た時は、私はロフトで寝ますが、夏でもロフトの温度は下と殆ど変わりなく、快適に眠れます。天井が高いのも良かったと思います。ただ、換気システムの音が気になることがあります。

(ヨシダ)
換気システムは、寝室からなるべく離して、かつメンテナンスしやすい洗面台の上に付けました。24時間運転なので、全く換気システムの音がしないようにするのは難しいのですが、本体のある洗面所のドアを閉めて頂くと軽減できると思います。


ヨシダクラフトより

1303132388
21坪の平屋の家。水廻りと収納以外は間仕切りが無いこと、また回遊式動線の効果もあり、とても広く感じる住まいだと思います。

表札やポストなどの小物も建物に合う物をKさんと一緒に決めました。

K-HOUSEの施工例はこちら