小さなリフォーム

──小さなリフォームも建築全般の知識が必要です

6

ヨシダクラフトでは、外壁及び屋根塗装、防水工事、襖の張替え、床の修理などの修繕的リフォーム工事も多く手がけています。弊社は新築専門の住宅会社ではありません。小さなものも含めると、年間約100件のリフォーム工事も行っています。ハウスメーカーも含め、他社が手掛けた家のリフォームもしていますから、新築専門の会社よりも多くの住まいを見て、知っています。いくつかの例をBEFORE&AFTER形式でご紹介いたします。小さな工事でもお気軽にお問い合わせください。

増築、屋根塗装、外壁塗装、インテリアリフォーム

1
BEFORE
2
AFTER
ホームページを見て問い合わせ頂き、計画がスタートしました。2階の子供部屋のベランダをなくして増築し、1部屋だった子供部屋に間仕切りを設けて個室にしました。

夫婦寝室も1.25坪ほど増築し、ベランダも広くしました。各個室と廊下の収納を増やすリフォームも行いました。写真を見ると、ベランダが無くなった部分と増えた部分が分かると思います。屋根と外壁の塗装も行いました。夫婦寝室は、雰囲気を良くするように壁と天井を和紙で仕上げ、床はパイン材を使っています。




雨漏りリフォーム

5
BEFORE
6
AFTER
ハウスメーカーが建てた住宅のリフォーム工事。屋根の雨漏り修理です。屋根から樹木が見える部分が中庭になっています。各個室から樹木が見えて、とても雰囲気が良いのですが、複雑な形状の屋根だと漏水の可能性は高くなります。屋根工事業者と下見に行った時に検討を付けた箇所で間違いありませんでした。コロニアル屋根材を剥がすと、下地ベニアに雨水で穴が開いていました。新築時から雨漏りしていた可能性が高いです。雨漏りはどこから雨が入っているのか見極めるのがとても難しい場合があります。その場合は1箇所1箇所、疑われる箇所を潰していくしかありません。




雨漏りリフォーム

7
BEFORE
8
AFTER
これも雨漏り修理。人が歩けるいわゆる屋上(陸屋根と言います)の場合です。人の歩ける陸屋根は、切妻屋根や寄せ棟屋根よりも、屋根が平らで雨水が排出しずらくなりますから、人が歩けるメリットと引き換えに、漏水の可能性は一般的に高くなります。

冬の工事でした。漏水箇所が分からず、水を何度も掛けた思い出があります。隣のお宅のリフォーム工事をしていて、施主と顔見知りになり工事することになりました。
※陸屋根・・・「ろくやね」と読みます。




内装リフォーム

9
BEFORE
10
AFTER
パイン材をフンダンに使った木の温もりあるリフォーム工事です。

白壁は珪藻土。




塀のリフォーム

3
BEFORE
4
AFTER
ブロック塀の劣化した箇所を新しくしました。