住宅設備仕様は、シンプルでインテリアに馴染むものをおススメしています。浴室・便器・給湯器等の住宅設備機器は、10~20年程度で劣化して交換になるので、値段の高いものでなく、シンプルでベーシックなモノが良いと思います。構造・断熱・仕上げ材にしっかり予算を掛けて、住宅設備仕様はシンプルにが基本。

(1)キッチン

機能性とコストを考え、できるだけシンプルなキッチンを提案。基本的には掃除しやすく、安全性が高いIHヒーターをお勧めしています。食器洗い機を付ける方も多いです。(クリナップ・ウッドワン・TOTO)

オーダーメイドキッチン制作も得意としていますので、興味ある方はお問い合わせください。

(2)浴室

1坪用の最もシンプルなユニットバスを選ぶことが多いです。シャワーヘッドに節水ストッパーを付けると、お湯の無駄が少なくなっておススメです。(TOTO・クリナップ)

(3)造作洗面化粧台

白い深型の「病院用流し」を使い、造作洗面化粧台を造ることが多いです。引き出し式のシャワー水栓を付けて、朝シャンがしやすいようにしています。オリジナルで造るので、手造り感があり室内の統一感が出ます。

造作洗面化粧台

(4)給湯器

深夜電力を利用するため光熱費が安い、エコキュートを基本仕様としています。タンクに貯めたお湯は、非常災害時の生活用水としても活用可能です。

(5)便器

TOTOのシンプルな便器を基本仕様としています。

(6)照明・スイッチプレート

yamanaka_005施工例YM-house ダウンライトを4灯まとめて設置している

material-light2金属(アルミ)スイッチプレート

美しい照明及び天井を創るポイントは、「整理と集中」と「建築化」。その空間において本当に明るさが必要な場所を検討し、照明を整理する。手元の作業に必要な明るさも確保され、線と面で照明を整理すると、美しい天井が出来ます。また、照明を天井と一体化し、建築化することで、すっきりとした印象の室内になります。

照明器具は、1階はダウンライトが多く、場所によってスポットライトとペンダントを使うという感じです。食卓の上は、高さの調整できる「バランサー付きペンダント」を使うことが殆どです。本物のガラスなので質感が良い点も気にいっています。 スイッチとコンセントは毎日見て触れる物なので、インテリアの素材として、とても重要です。スイッチとコンセントカバーの基本仕様はアルミの新金プレートです。プラスチックと違い汚れや傷が付きにくく、長く使用できます。