ショールームオーダーキッチンメイン


現在の住まいはキッチン、ダイニング、リビングの境界がなくなり、1つの大きな空間にキッチンが置かれるということがほとんど。
そうなると、キッチンをリビングのインテリアに調和させることが重要になります。

既成のメーカーキッチンは、余分な装飾や機能が付いていて、シンプルな内装とは合わないものが多い。

また、毎日手にするハンドル等の金物は、安っぽくて、使っていると表面の塗装が剥がれたりしてきます。

既製品のキッチンは高い価格帯の商品でも、何故か金物は安いものを使っている。

毎日手に触れ、目にする金物は、耐久性があり質感の良いものを選びたい。

主にそのような理由で、ヨシダクラフトではオーダーキッチンが多くなっています。

ショールーム(リフォームスタジオ)のオーダーキッチンは、廻りを人が回遊できる、アイランド型。

オーダーキッチンの天板は定番のステンレス天板。オーダーキッチンの施工例もやはりショールームと同じ

定番のステンレスキッチンが多いです。ステンレス天板はハードに使えることと、

インテリアにも溶け込み易いので個人的に好みです。

キッチンの色は壁と同じ白。キッチンの色は白が一番無難です。

色も質感も、光沢のない壁と似たものにしてインテリアの調和を図っています。

お客様のライフスタイルに合わせて、様々なタイプのオーダーキッチンをお造りします。

自然素材のオーダーキッチンのページと、施工例のページにもオーダーキッチンを造った家がありますので、参考にしてください。

また、オールアバウトガイドとして「リフォームにオーダーキッチンは相性抜群?!」という記事を書きました。

ショールーム(リフォームスタジオ)はオーダーメイドキッチン事例としてご覧頂けます。



ショールームオーダーキッチンカウンター
オーダーキッチンのキッチンカウンターはステンレスへアライン。

既成キッチンより厚めのステンレスは質感もよく、手入れも簡単。

ハードに使えて、傷が付いても気にならないので、個人的には一番好きなカウンター素材。



ショールームキッチン収納カウンター
背面の収納カウンター天板は人工大理石仕上げ。

白かベージュを使うことが殆どです。

1番良く使うのは、ステンレスですが、2番目は人工大理石です。

ステンレスより値段が安くリーズナブルな素材です。

ただし、汚れが落ちにくいという欠点があります。



ショールームキッチン収納
リビング側はリビング収納として使用。

リビング側から見ると家具のように見えるように金物を無くしています。



show-kitchen-e
背面収納に納まるキャスター付きゴミ箱ワゴンは、ゴミの近くまで移動できて便利。

ゴミ箱は、シンク下に収納することも多い。



ショールームキッチンレンジフード
オーダーキッチンは、アイランドキッチンの為、レンジフードもアイランドタイプ

(ハーツ)



ショールームキッチンIHヒーター
IHヒーターはお湯がすぐに沸き、煮物など美味しく仕上げてくれます。

意匠もフラットで、すっきりして掃除も楽。



ショールームキッチン食洗乾燥機
食器洗浄乾燥機もシンプルなものを選んでいます。


ショールームキッチンコンセント
コンセント位置は重要。

アイランドタイプの場合、この位置にあると便利です。