P1030385

下駄箱と引き戸が一体になった家具

造作家具とは、建物と一体となったオーダー家具で
「造り付け家具」とも呼ばれています
造作家具の一番の利点は、スペースにぴったりの寸法で造れて、インテリアに統一感を出せること。これはオーダーキッチンと同じです。

ヨシダクラフトでは、多様なリフォームの経験から、造作家具のアイデアと、無駄な空間を生じさせない手法、またそれらを安価に実現するノウハウを蓄積しています。
使いやすい造作家具があると、部屋の使い勝手と雰囲気が変わります。

写真は下駄箱と引き戸が一体になった家具。
玄関とLDKの間仕切りを兼ねて造りました。
私が図面を作成し、大工がドア枠と下駄箱を造り、
建具業者がドアを造った造作家具です。
状況や用途に合わせて、家具業者に依頼することもありますが、
その判断は私が行っています。

ガラスは縦のラインが入ったショールームと同じもの。
ドアの上は、LDKに光を入れる為の透明ガラス入り欄間。

このような収納リフォーム・造作家具リフォームも行っています。
お気軽にお問い合わせください。



P1030387

引戸を閉めて開き戸を開けると、下駄箱になっています。

P1030386

下駄箱は傘も掛けられるようになっている。