reform-eco1


「夏涼しく、冬暖かい家に住みたい」

これは、ごく当たり前の欲求です。そのためには、室内の温度を適切に制御することが必要となります。
制御方法として、一般的にはエアコンや暖房機などが利用されています。

しかし、真夏や真冬に電気代等の請求書を見てびっくりすることもあるのではないでしょうか?

断熱性能が不十分な住宅は、「栓の開いたままの蛇口」と一緒で、エネルギーが垂れ流しになってしまいます。

住宅の構造躯体でエネルギーの消費を少なくする対策(断熱性能・気密性能の維持対策)が施されていれば、
冷暖房などで制御する必要が少なくなり、電気代などのエネルギーコストを少なくすることに繋がります。
このエネルギー消費を抑える対策の度合いが「省エネルギー性能」です。



断熱材や気密材は一度施工すれば、殆どの場合は半永久的に長持ちします。
しかし、エアコンや暖房機等の機械は、定期的に壊れます。機械の買換えはお金が掛かりますから、
建物の断熱リフォームをしっかりと行い、機械に頼る割合を少なくすることが重要です。
エコ機械設備主体のスマートハウスとは一線を画し、住宅の基本性能である断熱、気密、採光、通風などの
パッシブデザインを提案し、その上でエコ機械設備を導入することをご提案します。
住まいの基本性能である断熱、気密、採光、通風などのパッシブデザインををしっかりすることが、
長いスパンで見た場合はお金が掛からず快適性の向上に繋がります。

適切な省エネリフォーム(エコリフォーム・断熱リフォーム・断熱改修リフォーム・性能向上リフォーム・断熱内窓窓リフォーム)を実施することは、居住空間が快適になり部屋を広く使えます。また家計の負担が少なくなるばかりでなく、
地球環境にもやさしい住まい方に近づくことができます。
断熱することは、快適性と省エネルギー性を向上させる基本となります。
ヨシダクラフトでは次世代省エネルギー基準以上の断熱性、気密性を備えた住まいを造っています。
リフォームでもこの「省エネルギー性能」を最低基準にしたいと考えています。省エネリフォーム(エコリフォーム・断熱リフォーム・断熱改修リフォーム・断熱内窓リフォーム)で夏涼しく、冬暖かい家に住みましょう。

省エネリフォーム・断熱改修リフォーム 施工例はこちら

reform-eco2

窓リフォーム (断熱内窓リフォーム)

reform-eco

既存住宅の省エネ改修ガイドライン