1. 耐震性能の重要性

reform-taisin3
東日本大震災で、耐震性能の重要性と、普通に暮らしが出来ることのありがたさを認識された方も多いのではないでしょうか?
住まいの最も重要な性能の1つが地震発生時に家族の命と財産を守ること。すなわち耐震性です。

日本は、大きな震災を経験する度に、建築基準法は改正され、耐震性能は高くなってきました。そのため、現行の耐震基準を満たしていない既存住宅はたくさんあります。

豪華な住宅設備にお金を掛ける前に、耐震性を上げることに意識と予算を配ることが重要だと考えています。そうすることにより、普通の暮らしが維持できる可能性が高まります。

耐震補強リフォームは、どの家も同じように対策をすれば良いという訳ではありません。

まずは、お客様のお住まいの構造をしっかりと把握し、現在の状態と、建物が最大限保つことができる寿命を考慮しながら、耐震対策を講じてまいります。耐震補強リフォームは、壁や天井、床を解体してから行うケースが殆どなので、大規模リフォームと一緒に行うことが一般的です。



2.耐震基準の流れと耐震補強リフォームの必要性

1.昭和56年(1981年)建築基準法が改正され、新しい耐震基準が定められました。
つまり、昭和56年以降に建てられた家は、新耐震基準で設計されていて、阪神大震災でも被害は比較的少なかったと言われています。
しかし昭和56年以前に建てられた家は、現在必要な耐震性能より低い古い基準で建てられているので、耐震リフォーム工事を行なう必要があります。

2.平成12年 [2000年] にも基準法の改正があり、木造住宅の柱の接合金物の仕様などに関して、更に規定が加えられています。
つまり昭和56年以降に立てられた住宅であっても、平成12年以前に建てられた木造住宅の場合は、新耐震基準は満たしていても最新の性能は満たしていない可能性があります。まずは自分の家の築年数を確認し、それから耐震診断を受けるという流れで進みましょう。

reform-taisin1

木造住宅の耐震診断と補強方法

reform-taisin

間取り変更

reform-taisin2

構造金物