地震の転倒防止対策で、家具をL字金具で固定する場合の注意点
建材・自然素材・住宅設備, 施工方法・現場管理・雨漏り

地震による家具転倒防止対策で、食器棚などを、L字金具で壁にビス留めしたいと思っています。

 

そこで、壁にビス留めする際に、幅木分の隙間が壁と家具上部の間にあいてしまいますが、この隙間は気にせずビス留めしても良いのでしょうか。

 

または、家具転倒防止板を敷いて、家具上部を壁にもたれさせて、壁との隙間が無い状態を作ってから、ビス留めした方が良いのでしょうか?


A .家具の転倒防止金物として、L字金具で壁にビス留めする場合に重要なのは、ビスが壁下地の石膏ボード下の下地木材に効いていることです。


まず1つ目の質問「地震による家具転倒防止対策で、食器棚などを、L字金具で壁にビス留めする場合、幅木分の隙間が壁と家具上部の間にあいてしまいますが、この隙間は気にせずビス留めしても良いのでしょうか?」についてですが、幅木(巾木 はばき)は、壁から最大で1センチ程度出っ張っている木材なので、幅木をそのままにしても家具と壁は1センチ程度しか開きません。隙間は気にしないでL字金物で留めても大丈夫です。

ちなみに幅木とは、壁の一番下に付いている木材で、高さは4センチから9センチくらい。巾木の用途は、施工上では壁と床の微妙な隙間を無くす見切り材。また現在は、掃除機等が当たるので壁を傷つけないという用途で設けています。


2
つ目の質問「家具転倒防止板を敷いて、家具上部を壁にもたれさせて、壁との隙間が無い状態を作ってから、ビス留めした方が良いのでしょうか?」については、L字金具で壁に強固にビス留めされて、家具が転倒しなければ良いので、必要ないと思います。

ちなみに質問者さがおっしゃっている、家具転倒防止板とはこのようなものだと思います。https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%BC-55-03901-%E5%AE%B6%E5%85%B7%E8%BB%A2%E5%80%92%E9%98%B2%E6%AD%A2%E6%9D%BF-%E3%81%8C%E3%82%93%E3%81%B0%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99/dp/B002PK069S

それよりも家具の転倒防止金物として、L字金具で壁にビス留めする場合に重要なのは、ビスが壁下地の石膏ボード下の下地木材に効いていることです。普通、一般的な壁は石膏ボードとうスカスカの状態なので、ビスが効きません。ビスが効く壁なのか?を確認するのが大切です。

新築やリフォームする場合は、施主からの要望等でL字金具で壁にビス留めする場合、石膏ボードの下にビスが効くように下地木材を入れておいたり、既存の壁の上に横に木材を流してから、L字金具で壁にビス留めとします。


地震による家具転倒防止対策でL字金具が普及しない理由は、壁がスカスカの石膏ボード壁で下地が入っていないからです。L字金物を使えない状態の時は、家具下に転倒防止板を敷いて、天井からポール式の転倒防止器具を付けると、L字金物を使った場合とほぼ同等の転倒防止効果があるようです。こららに詳しく載っています。http://www.nhk.or.jp/sonae/column/20121019.html

また、食器棚の場合は、地震時に扉が開かないように、家具の扉に耐震ラッチをつけるのが良いと思います。

耐震ラッチhttps://www.amazon.co.jp/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%B3%E3%82%B7%E7%B2%BE%E5%B7%A5-%E8%80%90%E9%9C%87%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%81%EF%BC%88%E9%96%8B%E3%81%8D%E6%88%B8%E7%94%A8%EF%BC%89%E8%80%90%E9%9C%87%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B007HI03KK

 

洗面器のカウンター木材、パインかヒノキならどちらが良いのか?
建材・自然素材・住宅設備

自宅の洗面所をDIYしようと思っています。

 

W800・D500・H500 板厚36mmの木材でボックスを作り、壁に固定。その上にすり鉢型の洗面器を半埋め込みしようと思っています。

 

洗面所の壁はブロックにタイルを張ったものです。木材はタモ材を考えておりましたが、タモは重いと聞き、壁から落ちてしまいそうで心配なので、軽めなパイン材かヒノキ材で作ろうかと思っています。

カウンター材としては、どちらがお勧めでしょうか?
固定は友人からドリルを借り、アンカーで固定。木材にはホームセンターに売っていたカラーステインという塗料を塗り、仕上げにウレタンクリアを吹く予定です。


A.洗面台カウンターの木材は、耐久性で考えるとパインでなく檜

檜(ヒノキ)のカウンターある寿司屋とか、お聞きになったことがあると思います。檜はまな板としても使用されています。実際私も檜のまな板を使っています。

 

檜は木材の中では油分が多めで水に強く、割と固いので傷が付きにくく、古くから水の近くでつかわれている木材です。

 

水が掛かる場所で使用するには、パイン材より適していると思います。耐久性で選ぶならヒノキでしょう。

洗面ボールを載せるタイプの洗面カウンターの高さについて
建材・自然素材・住宅設備, 施工方法・現場管理・雨漏り

最近流行の洗面カウンターの上に洗面ボールを載せるタイプ(カウンターに埋め込まないタイプ)へのリフォームを検討しております。

 

洗面所には二つの洗面ボールを置き、横幅は2メートルあります。 洗面台の高さは、一般的に床から洗面ボールの上の淵までの高さのことをいうと工事ご担当者から伺いました。洗面ボール自体の高さが15センチあります。

 

一般的なくりぬきタイプ(埋め込むタイプ)の洗面台では床から85センチが丁度良いと感じます。この場合、洗面台の高さとしては、85センチから15センチ引いた、70センチにしないとならないでしょうか?洗面カウンターの高さとしては、70センチの台は低く感じてしまうのですが、ご意見お伺いしたくよろしくお願いいたします。


A.床から洗面ボールの縁までは、80センチから85センチが標準的な高さです。

床から洗面ボールの縁までは、80センチから85センチが標準的な高さです。 身長150センチから180センチ程度の方なら、一番顔が洗いやすい寸法だと思います。

 

一度だけ施主の希望で、床から洗面ボウルの縁まで90センチにしたことがありました。特に身長が高い方ではありませんでしたので、高くて使いにくいかなと思ったのですが、施主にとってはとても使い易い高さのようです。

 

カウンターの上にボールを載せるタイプだと、ボールの高さを引いた高さがカウンター高さとなります。カウンターの上にボールが載るタイプだと、カウンター高さが低めになるのは必然です。 カウンターが低いと感じ、違和感があるなら、ボールをカウンターに埋め込むしかないですね。

 

建築に限らず、物事は同じだと思いますが、全ての面で都合が良いことはありません。

 

感じ方は人によって違うので、造り手とよく相談して、決めることが大切だと思います。

 

既成品を使って高さ90センチにした写真と、カウンター高さ67センチでその上に13センチの高さのボウルを載せて、ボウルの縁まで80センチとした写真を載せます。

洗面台下に木材を設置して床から洗面台まで90㎝とした。

カウンターの上に洗面ボウルを置いたタイプ。床から洗面ボウルまで80㎝。

参考にしてください。

洗濯室は必要か?
間取り・部屋・インテリア

現在、新築するため間取りを検討中です。

 

ハウスメーカーさんのカタログに洗濯室なるものが有ることを知りました。

 

実際に洗濯室は必要なのでしょうか?

 

家族構成:夫、娘(3歳)、私 三人家族 もう一人子供が増える可能性有り。共働きで洗濯は毎日帰ってから夜に行います。休日はシーツ等の大物を洗濯します。


A.専用の洗濯室を造らず、洗面脱衣室等を洗濯室として兼用し、家を大きくしないほうが将来的にもお得
洗濯室とは、洗濯物を洗って乾かすことができる専用の部屋のことだと考えると、必ずしも洗濯室は必要ではありません。

 

洗濯室の無いお宅が殆どでしょう。

 

他の回答者もおっしゃっているように、洗面脱衣室や家事室又はユニットバスに物干を付けたりして洗濯室と他の部屋の用途を兼用することでなるべく家を大きくせず、建材の質を高めたほうが(坪単価を高くしたほうが)、長く使える良い家になる可能性が高いと思います。

 

写真は、洗濯機のある洗面脱衣室脇の家事スペース(といっても廊下です)の天井に物干しを付けて、洗濯物を干せるようにした例です。

 

建築時に予算と敷地の余裕があれば、洗濯室を造っても良いかもしれません。

 

しかし、工事費用は、面積×単価で決まることが多いので、家を大きくしてしまうと、新築時はもちろんリフォーム時の金額的負担も増えます。

 

私は、洗濯室としての専用の部屋は必要ないと思います。

設計契約の解除時の精算金額について
工期・契約

自宅新築のため半年ほど前に知人に紹介された設計士にお願いし、基本設計を行ってもらっています。当方の条件としては、「家族6人で暮らすため木造2階建てで50坪は必要」「介護老人がいるため1階はバリアフリー」「予算総額は4000万円(建物本体価格3000万円(設計料含まず))」です。

 

設計の依頼は口頭だけで行い、契約書のひな形はもらいましたが、設計士からは「設計契約はもう少し基本設計が出来上がってからで構わない」と言われたので、書面での契約は締結してはおりません。(契約に際してはあまり細かい説明は受けていませんが、おおよそ双方に契約の意志はあったと思います。)

 

設計士と基本設計のための打ち合わせを数回行い、延べ床51坪でおおよその間取りの形ができ、一安心していましたが、突然設計士から「この間取りでは必ず予算内に収まらない。予算内に収めたければ面積を削って45坪で再検討してほしい。」と言われました。まだ決まったのは間取りだけで、外観や外壁や屋根材などの仕様もほとんど決まっていないのに、いきなり当方の当初の条件の1つである面積を削るように言われ大変ショックを受けています。なぜ面積が確保できないか、理由を聞いても「これまでの自分の経験から判断した。45坪に面積を削れば、予算内に収まるし、内部の仕様も上げることができるので、あなたのために言っている。」と言われました。

 

私としては面積は重要な要素であり、最初から伝えています。「では51坪の間取りを実現するにはあといくら必要なのか」と尋ねても、「金額は詳細設計を行い、施工業者に見積もりを取らなければ分からない」と言われ、全く金額を教えてもらえません。

 

不信感が募ったため、「設計を中断しこれまでの費用を精算してほしい」と申し出たところ、140万円の請求がありました。この請求金額は妥当なものなのでしょうか?

 

ちなみに契約書上では設計料は建物本体価格の13%(390万円)。このうち手付金は設計金額の総額の15%(58万円)、基本設計完了時に20%(78万円)の支払いです。基本設計の細かい部分はまだ完成していないので、基本設計としては8割くらいの進捗状況なイメージです。打ち合わせはこちらから設計事務所に行き10回程度。間取りの平面図は5パターン、立面図は2パターン作成してもらいました。


A.小さな工事でも契約に至らなかった場合の取り決めが必要

栃木県宇都宮市でヨシダクラフトという工務店を経営しています。吉田と申します。一級建築士で、設計施工で注文住宅やリフォーム工事を請け負っています。 今回は、施主の広さへの強い希望がある為、設計者は頭ごなしに「3000万円で50坪では出来ない」と言えなかったのだと思います。

 

しかし、建築費用を予算内に納めるには、とにかく小さくするしかありませんから、設計依頼されない可能性があっても、キッパリ最初から45坪以下でないと出来ないだろうと、設計開始前に言うべきでした。 設計契約してからスタートしなかったものも、お互いにとってまずかったと思います。知人に紹介されたからとはいえ、設計契約書を取り交わし、そこに契約にならなかった場合の報酬をどうするかを書いておけば、今回のようにならなかったと思います。

 

設計者から貰っている設計契約書の雛形に契約に至らなかった場合の報酬をどうするかが書いてあれば、話し合いでそれに準ずるのが良いと思います。 もしくは、今回は建物が建つわけではないですし、設計契約を交わしていないので手付金の50万円程度が妥当なのかもしれません。施主が支払いたくないと思えば、話し合いで解決するしかないと思われます。 こうしたケースは、住宅建築業界によくあることで(他業界にも多いと思いますが)、契約に至らなかった場合の報酬の取り決めていないばかりに、仕事をしても全く報酬を頂けない設計事務所や工務店は多いと思います。

 

今回のように新築工事はもちろん、図面作成を伴う小さいリフォーム工事や、図面は描かなくとも、手間の掛かる見積もりをして契約に至らなかった場合も、最初に契約に至らなかった場合の報酬を取り決めておく必要があるのだと思います。誰だって仕事をしてお金が頂けないのは嫌なことだと思います。 実は、私も最近、現地調査含めて打ち合わせ3回程度、図面作成、見積で実働2週間程度掛かった小さなリフォーム工事が予算オーバーとのことで、契約になりませんでした。リフォームの場合は最初にザックリした総額を出すのも結構難しく、同じような工事をした経験のある場合しか最初に金額は提示できません。

 

時間も手間も掛かったので、設計料だけでも頂きたいと思いお話ししましたが了承頂けず、無料仕事になりました。小さなリフォーム工事でも図面作成を伴う場合等は、最初に契約にならなかった場合の報酬を決めておくことが必要だと感じています。これだけ回答数が多いのも、住宅業界関係者の関心事だからだと思います。

 

補足

小さな工事でも設計契約書をとりかわし、そこに契約にならなかった場合に報酬が発生するのか、しないのかを書いておくことが、施主にも業者にも大切なのだと思います。業者側はそこをキッチリ書くと、お客さんに逃げられると思って設計契約書をとりかわしにくいのかもしれませんが、書かないと、今回のようにお互いが気を揉むことがあります。 ハウスメーカーさんは、現地調査、プラン、見積もり、パース(模型も無料なんてとこもあります)は全て無料なのですが、契約にならないことも多く、その契約にならなかった場合のコストは契約者から取られています。それよりよっぽど健全かと思います。

 

質問者からの評価・お礼

ご回答ありがとうございました。
確かにスタートがあいまいのまま見切り発車してしまったのが良くなかったのだと思います。

もらった契約書には、「解約時までに行った業務分を設計士に支払う」ことになっています。(解約により設計士が損害を受けている場合は、設計士が損害賠償を請求できることにもなっています。今回の請求は基本設計までの割合の金額を超えているので、損害賠償的な部分もあるのでしょうか。)

こちらにもまだ正式な契約を締結していない、という思いもどこかにあったので、設計士からきっちり請求され戸惑っている状況です。

手付金程度が妥当だというご意見も大変参考になりました。ありがとうございました。

 

ヨシダクラフトより

高いご評価を頂きましてありがとうございます。今回は、正式に契約していないし、約束通りの計画にならなかったので、支払をしないということで話を進めてもおかしくないと思います。

 

ただ、設計者もかなり長い間作業をしています。設計者に世話になったと感じているなら、その気持ち分をお金等にかえて、相手方に渡し終了というのが良いかもしれません。

 

人間、相手に大事にされていると思うと、気持ちが納まることが多いものです。

 

 

設計のやり直しについて
予算・工事費用, 工期・契約

初めまして。

設計事務所に家をデザインしてもらっている者です。

 

設計事務所の人に最終的な金額は下請けのいくつかの工務店に見積もりを出して貰わないとわからないと言われました。

 

設計事務所との最初のヒアリングで私たちは外構や電化製品など含め2100万円しか出せないのですがと伝えたところ、2100万円以下でもうちは設計出来ます!と言われたのでお願いしたのですが、出来上がった見積もりは何処の工務店も2500万以上もしくは3000万を超えた金額でした。しかも建物代だけで外構も含まれておらず。

 

構造計算や設計料も支払ってしまい、今更後に引けない状態で色んな設備やグレードを下げたりして、数十万は下げることは出来たものの2100万円までには程遠く、納得がいきません。

 

ヒアリングの際の2100万までしか出せませんという事は書面にしたり録音はしておらず、証拠がないと言われてしまえばそれまでなのかもしれませんが、設計のし直しや、無料でキャンセルする事は出来ないのでしょうか。


A.予算に近づけるには「設計前にとにかく建物面積を小さくする」

はじめまして。質問者さんと同じ、栃木県宇都宮市で注文住宅とリフォームを行う工務店、ヨシダクラフトを経営しています。吉田武志と申します。質問を読ませて頂きました。

 

質問文から推測すると、設計事務所側は仕事が欲しかったので、施主の要望を聞きすぎてしまったのだと思います。

 

設計契約前の打ち合わせで、建物面積を小さく提案できなかったことと、概算見積も甘くなったことが、予算オーバーの原因かと思います。

 

最初に設計事務所側は、2100万円という予算額程度に納めるのであれば、施主の要望を聞いて、面積を充分に絞り込んで建物面積小さくして、かつ仕様を落とし、お互い合意してから、設計契約をすることが必要だったと思います。 「予算に対して、施主の要望が大きすぎる場合」や「予算に合わせて建物を小さくすることと、仕様を落とすこと」を施主が納得しないのであれば、造り手側は仕事を進めない、設計契約しないという決意が必要だったと思います。

 

設計事務所側は、「施主の要望を聞きすぎてしまい」「概算見積が甘く」なりましたが、「施工会社を相見積に掛ければなんとかなる」と考えてしまったのかもしれません。 予算に近づけるには、「設計前にとにかく建物面積を小さくする」のことが、一番効果的です。対策としては、要望を整理し直して、2100万円で出来るように面積を小さくするしかないと思います。

 

質問者からの評価・お礼

回答ありがとうございます。 そうですよね。 そのまま進めず打合せをストップさせて誰かに相談すれば良かったですよね。 概算見積もりで細かく確認し、自分達ももっと勉強しておくべきでした。 もう一度設計士に相談してみようと思います。 ありがとうございました!

 

評価・お礼に対してヨシダクラフトより

高い評価を頂きましてありがとうございます。 各施工会社の見積費用とかなり開きがあるは、質問者さんの要望と現実に開きがあるからだと思います。目いっぱい建物面積を小さくするか、もしくは計画を延期するなど、根本的に計画変更する必要がありそうです。

 

施工者を相見積にすると、採算度外視で値段を出してくる会社もあるかもしれませんが、普通に考えると誰だって利益が取れない仕事はやりたくないので、そういう会社は、特殊な事情があるのです。設計者がいつも付き合っている住宅会社に施工を依頼できるのが一番良いと思います。

新築したのにリビングが暗い。どうしたら良いか?
リフォーム・増改築・中古住宅

新築して、1週間前に引っ越しました。

 

隣も住宅なので、『日当たりが良い明るい暖かい家にしたい!』とお願いし、間取りが決まってからも、『日当たりは大丈夫か?暗くないか?』と念を押して確認していました。

 

『日当たりは大丈夫ですよ。』と言われ、安心していたのですが、いざ住んでみると、全く日が入らないというわけではないのですが、思っていた以上に暗く昼間も照明を付けないと少し暗いです。アイランドキッチンの前にダイニングテーブル。その前に窓。ダイニングテーブルから向かって右側に長いリビングです。リビングには、壁の上の方に横長の窓があるくらいです。

 

リビングが暗い。そこだけが本当にガッカリし、ショックでたまりません。

 

リフォーム以外に、なんとか少しでもリビングを明るくする方法はありませんか?自分なりに調べて、日が当たるところに姿見鏡を置いて光りを反射させるというのはやってみようと思います。

天井や壁紙や家具は白メインの明るい色です。他にも自分で出来そうなことは全てやってみようと思っているので、どうか宜しくお願い致します。

 


A.リフォームしないで部屋を明るくする方法

窓を設けないで、室内を明るくするというのは難しいかもしれませんが、室内の白い面積を増やしでみたらどうでしょうか。

 

既に、天井や壁紙や家具は白メインの明るい色だとのことなので、床を白くする。既存の床に置くタイプのフロアがあります。探せば色々あるようですが、例えばこのような感じ。http://www.yunyuuya.com/SHOP/lf-20.html

 

この中の白色のフロアを2畳分程度買って置いてみて、効果がありそうなら範囲を広げるのはどうでしょうか?床面は、室内でも大きな範囲を締めて目立ちますから、効果はあるのではないでしょうか?

新築した住宅が安っぽい、どうしたら良いか?
リフォーム・増改築・中古住宅, 建材・自然素材・住宅設備

1年ほど前に新築しました。


建築中よりとても悩んだ建具の色についてですが、良く考えたつもりが実際完成してみると、とても気になるのでアドバイスお願いいたします。

床、建具玄関を除き全てトステムのエッセンです。


玄関はドアがダークブラウン(外装が白系だったため、安っぽく見えないように玄関のみ落ち着いたハーティーブラウンを選びました。)玄関床がトステムのマーブル柄(白系の人工大理石調)です。

本当は内装の建具も玄関ドアとあわせて床、建具ともにハーティーブラウンにしたかったのですが、エッセンに近い梁の色と統一感を出すため、室内の明るさ、空間の広がりを考慮して、明るいエッセンにしました。


キッチンはヤマハの白鏡面タイプ、人工大理石天板です。

実際住んでみると、軽くて安っぽい印象でとても残念です。(黄色みが強く出てあまり気に入っていません)ただ、明るい感じは気に入っています。


空間の広がりや明るさを確保しつつ、安っぽくならず、リッチで洗練された印象にするにはどうしたらよいか、照明の色は白系か電球色どちらがよいか、合わせる家具などアドバイスよろしくお願いいたします。

 


A.リフォーム時に造作建具、造作家具、無垢の床材にするとインテリアの統一感が出る。

 

トステム等のメーカー建材の既製品の建具は、ローコストビルダーも使っているため一般的に安っぽくみえてしまい、インテリアの統一感を出すのは難しい部材です。特に新建材と言われるシート貼りの建材は、経年すると顕著に安っぽく見えます。根本的に安っぽさを解消するには、今は我慢して、将来、内装のリフォームをするのが良いのではないでしょうか?

 

例えば、建築雑誌やインテリア雑誌には住宅が多数掲載されていますが、メーカー建材の既製品の建具を使った住宅は皆無ですし、大手ハウスメーカーの住宅も広告を除いて掲載されていません。

 

建築雑誌やインテリア雑誌にメーカー建材の既製品の建具を使った住宅や大手ハウスメーカーの住宅が皆無な理由は、格好良くないから(普通だから)だと思います。読者がメーカー建材の既製品の建具を使った住宅を格好良いと感じていれば雑誌に掲載されるはずですが、特にニーズが無いので、掲載されないのだと思います。

 

また、既製品建具の他のデメリットは、既製品なので廃盤になる可能性が高く、将来故障した場合、部品のみの交換が効かなくなり、ドア周囲の壁も壊して交換ということになります。既製品は最初は綺麗に見えても、経年すると安っぽさがより目立つようになるのです。

 

建築雑誌やインテリア雑誌に掲載されているのは、例外なく造作建具を使った住宅です。造作建具にすると、建具と家具を同一材料で造ったりしてインテリアの統一感が出しやすいばかりか、基本的には、部品のみの交換が出来て長く使えます。修理も効きやすいのです。

 

根本的に安っぽさを解消するには既製品の建具でなく、造作建具、造作家具として床材も無垢フローリングにするのが良いと思います。だから将来リフォーム時に造作建具、造作家具、無垢の床材にするとインテリアの統一感が出るし、安っぽい印象にはならないと思います。

 

反対に既製品の建材のメリットは、大量生産されている既製品なので工場で管理して造られており、反ったり、変形したりする可能性が少ないこと。初期クレームは少なく、取付技術や施工工程が少ないので大手ハウスメーカーやローコストビルダーは、殆ど新建材の大量生産品を使っています。

 

既製品の建具と造作建具の違いについてはこちらもご覧ください。

造作ドア(造作建具)にすると決めた理由は「吉田さんの造る住宅はダサイ!」と言われたからでした

LED照明の昼白色と電球色の使い分けについて
建材・自然素材・住宅設備, 間取り・部屋・インテリア

現在照明のプランニング中です。場所によって色味を昼白色、電球色のどちらを選ぶか悩んでいます。ぜひアドバイスをいただけないでしょうか?

 

1.キッチン照明の色について

キッチンは昼白色の方が食材や汚れがクリアに見えて良い、味覚も昼白色の方が敏感になるという話を聞いたことがあり、今までの暮らしでもキッチンは昼白色の明かりで過ごしてきたので昼白色にしようと考えていました。

 

ところが、ショールームのアドバイザーからは、『オープンキッチンのため、LDK全体の色味を合わせた方が良いと思う』と言われ電球色で提案されています。『最終的にはその人の好みです』と言われていますが、実際昼白色、電球色どちらが良いのでしょう?やはり電球色一色で揃えた方が良いのでしょうか?もしキッチンを昼白色にする場合、キッチン側のパントリーやPCカウンターも昼白色にして揃えた方が良いでしょうか?

 

2.洗面室照明の色について色

現在洗面室のシーリングライトは昼白色で提案してもらっています。洗面台には昼白色の蛍光灯が付いていますが洗面台でメイクもする予定なので、昼白色だけでなく電球色の色味もあった方が自然な仕上がりにできると何かで聞き、電球色の方がいいかもしれないと迷っています。洗面台でメイクをする場合、どちらがおすすめでしょうか? 特にキッチン部分は毎日使用する場所なだけに、非常に悩んでおります。電球色の下で調理をしたことがないので、電球色で色味が見づらくないか、本当に味覚が曖昧になってしまうのかなど不安があります。いざとなれば電球を交換してしまえばいいだけの話かもしれませんが…。 どうぞアドバイスをいただけますよう、よろしくお願い致します。


私は電球色のオレンジ色の灯りが美しく、リラックスできると思うので、基本的にすべての照明を電球色で提案します。

 

2つの質問についてですが、

1.LDKで繋がった空間なら、電球色が良いと思います。

2.個人的には電球色ですが、どちらでもおかしくないと思います。

 

理由は以下で説明します。

 LED照明の色の違い出典

 

LED照明を選ぶ際、色の違いで迷うことがあると思います。

 

■LED照明の色の違いは主に3色、色温度で分けられる

 

LED照明は一般的に「昼光色「昼白色「電球色と3つの色に分けられます。3つの色の違いは「色温度」で分けられており、色温度は高くなるほど青みがかります。

色温度出典

 

一番色温度が高い「昼光色(約6500K)」が青白く、「昼白色(約5000K)」は白っぽく、一番色温度が低い「電球色(約3000K)」はオレンジ色が強くなります。

 

LED電球 電球色出典

 

■電球色のオレンジの灯りは美しく、リラックスできる

 

私は電球色のオレンジ色の灯りが美しくリラックスできると思うので、基本的にすべて電球色で提案します。

 

■外部から見ると、電球の色は1色だけのほうがシンプル

夜、建物を外から見た場合も、昼光色や昼白色の青白っぽい照明より、電球色のオレンジ色のほうが、温かみがあり美しく感じるからです。また外から見た時に、電球色・昼光色・昼白色の3種類の照明が点いているより、電球色1色だけのほうがシンプルです。

 

■睡眠や作業面からも、電球色がリラックス出来て、能率的

 

また、睡眠や作業面からも、電球色がリラックス出来て、能率的だと言われています。

 

下記は甲南大学 前田准教授の記事の抜粋です。

 

リラックスして良い睡眠を取るには、白色から電球色(オレンジ色の灯り)にすればOKとあります。温かみのある電球色にすることで、作業能率もアップするとのことなので、電球色を勧めます。

 

(5) 寝る2〜3時間前は,部屋を暗くして勉強しましょう。実は,学習スタンドなどの照明もメラトニン分泌を抑制してしまいます。これでは勉強が出来ない!ことになってしまいますが,実は秘策があります。室内の照明や学習スタンドの照明を,白色から電球色(赤みがかった色)にすればOKです。メラトニン分泌は青色成分の光に顕著に抑制されますが,暖色系の光では比較的抑制されません。また,私の研究室では,白色光や青色光に比べ,黄色光(電球色系)の照明下で高次認知機能作業の成績がアップする結果が出ています。更に,黄色光(電球色系)で疲労が少なく長時間成績が下がりませんでした。http://www.konan-u.ac.jp/special/vol_3.html

 

■気になるならショールームで確認する

しかし、照明の色は、完全に好み、感覚の問題なので、気になるならショールームに行って、実際の明かりを見て検討したほうがよいかもしれません。

施主支給がコストダウンになりにくい理由
工期・契約, 建材・自然素材・住宅設備

新築で工務店と話を進めています。

 

費用を抑えるべく、こちらでさまざまな施主支給材(床板、壁紙、などなど)の提案や、不要なドア削除などの提案をおこなっておりますが、工務店側からは、坪単価の計算なので、余り減額にはならないと言われます。

 

坪単価の仕組みを色々調べているのですが、よくわからないので質問しました。

 

たとえば、5万円するドアをつけなくて良いとした場合、単純に5万円減額とならないのはなぜでしょう?

 

コストダウンには建坪を少なくするしかないのでしょうか?


A.きちんとした見積書を出してもらうことをお勧めします。施主支給がコストダウンになりにくい理由も説明します。

 

依頼先の工務店との進捗具合が、図面、見積書が出来て、減額打ち合わせの段階なら、坪単価の見積書でない普通の見積書(材料、工賃、設計料、管理費等がなるべく詳細に分かれた見積書)を出し直してもらうべきでしょう。

 

例えば、大工工事費などの項目で「坪いくら」という表示をすることはありますが、「全体で坪いくら」という見積書の表示は普通ではありえません。

 

その理由は、「工事全体で坪いくら」とやると、変更などが起きた場合に、お互いに納得して増額や減額ができなくなるからです。

 

ザックリした見積で契約すると、造り手と住まい手が揉める原因になります。

 

各項目、例えば「ドア1枚ずつの」詳細な見積が出来ていれば、計画段階で増額や減額があった場合に変更対応しやすくなります。

 

ですから、きちんとした見積書を出してもらうことをお勧めします。

 

それでも大雑把な見積もりを出してくるようなら、業者を変えることも考えたほうが良いでしょう。

 

また、施主支給品が多いのが気になります。

 

当社では施主支給品は、ほとんどありません。

 

施主支給品がほとんど無い理由は、施主支給の場合は、簡単な物を除いて、施主支給品の価格と取り付け費用とに応じた管理費を頂いているからです。

 

施主支給をしても見積価格は同じか、私の見積のほうが安いです。

 

当社の見積金額は新築や大規模リフォームの場合、材料、工賃、設計料、管理費等という内訳なので、建材価格はお客様の仕入れ値よりも、当社の仕入れ値のほうが安い場合がほとんどなのです。

 

現在では、誰でもザックリとした建材価格をネットで調べることができるので、住宅会社が施主に提示する見積書も建材価格は原価か、それに近い価格で計上することが多くなっていると思います。

 

施主支給品だけが多くで、それに伴う管理費を計上できないとすると、工務店は適正な粗利が確保できないばかりか、その工事や建材に対して責任が取れません。

 

施主支給品に不具合が起きた場合の責任の面からも、施主支給品の価格や取り付け費用に応じた管理費を計上するのは必要なことだと思います。

 

私の廻りの工務店もそうしている所が多いです。

 

施主が「建材を施主支給します。管理費を計上されるのは嫌ですが、その建材に不具合が起きた場合の責任や修理、建材メーカーとの折衝も全て工務店でお願いします」となったら、

 

その施主とは契約できないでしょう。

 

ですから、施主支給にすると単純に安くなるというわけではないのです。

 

また、コストダウンの方法として、施主が直接職人に依頼するという方法(分離発注と言います)もありますが、これも辞めたほうが良いでしょう。

 

その理由は、各職人は自分の仕事には責任は持てますが、各工事の取り合い部分には責任が持てません。

 

「取り合い」とは例えば、大工工事の木で造った下地と、左官工事の塗り壁との「取り合い」だったり、板金屋さんが造った外壁と大工工事の下地の「取り合い」だったりします。

 

瑕疵はその取り合い部分に発生することが多いです。その取り合い部分の管理をするのが工務店(現場管理者)の仕事になります。

 

直接職人に依頼して工務店を通さずにお金のやり取りをすると、誰も「取り合い部分の責任」が取れなくなります。

 

ですから、管理費用は生じても、各職人への直接発注でなく、工務店に一括して工事を請け負わせるほうが良いと思います。

 

最大のコストダウンの方法は、設計段階で建物を小さくすることで、間違いありません。見積金額の各項目は、基本的に面積×単価なので、家を小さくすると建物は安くなります。

 

また、できるだけ小さな家にしておくと、将来必ず訪れる外壁塗装等のメンテナンス費用も安く済みます。

 

不必要に建物を大きくすると、将来メンテ費用にお金が掛かり大変ですし、高齢化すると掃除するのも大変なので、必要最小限の広さの家が良いのです。

 

その工務店も、施主支給品が多くて、それに伴う管理費用が計上できないことが原因で、大雑把な見積もりを出しているとは考えにくいですが、一応、上記のことも踏まえて話し合ってみたらどうでしょうか?

 

施工中のダイライトが雨に当たっている。大丈夫でしょうか?
施工方法・現場管理・雨漏り

家を新築中です。

 

ダイライトを外壁下地に張ってありますが、一日中雨風にあたっています。

 

養生もしてありません。ものすごい雨にあたっています。大丈夫でしょうか?


ダイライト

 

A.ダイライトは基本的に雨に濡らさないほうが良い下地材です。

 

当社でもダイライトを使っていますが、基本的に雨に濡らさないほうが良い下地材です。

 

メーカーの大建に確認したところ、水に濡れても乾いていれば、基本的には大丈夫とのことです。ただ、ずっと雨に濡れていると、変形したり膨れたりしないとも言い切れないとのことです。

 

なるべく早く、ダイライトが乾いたことを確認して透湿防水シートを貼るのが良いと思います。

 

質問者からの評価・お礼

ありがとうございます。一昼夜雨風にあたっていました。養生してもらいました。

 

ダイライトの内側まで濡れている状態でした。水分を含んでしまい、蒸発するにはだいぶ時間がかかると思います。それでほんとうに耐力がでるか心配です。日本海の雨風はすごいのです。

 

ヨシダクラフトより

高いご評価を頂きまして、ありがとうございます。心配なら現場で、ダイライトの乾いた状態で現場監督、もしくは設計監理者にダイライトの状況説明を受けて、納得したほうが気持ちよく現場が進みそうですね。

子供部屋を2つに仕切る方法は、どんなものが良いか?
リフォーム・増改築・中古住宅, 施工方法・現場管理・雨漏り

現在、新築住宅を建てるべくハウスメーカーさんと相談しているところです。


子供はまだ0才児が一人ですが、将来的には二人目も欲しいと思っており、子供部屋のレイアウトに悩んでいます。


最初から2部屋にすると二人目ができなかった場合に無駄になったり、子供が小さいうちは二人一緒の方がいいとも考えてることから、最初は一部屋にして、後々変更できる作りにしたいと考えています。

その旨を設計士さんに伝えたところ、可動式の収納棚を紹介されました。

そこで質問なのですが、この可動式収納棚で部屋を仕切った場合、音などはどれくらい漏れるものなのでしょうか。


または可動式収納で遮音性をあげる方法などはあるのでしょうか?

なお、部屋は天井までが2.4mで、天井いっぱいまでの可動式収納を2つ横に並べて仕切りにするイメージてす。価格も30万程となかなかの金額でした。

 


シナべニアで造る間仕切り壁

 

A.可動式の収納家具で子供部屋の間仕切りを造るのは止めたほうが良い

子供部屋を2つに分ける方法は色々あります。

 

結論から言いますが、将来撤去する可能性があるなら、可動式の収納棚等の家具で子供部屋の間仕切りを作るのは止めたほうが良いです。

 

代替案として、新築時は間仕切りを造らず成長して部屋が必要になった時に、シナべニアで造る間仕切り壁で、子供部屋を間仕切ることをおススメします。

 

この方法で7軒ほど子供部屋の間仕切り壁を造っています。

 

シナベニアの間仕切り壁のメリットは価格が安くボンドを使わないので、将来施主本人が撤去することが可能であり、かつ撤去せずにそのまま普通の壁として長く使うことも可能だからです。

 

子供部屋を可動式の収納家具で間仕切るメリットとデメリットと、シナべニアの間仕切り壁の事例を見てみましょう。

 

1.子供部屋を可動式の収納家具で間仕切るメリットとデメリット

 

子供部屋の間仕切りを、可動式の収納家具で造るといのは、何となく良さそうだがデメリットが多いです。

 

最大のデメリットは、間仕切りが不要になった時に、家具が撤去しずらくなること。撤去した家具の持っていき場が無いのである。

 

また、床と壁と天井にピッタリと合わせた造作家具にする場合は値段も高い。3メートル弱の長さの壁を家具にすると、家具の形態と材質にもよるが、質問者さんのように30万円程度はかかりそうである。
また、可動式の収納家具の大きさについてだが、家具の高さを天井一杯にすることは、無理があるだろう。

 

天井一杯にすると移動させたときに天井に傷が付くからである。最低でも天井に3~4センチの隙間を空けて制作するしかないと思われる。

 

隙間が空くと音が漏れるし、天井一杯の高さの家具は動かしにくいから、結局造った家具は、子供部屋でしか使えない可能性が高い。

 

もともとの部屋に収納が無く、この家具を撤去しない予定なら、可動式の収納家具で子供部屋の間仕切りを造るのは選択肢に入るかもしれない。

 

2.子供部屋を2つに仕切るリフォームで一番のおススメは、シナべニアで造る間仕切り壁です 安く・簡単・強度があり・撤去が出来て・撤去せず長く使うことも可能だからです。
子供部屋の間仕切り壁作成事例をブログでご覧ください。

 

子供部屋を間仕切り壁で2つに分ける方法。後で1部屋に戻したいならシナべニアの造作壁リフォームがお勧め(可動式の収納棚等の家具で間仕切った場合のデメリットも書いてあります) http://yoshidacraft.net/5951/

 

最新の子供部屋間仕切り事例はこちら。

 

(5軒目)子供部屋の間仕切り壁の造り方。将来1部屋に戻すなら、シナベニアを使った間仕切り壁がおススメ!画鋲やビスも簡単に打てるので、受験生にも使い勝手良好 http://yoshidacraft.net/12841/

採光を1階に落とす為の透明な2階の床について。1階から見上げた時に、妻や娘のスカートが見えてしまうのではないか?
建材・自然素材・住宅設備, 施工方法・現場管理・雨漏り

木造2階建ての新築です。

 

南側からの採光を期待できないことから、トップライトを設け、2階廊下をグレーチングにして、上に透明のポリカーボネイトを敷く予定です。

 

1階を明るくするためには半透明ではなく透明のポリカーボネイトのほうが良いとは思うのですが、1階から天井を見たときに、2階の廊下を歩く妻や娘のスカートの中が見えるのも困ります。

 

建築士の方はグレーチングにはある程度の厚さがあり、真上でなければ見えないので気にしなくても良いのではと仰ってましたが実際どうなのでしょうか?

 

真上でも見えるものは見えるので、多少明るさを犠牲にしてでも半透明にしたほうが無難でしょうか?

 


A.半透明の床材だと、空間のメリハリが無くなるので透明の床材のほうが良い

 

私も写真のように2階床の一部を透明の強化ガラスとしたことがあります。採光を1階に落とし、1階が暗くならないために行いました。

 

これが半透明の床材だと、空間のメリハリも無くなるのではないでしょうか。

 

他の事例で透明の床は、このような格子床もやっています。下から見えるということで同じですね。

 

スカートの中や足は、透明の床の真上で静止した状態でないと見えないので、透明の床が良いと思います。

 

私は、設計者の判断に一票です。

 

ただし、こういうことは、個人の感じ方の問題なので、ご家族や設計者とよく相談して決めてください。

工務店との食い違いでイライラが絶えません
工期・契約, 施工方法・現場管理・雨漏り

新築工事中ですが、建具をはじめ未指定のものを勝手に注文されていたり、契約金額より値上がりしたりと不満が絶えません。

 

契約時は「これが最高金額(最高級のもので見積もってる)なので変更箇所があっても金額を上回らないように見積りしなおしますから大丈夫です」と言われていたのに実際ちょっとした変更を申し出ると金額が100万単位で上がります。

 

口約束が多い工務店だったので失敗したと思ったのですが。 このままではイライラが募り妊婦には厳しい精神状態です。

 

慰謝料請求したかったのですが、施主は夫なので無理そうです。 夫に言っても埒があきません。

 

私が指定したものと違うものを発見して工務店に言うと変更料金が発生します。もう何度も指定しなおしているのですがこのままでは、金額は上がるしイライラがつのる一方です。 細かい見積もりをせずに契約してしまったのがいけないんでしょうけど・・・

 

この状態では工務店の違法性を立証するのは難しいでしょうか? 建売を買ったと思ってあきらめるしかないのでしょうか?

 

それにしても高い買い物なので満足いくものがほしかったのですが・・・ 都内で土地抜き家のみで3F建て4300万は平均なのでしょうか? 私は地方から来たので高いと思ってしまいます。


A.話し合った内容を文章にしてお互いに確認する。

施主であるご夫婦と工務店の担当者、社長を交えて、今までのことについて話し合ったほうが良いですね。

 

それも一度でなく、双方が納得できるまで。

 

事務所だけでなく、現状を確認する必要があるので、現場でも話し合うことが大切だと思います。

 

話した内容は、工務店に文章にしてもらい、お互いに確認することが必要だと思います。

 

一般常識で考えると、契約時に今後の施工中の変更箇所の内容や程度は分かりませんから、工務店側は「変更があっても、契約金額を上回らないようにします」なんて言えないはずなのです。

 

また、変更が多いようですが、図面や見積書の形や仕様に準じて施工するので、変更が多いのはおかしなことなのです。

 

工事中に多くの変更が発生すると、造り手側(住宅会社)は混乱して間違いの元になるのは事実です。
だから私は、図面の段階で完全に仕様を決めておき、工事が始まってからの変更が、ほぼ出ないようにしています。

 

変更の多い現場は一般的に仕上がりが悪くなり上手く行きません。

 

安い材料への変更でない限り、金額が上がるのが普通です。

 

話をお聞きしたところ、仕上げ工事まで進んでいるので、まずは話し合いをして、納得できる建物を完成させることが重要だと思います。

 

工務店から簡略化された工事請負契約書での契約を提案されたが、どうなのか?
工期・契約

工事請負契約書を工務店と結ぶことになりました。

 

工務店が作った契約書と民間(旧四会)連合の契約書のどちらの契約書を使うか迷っています。

 

工務店のものは2ペ-ジだけで 工事中の保険や図面・仕様書のとおりに実施されていない施行などについては、書いてありません。

 

ただ、印紙を貼るのは、工務店の側だけでよいそうです。

 

民間(旧四会)連合のものは印紙の負担は、工務店とこちら側の2者で負担するため印紙代4万5千円が生じてきます。

 

印紙代がないにこしたことはないのですが、なにかトラブルがあったとき、契約書の不備があっても・・・と思ってしまいます。

 

工務店の方は、民間(旧四会)連合の契約書を参考にし、より分かりやすく書いたとおしゃるのですが・・・。

 

なにぶん、契約書の文言は難しいのでどこまで必要かわからず、ご相談申し上げる次第です。


A.民間(旧四会)連合の契約書が良いと思います。

新築や大規模リフォーム等なら、契約金額も大きいことから、民間(旧四会)連合の契約書を使い、印紙も2者で負担すべきだと思います。

 

契約書や約款の文章は、説明する側の工務店にとっても難解な言い回しの箇所がありますが、説明を求めれば、分かりやすく教えようとしてくれるはずです。

 

住宅建築は、手づくり部分が多く、世界に1つとして同じ条件で建てられている物が無い為、造り手と住まい手がきちんと行動をしたとしても、意見の食い違いやトラブルになる事もあります。

 

お金が掛かって面倒でもきちんとした契約書にすべきだと思います

各個室の床の仕様を変えたらインテリアが「チグハグ」になってしまった。どうしたら良いか?
建材・自然素材・住宅設備, 間取り・部屋・インテリア

現在新築中です。

 

工事も終盤にかかり、来月上旬には引き渡し予定です。

 

注文住宅なので、床材・色・建具なども自分達で決めていったのですが、決めていく段階であまりイメージが固まっていなかったせいもあり、個室の床色等を聞かれたときに、それぞれの部屋のイメージで決めてしまいました。(床は新建材)


子供部屋は明るい感じで、書斎・寝室は落ち着いた感じで…と、単純に考えてしまいました。

 

先日、実際に建具や床板を貼っているのをみて、チグハグな感じを受け愕然としました。

 

実際に出来上がりを見た時、各個室の色合いの差がありすぎたなぁと思いました。

 

できあがったものはどうしようもないので、あとは家具やカーテン、小物などでごまかすしかないかなと思っています。

 

書斎・寝室も思ったより暗い感じで、どんな感じで家具などの色を選べばいいのか悩みます。

 

このままだと、新築した後にみんなに見せるのも恥ずかしい気がしてなりません。

 

このようなチグハグ感を、どうにかおしゃれに見せる方法はあるでしょうか?

 


A.2つの部屋に統一感を出すなら、カーテンや絨毯等の面積の広いものでシンプルなものを選び、同じものにするか、色調を統一したらどうでしょうか?

 

子供部屋は明るい色、書斎、寝室が落ち着いた色なのだと思います。

 

今は、工事中で室内に何もなく、床やドアの印象が強いので、チグハグな印象になるのかもしれません。

 

家具やカーテン、小物などが入ると印象は変わってきます。 子供部屋と書斎、寝室は、親子で年齢が違う為、家具や小物も同じような色や形状の物は置かないのが普通です。

 

2つの部屋に統一感を出すなら、カーテンや絨毯等の面積の広いもので、シンプルなものを選び、同じものにするか、色調を統一したらどうでしょうか?

現場監督の役割は何なのか?
施工方法・現場管理・雨漏り

HM(ハウスメーカー)にて新築中です。

 

HMの職員が現場監督,工事は下請けの大工さんによって進められています。

 

基礎が終わり,上棟まで済んでいる状態ですが,先日現場監督をされている方が急に辞められたと連絡がありました。

 

今は何人かの職員が交代で現場を見てくれているとのことです。

 

事情は理解したのですが,今後きちんと対応していただけるかが,少々不安です。

 

HMでの建築において,現場監督の役割はどの程度のものでしょうか。
今後,施主として要求した方が良いことや注意すべきことはありますか?


A.住宅会社に担当の現場管理者を付けてもらうよう話をすべきだと思います。

 

新築住宅もリフォーム同じですが、住宅をはじめとして、建築物は多数の部材が密着して(取り合って)成り立っています。

 

当然、不具合はその取り合いに発生することが多いです。

 

各部材を施工する専門工事業者 (職人)や住宅設備メーカーは、自分達の供給する部材及び施工には責任を持ちますが、他の部材や構造体との「取り合い」には責任は持てません。

 

当然のことながら、専門工事業者は自分の施工責任範囲以外の部分は、責任が取れないのです。

 

「取り合い部分」の責任は、現場監督のいる住宅会社の仕事です。

 

それはハウスメーカーでも工務店でも変わらないと思います。

 

取り合い部分の責任を持つことが住宅会社及び現場監督の技術であり重要な仕事の1つになります。

 

特にリフォームやリノベーションでは、既存部分と新設部分の取り合いが生じるため、より経験が必要となります。

 

現場監督は、品質管理、工程管理、予算管理を行いますが、品質管理の中の大きなウェートを占めるのが、「部材同士の取り合い部分の管理」です。

 

現場監督は、施工の中心となる昔の棟梁のような役割なので、住宅会社に担当の現場管理者を付けてもらうよう話をすべきだと思います。

玄関の内部も、外部用の床タイルを貼ったほうが良いのか?
建材・自然素材・住宅設備

玄関タイルを名古屋モザイクタイルのシクーロという商品にしようと思っています。

 

シクーロの外用タイルは滑り止めにザラメ状の粒を表面に施してあります。

 

工務店さんに、玄関中のタイルも外用をおすすめされています。

 

理由は、玄関外に今はマットを敷かないので靴の水滴がそのまま玄関中に入ってきて、転倒したら大変だということです。 (玄関外にはマットはしかない予定です。)

 

工務店さんのおすすめ通り、玄関中も外用を使用しても問題ないでしょうか? お掃除や使い勝手等が気になるのですが・・・


A.「掃除のしやすさ」よりも「安全性」が重要なので、玄関内部の床にも外部用のタイルを貼ったほうが良い

結論から言いますと、工務店さんのおすすめ通り、玄関内部の床も滑り止めにザラメ状の粒を表面に施してある外用タイルを使用するのが良いと思います。

 

玄関内部の床に、掃除しやすい表面のつるつるしたタイルを使うと、雨水で滑って転倒しやすいからです。 「掃除のしやすさ」よりも「安全性」のほうが、優先順位が高いので、滑りにくいタイルが良いと思います。

 

掃き掃除すれば、ザラメ状の粒を表面に施してある外用タイルであっても、普通は汚れは気になりません。(神経質な人は気になるかもしれませんが) また、玄関ポーチの床(玄関ドアの外の庇が掛かっている部分)と玄関内部のタイルは、同じ材料を使わないと、統一感が無くなってしまいます。

 

質問者からの評価・お礼

ありがとうございます。外用タイルをすべてはりたいと思います。

 

ヨシダクラフトより

高い評価を頂きましてありがとうございます。 お年を召すと足腰が弱くなるのが普通なので、 玄関タイルは、滑りにくいもの重視で選ぶことをおススメします。

ウッドデッキの腐食は瑕疵保証の対象になるのか?
建材・自然素材・住宅設備

新築して、9年たちました。

 

店舗併用住宅で店舗側の玄関はウッドデッキにしています。

 

それで腐食防止のため防腐塗料を毎年塗るよういわれ、ちゃんと塗っていて表面は大丈夫なのですが土台自体が腐ってしまいました。

 

施工業者に相談したところ全部作り直しをいわれ、多額の見積もりをいわれたのですが、 ネットで新築時保証という言葉を目にしました。

 

この場合、このウッドデッキのやり直しは 自分たちで負担しないといけないのですか? それとも保証ってのが成立するのでしょうか?

 


A.ウッドデッキは主要構造部分でないので、上記の瑕疵保証義務の部分には含まれず、保証対象外となるのが普通

新築住宅に対する瑕疵担保期間(10年間)の義務化があり、新築した住宅の主要構造部分に関して、完成引き渡し後から10年間になんらかの瑕疵(欠陥)が見つかれば、工務店や不動産業者に対して、補修などが義務づけられています。

 

主要構造部分とは、壁、柱、床、はり、屋根又は階段などを言います。

 

ウッドデッキは主要構造部分でないので、上記の瑕疵保証義務の部分には含まれません。 普通に考えると施主負担です。

 

店舗のウッドデッキ等は、消耗品として考えているオーナーもいらっしゃるので、ウッドデッキの材料と造り方について書いてみます。

 

ウッドデッキの材料についてですが、SPF材等の安い木材を雨の直接当たる屋外で使うと、状況にもよりますが、5年も持たないと思います。

 

SPF材とは、ツーバイフォーの材料として、ホームセンターなどで売られている、白っぽい木材です。消耗品として考えるならSPFで良いと思います。

 

しかし、雨の当たる屋外でウッドデッキを、なるべく長期間持たせたいなら、値段は高いですが、ハードウッドといわれている硬いウリン(アイアンウッド)やイペを使うのが良いと思います。ただし、その木材も通常保証はしません。

 

ウッドデッキの造り方ですが、地面から近い場所でデッキを造る場合、当然ですが、雨水等による湿気の影響を強く受けます。

 

できれば風通しのよいように土間とデッキになるべく隙間を造り、デッキをなるべく高くするのが良いと思います。出来ない場合は、束を鋼製の物にするなど、なるべく下地を腐らないものにするのが良いと思います。

 

写真はハードウッドのウリンです。

収納下に造った犬小屋内部のクッションフロア仕上げに巾木は必要か? 犬小屋の仕上げ材は何が良いのか?
建材・自然素材・住宅設備, 間取り・部屋・インテリア

収納の下に犬小屋を造りました。

 

犬小屋内部は、水に強く拭き掃除しやすい「クッションフロア」で、床・壁・天井を仕上げることにしました。

 

しかし、先日確認したところ、木製の巾木が付いていました。巾木が付いていると見た目が悪そうです。

 

クッションフロア同士なら巾木は要らないと思っていたのですが、巾木は必要なのでしょうか?

 


A.収納下の犬小屋内部の仕上げ材はクッションフロアが良いと思う。巾木は不要。

 

最近も室内の収納下に犬のスペースを造りました。

 

犬のスペース(建築化した犬小屋)内部の仕上げ材は、床・壁・天井共にクッションフロアを貼りました。

 

収納下等の犬小屋内部の仕上げ材は、掃除のしやすさ・更新性・犬の住み心地を考えるとクッションフロアが良いと感じています。

 

クッションフロアというのは、トイレや洗面脱衣室の床に使われる、水が染みこみにくい防水性のある材料です。

 

犬小屋内部に巾木は付けていません、不要だと思います。

 

犬小屋内部で、犬がオシッコをしたり、水を飲んだりするかもしれません。

 

巾木を付けると水分が滲みてしまいますから、巾木は無いほうが良いと思います。

 

2枚の写真は別のお宅。写真の格子扉が収納下に造った犬小屋です。

 

格子扉を開けると床、壁、天井を水拭きしやすいクッションフロアとしています。

 

クッションフロアの床と壁の取り合う入隅は、できるだけカットせずに折り曲げでいます。

 

入隅を カットした場合は水が染みやすいので、施工者にシーリングしてもらうように依頼したほうが良いかもしれません。

 

床に新聞紙置いて、冬は毛布でも掛けてあげれば、犬も快適に過ごせると思います。

 

犬小屋内部の仕上げ材として、クッションフロア以外に考えられる掃除のしやすい材料は、キッチンパネルです。

 

キッチンの壁に貼ってあるパネルですが、硬くつるつるしており、拭き掃除はクッションフロアよりしやすく、耐久性もクッションフロアに勝ります。

 

しかし、キッチンパネルは触ると硬くヒンヤリする材料なので、犬にとっても冬は寒く不快でしょうし、硬い材料なので犬の肘が当たると、皮膚がタコのようになりやすいと思います。

 

だから、キッチンパネルは犬の居住スペースの材料としては、合っていないと思います。

 

また、タイルも目地があるので、おしっこをされると目地に染みてしまい、匂いや汚れが取れにくいので、犬小屋内部の床仕上げ材としては適していないと思います。

 

猫のトイレスペース

ペット用の材料としてキッチンパネルを使った例としては、猫のトイレスペースの床と壁に使いました。

 

この上に猫砂の入ったトレイを置いて使っています。

 

とても掃除がしやすく、清潔に保てると思います。

 

20年近く室内で犬を飼っていますが、病気を早く発見するにも室内で身近に飼うのが良いと思います。

 

ペットも家族化しており、図面に犬小屋や猫スペースが描かれるようになってきています。