material-window1

一般的に、戸建住宅でも集合住宅でも、窓や玄関ドアなどの開口部が熱的に弱い部分であり、冬の暖房時は、熱の58%が開口部から屋外へ流出し、夏の冷房時は、73%が開口部から室内に流入する。その為、新築時もリフォーム時も窓(開口部)の断熱性能は、もっとも重要である。



1. 樹脂製ペアガラスサッシュ

material-window2
新築時は、樹脂製ペアガラスサッシュを標準仕様としています。風が流れるように配置し、できるだけエアコンを使わないようにしています。樹脂製ペアガラスサッシュは、プラスチックフレームと複層ガラスの一体構造により、一般的なアルミサッシの約3倍もの断熱性を持っています。結露しづらく、外部の不快な音が室内に入りづらいのも特徴です。万人向き。

リフォーム時の断熱改修では、壁、床、天井に断熱材を入れるよりも、既存窓の内側に樹脂製ペアガラスの断熱内窓を付けるのが、もっとも費用対効果が大きい断熱改修となります。
material-window3



2. 木製断熱サッシュ

material-window4
スウェーデン製木製断熱サッシュです。トリプルガラスの名前のとうりガラス3枚です。断熱性、気密性、遮音性、耐風性、防犯性において木製断熱サッシュは樹脂サッシ以上に優れています。

ただし、内外部とも木製の為、外部は1年に1度塗装をする必要があります。値段が高いのと、メンテナンスすることをご理解頂ければ、木製断熱サッシュは良い選択。

何より木の質感、見た目も優れています。日本に代理店のあるメーカーを使用しているので、修理時やトラブルにも安心です。

material-window5
既製品とは言え、木製の無垢材です。思いがけない変化もするので神経質な人には向いていません。スウェーデンの工場では職人が手造りで造っています。

また、外側がアルミで覆われた木製サッシュは、メンテナンスしなくて良いようにいわれていますが、障子下側の木部が腐ってしまったことがありました。原因は、何年間も窓を開けなかった為、障子下側に埃やゴミが溜まり、雨水流れにくくなり、腐ってしまったようです。特に木製サッシの場合は、24時間換気システムが付いていても、定期的に窓を開けて、全ての窓を清掃することが必要です。どのような材質の窓でも、半年~1年に1度は、窓の掃除をすることは当然のこと。特に木製サッシの場合は、材質の劣化をチェックするという意味でも、定期的な清掃が必要になります。住宅上級者向き。大らかな人向き。




3. トップライト(天窓)

material-window6
出来れば、トップライトは使いたくない。しかし、狭小敷地で隣家も近いという日本特有の住宅事情を考えると、光を屋根から落とすという選択もやむをえないところです。私は、暗くなる可能性があるのなら、トップライトを付けるという決定をしています。付けたくない理由は、漏水の恐れがあること。屋根に穴を開けることになりますから、いくら慎重に施工しても、サッシ自体の劣化も含めて、漏水の可能性が高くなるのは避けられません。完成後10年を過ぎた頃から漏水することがあります。

雑誌等で屋根に必要以上にトップライトを付けているのを目にすることがあります。この場合、印象的な光と引き換えに、将来の漏水の恐れというデメリットも受け入れなければなりません。作り手が漏水の可能性が普通より高くなることを説明しているのか疑問です。

だからトップライトは必要最低限にしておくのが良いでしょう。使う場合は、断熱気密性に優れた、ベルックス社のものを使うことが多いです。



4. 造作木製サッシュ

住宅に限らず、あらゆる建築において開口部の位置、形状、材料をどうするかというのは、最も重要な問題であると思います。手がけているのは、木造住宅が多いので、窓も造作木製サッシュでと考えてもいるのですが、気密性の確保、雨仕舞、劣化の問題、メンテナンスを考えると、なかなか手が出せません。オリジナル部材化を進める上での最難関がここです。何度か他社施工の家で見たことはあるのですが、私の見たところ、上記の課題をクリアしているとは言えませんでした。チャレンジはしたいと思っているのですが・・・。