ヨシダクラフトの注文住宅の屋根材は、耐久性の高いガルバリウム鋼板屋根材と陶器瓦をデザインにより使い分けていますが、特に要望がなければ、デザインと機能のバランスが良い、ガルバリウム鋼板をおすすめします。


ガルバリウム鋼板屋根

material-loof-galba

ガルバリウム鋼板立ハゼ葺(立平葺き)

ガルバリウム鋼板屋根は、耐候性に優れ、軽量なことは地震時には有利に働く。

ガルバリウム鋼板のデメリットは、鋼板なので雨音が響きやすいこと。特に音に敏感な人には、野地板の下に、12mm厚の石膏ボードかケイカル板を挟んで対処しています。

ガルバリウム鋼板屋根の葺き方は、AT式と呼ばれる横葺か、緩い勾配にも対応できる
立ハゼ葺(立平葺き)が殆どです。建物屋根の勾配や外観に応じて葺き分けています。
通常だと、10年前後に一度、塗装が必要になります。

ガルバリウム鋼板については、ガルバリウム鋼板外壁材のページもご覧ください。素材特製は同じです。





陶器瓦屋根

material-loof-kawara1
material-loof-kawara2


material-loof-kawara3

陶器瓦のメリットは寿命が長いこと。瓦自体は割れるまで、半永久的に使えます。ただし、メンテナンスは必要で、10年前後に一度、瓦の漆喰の補修と、屋根の頂上にある棟瓦の積み直しが必要。棟瓦の漆喰が長年の風雨や地震などにより、少しずつ劣化して剥がれてしまうためです。そうなると、雨水が下地木材(野地板や垂木)に染み込んでしまい、下地木材が劣化してしまいます。陶器瓦屋根の劣化は瓦自体でなく、下地木材の劣化によるものが殆どです。

デメリットは重量感のある素材なので、外観デザインのバランスをとるのが難しいこと、また、素材自体に厚みがあり、それを重ねて使うので、隙間を塞ぐ部材を使っても、どうしても多少の隙間が出来ます。

その隙間は通風等にも有効なのですが、雀等が屋根に巣を作り、巣の藁で雨樋が詰まってしまうことがある。雨樋が詰まると、素人では取り除くのが難しい。2cm程度の隙間があると巣を作られてしまうようです。このデメリットはあまり知られていないと思います。



コロニアル屋根

ハウスメーカーでは、コロニアル屋根が今だ多い。初期費用が安く、初期性能が高いので採用されているのだと思いますが、劣化が早いので、将来のメンテナンス費用が高くなる代表選手です。劣化してしまうと、リフォームの現地調査で屋根に乗っただけで、バラバラに崩れてしまいます。コロニアル屋根は瓦屋さんが施工することが多いのですが、瓦屋さんの社長の家に、コロニアルが葺いてあるのを見たことがありません。


雨樋

amadoi
ガルバリウム鋼板屋根の場合も瓦屋根の場合も雨樋はガルバリウム鋼板にすることが殆ど。タニタハウジングウェアの半丸105を外壁の色と合わせて使うことが多いです。

一般的に多い樹脂雨樋より値段は高いですが高耐久。長く使えることを考えるとガルバリウム鋼板雨樋のほうが安いかもしれません。





■ガルバリウム鋼板屋根の施工例はこちらをご覧ください。

yamanaka_025
シルバーのガルバリウム鋼板。AT式と言われている葺き方です。樋のガルバと屋根を同色としてシンプルに見えるように、外観の色を少なくしています。
施工例YM-houseを見る→


5
シルバーのガルバ。竪ハゼ葺きです。真っ白な外壁にとてもよく合います。
施工例Y-houseを見る→


■瓦屋根の施工例はこちらをご覧ください。

aoyama_001
陶器和瓦です。色は銀黒。防災瓦という、確実に固定される形態の瓦を採用した。
施工例A-houseを見る→