家づくりの考え方長期優良住宅
長期優良住宅とは、良い住宅を建てて、きちんと手入れして長く大切に使うことができる国が認めた住宅です。
住まいを長く使う為に、バランスの良い認定基準が設けられており、いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使うという主旨は弊社の考え方と合致しています。

ヨシダクラフトでは長期優良住宅にできるだけ対応したいと考えています。

また、長期優良住宅の認定条件ではありませんが、長く住まう為に大切だと考えていることをことを

ヨシダクラフトの考える長く暮らせる家」で書いています。

特に漏水対策の点からも、「屋根に勾配を取り、軒をなるべく出す」ことは大切だと考えています。ご覧ください。

長期優良住宅とは

長期優良住宅とは、分かりやすく言うと「長持ちするいい家」のこと。長期優良住宅とすると、地方公共団体から認定をもらい、減税措置などのメリットが受けられます。

今までの日本の住宅の平均寿命は、25年程度。

いいものをつくってきちんと手入れして長く大切に使うことにより、

建て替えのスパンを延ばし、住まい手の住宅コストを下げて、暮らしにゆとりをもたらします。

長期的には、公的な認定を受けた「長持ちするいい家」が普及することにより中古住宅市場も活性化します。