造作家具(手作り家具)の利点は、住まい手の生活に合う機能と形状がオリジナルで作れて、スペースにぴったり納まること。使いやすい造作家具があると、部屋の使い勝手が良くなる事は勿論、雰囲気が大きく変わります。

当社では、家具と建具を造作として素材を同じにして、統一感のあるインテリアとすることが多いです。箱を大工が造り、扉を建具業者が造るシンプルな造作家具です。大工が本棚を造ることも多いです。

大手建材メーカーのドアや収納家具は安いですが、ハウスメーカーやローコストビルダーのような、ありきたりで安っぽい室内になってしまう上に、廃盤になると修理が効かなくなるので、やめた方がよいでしょう。

インテリアの趣味は、年齢と経験を経ることにより、よりシンプルなものへと変わるのが普通です。ですから、家具と建具も出来るだけシンプルに作るようにしています。装飾が多く、色使いの派手な流行のインテリアは飽きるので造りません。

ヨシダクラフトでは、多様なリフォームの経験から、無駄な空間を生じさせない造作家具のアイデアと、それらを安価に実現するノウハウを蓄積しています。

特に30坪程度の小さな家では、収納家具を適切に配置して片付く収納を実現しないと、モノが散らかって部屋が狭くなってしまいます。

concept-kagu1

リビング壁面収納+エアコンガラリ

IMG_0138

壁面収納扉を開けたところ

concept-kagu3-180x190

郵便受機能のある下駄箱

concept-kagu4

下駄箱の小さな扉を開けると

concept-kagu5

ポストと繋がった郵便受(気密性あり)

concept-kagu6

造作玄関ドア

IMG_0211

玄関ドアと一体になった郵便受

IMG_0212

郵便受になっている

IMG_0344

格子内部は犬小屋

concept-kagu10

アイロン台を兼ねた家事室カウンター

concept-kagu11

造作洗面台