1. 洗濯

ヨシダクラフトの注文住宅、リフォームでは、家事をできるだけ楽にできるように、住まい手と話し合いプランニングしています。

特に、共働きのご夫婦の場合は、家に居る時間が少ないので、効率的に家事ができることが重要になります。

住まい手の1日の行動を聞いて、動線を考えます。

例えば、洗濯。

会社から帰宅して洗濯→室内に干して→翌朝出勤→帰宅して畳んで収納する場合。

この動線をなるべく短く配置します。キッチンもこの動線上か、近くにあると便利です。

それにプラスして、室内物干しの本数を増やしたり、動線上にアイロンの掛けられる場所を用意したり、運動靴などを手洗いできる場所を設けると、使いやすくなります。

ただし、表動線に対して、家事動線(裏動線)をつくるということは家が大きくなりますので、予算管理に注意が必要になります。

また、洗濯物や布団を干したりするベランダの上にはできるだけ屋根をかけて、

小雨程度なら洗濯物が濡れないようにしたいと考えています。

洗濯は毎日の作業になりますから、主にその作業をする人が一番楽で、効率良い方法を考えます。

1

キッチンから繋がる家事動線

2

引き戸を多用しスムーズな動線

3

洗面脱衣室に収納があると便利



2. 掃除

掃除機の出し入れが不便だったり、普段居る場所から離れたところにあると、掃除が面倒になってしまいます。

リビングの近くなどに、掃除機を分解しないで収納でき、すぐに取り出せる場所を設けると掃除も気分的に楽になります。

※「家事を楽にするリフォーム」について取材を受けました。
 リフォーム産業新聞社 リフォームセールスマガジン 2014年1月
 取材掲載はこちら