1. 地盤調査して基礎を設計する

地盤調査地盤調査写真

しっかりした地盤の上に基礎を造り、その上に木構造を造ることが地震や台風に強い家にする為の基本。
その為には、最初に建築地の地盤調査をすることが不可欠です。
調査は、不同沈下(地盤の強さにバラツキがあり、家が部分的に沈んでいくこと)を防ぐ為です。
すべての住宅において地盤調査を実施し、基礎の設計を行います。
不同沈下のリスクを低減させるベタ基礎を採用しています。
必要に応じて地盤改良を行います。
地盤改良を行う場合は地盤調査報告書を作成して説明いたします。

基礎完成基礎完成写真

地盤調査報告書地盤調査報告書写真

2. 耐力面材ダイライトを使って耐力壁を造る

耐力壁(たいりょくへき)とは、建築物において、地震や風などの水平荷重(横からの力)に抵抗する能力をもつ壁のことを示します。
耐力壁は一般的に「筋交い」もしくは「耐力面材」によってつくられます。
ヨシダクラフトでは、外壁下地は耐力面材ダイライトを使い、内壁など面材が使いにくいところでは筋交いを使うようにしています。耐力面材ダイライトのメリット
①耐力面材は、地震等の力を面全体に分散させるとともに、面材四周に細かく留め付けた一本一本の釘で支えます。釘により、たくさんの接合部が出来る為、変形が生じても「粘り」を発揮して耐力が低下しにくいという特徴を持っています。
②断熱材を入れるときに筋交いなどが無いため、断熱材をきれいに入れられ、断熱効果が高くなる。
③モルタル下地外壁などの場合は、下地が必要ですが、耐力面材を張ると下地と耐力壁が兼用できて合理的である。
④換気ダクト等の穴を外壁下地に開けた場合、耐力面材があると、面材自体が「あて」となり、穴の周囲を防水しやすくなります。漏水防止効果が高くなります。⑤ダイライトは鉱物を主原料とするため燃えにくく、グラスウール等の燃えにくい断熱材と組み合わせて、杉板やガルバリウム鋼板など、耐火性に乏しいが耐久性のある外壁仕上げ材を使用することが可能になります。

concept-stronghouse1耐力面材 ダイライトMS施工例

menzai耐力面材 ダイライトMS施工中

3. 床と屋根に面材を使用する

2階床合板剛床、床合板写真

地震や風圧による変形から住まいを守るために、構造用合板を使って1.2階の床面と屋根面の剛性を高め、耐力壁と合わせて、家全体をモノコック構造のようにして、地震や風の力を受け止めます。

4. 身元の確かな構造材を使う

土台、柱、梁の構造材は乾燥材。土台はヒノキ、柱は杉、梁は杉もしくは米松を使用。長年、地元の木材業者さんから仕入れています。プレカット工場を見学することも可能です。

構造完成構造体完成写真

井桁に組まれた強い構造体井桁に組まれた強い構造体写真

5. 許容応力度計算を行い耐震等級3とする

2016年の熊本地震では、耐震等級3の住宅の被害は無かったようです。費用が多少余計に掛かっても、顧客便益があると考え、許容応力度計算を行い、耐震等級3とすることにしました。地震で家が崩壊すると、またローンを抱えるばかりか、自分の家が倒れて道路を塞いだりすると、救助の妨げになるなど、他人の命を奪うことにもなりかねません。また、隣家に倒れ掛かって迷惑をかけるなどになると、近隣との関係が悪くなり大変な事態になるからです。