ブログ, 私事.

議論

私のブログのコメント欄で読者の方と議論しました。

 

このブログの一番下のコメント欄です。

 

インバウンドにも人気になりそう!寝ることだけに特化したレゴブロックみたいなユニットホテル「ファーストキャビン」に泊まってみた

 

このコメント欄、誰にも読まれないのは勿体ないのでブログとして取り上げます。

 

ホントはFacebookにもこのブログはアップしているので、Facebookにコメント頂いたほうが、コメントした方の身元が分かって良いのですが、実名コメントになるので、尻込みする人もいらっしゃるのです。

 

では、見てみましょう。

 

コメント欄は承認制

ちなみにブログのコメント欄は承認制にしています。読者が書いたものを私が承認することにより、WEB上にアップされます。

 

1ヶ月間に3~4件は、コメント欄に書き込みがあるのですが、「お前のブログくだらん。チッ」みたいな、つまらないピンポンダッシュ書き込みなので、そういうのはアップしません。

 

匿名でも面白かったり、コメントし合うことによって私のブログが少しでも良くなるようなものなら、取り上げます。

 

で、今回は取り上げました。読者と話をして、どう感じているか知りたいと思ったし、一部の人に不快に感じた文章を自分の言葉で説明したかったからです。

 

「今すぐ訂正しなさい」
コメント1

 

文章の最後で「今すぐ訂正しなさい。言い訳をしたければどうぞ。」と来ましたので、説明と反論しました。

 

匿名で批判的書き込みをする方は、自己愛の強い小心者

 

コメント2

 

ちゃんと、話せば議論できる人かなと思ったので、ブログに対する批判的書き込みをするなら、匿名でなく本名でお願いします。

私は匿名で批判的書き込みをする方は、自己愛の強い小心者だと認識しております。と書きました。

 

コメント3

 

このへんのやりとりから、私のブログをよく読んでくれている読者さんということが分かってきました。内心、ありがたいと。

 

コメント4

 

ブログは短く分かり易い文章を書く必要があります。「極端な例」を出して短くしたほうが、ブログ全体の主旨を理解してもらえるからです。長くて退屈だとスマホで読んでもらえません。

 

また、私が、WEB上で他人を批判するなら匿名でなく実名で、身元が検索してもらえるように書くと思います。批判的意見だけ書いて逃げてしまうのは、ピンポンダッシュするみたいで、嫌ですもん。と持論を展開しました。

 

コメント5

 

匿名さんとは同じ考えなのですが、他人に分かりやすいブログを書くとなると、極端な例を出すのが早いので、そうしたと書きました。上手く分かり易い事例が出せなかったと、正直に書きましたwww。

 

コメント6

 

まとめ

私のブログについては、「完璧なレポート(記事)」を求められても無理なので、「主観の入ったブログ(エッセイ)」として読んでください。よろしくです。知らない人と議論できるブログやSNSは面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*