美容室TROOP店舗併用3階建て(宇都宮市), 高断熱高気密省エネ住宅.

troopオーナー

 

オーナーの齋藤さんは住宅がメインの設計でなく、店舗部分がメインの設計にしたいと考えていた。具体的には、建物全体が店舗に見えて、その中に住まいもあるという建物です。

 

しかし、大手ハウスメーカーやビルダーにプランを依頼したら、どの会社も、住宅の一部を店舗にしたような住宅メインの外観で、「こちらの意図を汲み取れなかった」とのこと。

 

「出てきたプランは、奥さんが旦那の給料を当てにして、パートで美容室をやっているような中途半端な外観であり、大手ハウスメーカーになるほど、こちらの考えを反映するデザインにはならなかった。」

 

ハウスメーカーは規格で形が決まっているため、店舗併用住宅+狭小住宅には対応しにくく、かつ既製品の新建材で住宅を造るため、自然素材+造作家具+造作建具という手づくり感のある建築は最も苦手なので、齋藤オーナーの要望には、答えられなかったのだと思います。

 

くわしくはお客様の声をご覧ください。

宇都宮市の美容室併用木造3階建て住宅TROOPお客様の声

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*