パッシブデザイン, リフォーム, 高断熱高気密省エネ住宅.

何となく、「中古住宅って寒そう」な感じがしませんか?中古住宅を断熱性能を基準に選ぶ場合の目安と、中古住宅購入後に一番簡単に安くできる断熱リフォームをご紹介します。

 

年代別中古住宅の断熱性能

 

中古住宅 断熱基準出典:住宅の省エネルギー基準早わかりガイド

 

年代別の断熱仕様です。上の表は昭和で分かりにくいので、西暦に直してみました。ザックリと年代別の断熱材の厚さと断熱性能が分かります。

 

■昭和54年以前(1979年以前) 無断熱

■昭和55年~平成3年(1980年~1991年)旧省エネ基準

■平成4年~平成10年(1992年~1998年)新省エネ基準

■平成15年(2003年)換気システム義務化

■平成11年~平成25年(1999年~2013年)次世代省エネ基準

■平成25年~平成32年(2013年~2020年)改正省エネ基準

 

おすすめな中古住宅の築年数と断熱材の確認方法

 

冬暖かい中古住宅を買いたいなら、平成15年(2003年)以降に建てられた、築10年前後の中古住宅がおすすめです。平成15年(2003年)換気システムが義務化されて、断熱性能も今の建物とほぼ同水準です。断熱性能だけで考えると、築10年前後の建物がおすすめです。

 

しかし、住宅会社(設計者)によっては、断熱材の厚みが薄かったりするので、中古住宅購入前に、個別に確認することが必要です。購入前に、中古住宅の断熱仕様を図面で確認しておきましょう。

 

意中の建物であれば、現地を見る前に、不動産業者に「中古住宅の断熱仕様を確認したいので、現地を見るときに、矩計図等の図面を持ってきてください」と言えば良いです。そして、図面を見て上の表と対比してみましょう。図面の中の「矩計図(かなばかりず)」には、断熱材がどのように入っているかが、記入されていることが多いです。

 

できれば、中古住宅の購入前には、一級建築士、現場監督、大工等の建築のプロに図面と建物を見てもらい、プロの意見も聞いた方が、より良い判断が出来ると思います。

 

ちなみに当社では、中古住宅 内覧同行サービスを行っています。このサービスは当社でリフォームを行うことを前提に無料で行います。

 

断熱性能だけで判断すると、平成15年(2003年)以降の築10年前後の中古住宅が良さそうだということになりますが、築年数の浅い、新しい中古住宅は郊外にあることが多く、古い中古住宅こそ便利な街中にあることが多いです。新しい中古住宅は価格も比較的高めです。

 

また、新しい中古住宅は、新建材と呼ばれる廃盤になると交換の効かない既成建材で造られていることが多いのに対して、古い中古住宅は、無垢の床材や造作建具等の職人が修理できて長く使える建材で造られていたりしますので、古い中古住宅のほうが表層の仕上げ材は長く使えることもあります。

 

断熱性を重視するのか、場所なのか、建材なのか。価値をどこに置いて判断するかですが、そこそこ便利な場所の古い中古住宅を買って、冬暖かいお家に断熱リフォームをするというのが有力な回答だったりしますので、その中でも一番簡単で安くできる方法を以下に書きます。

 

家が寒い場合の対策!中古住宅の断熱リフォームは、コスパの高いこれがおすすめ

 

二重窓・断熱内窓出典:二重窓(断熱内窓) 

 

断熱材が入っていない中古住宅の場合は、冬寒く結露する可能性が高いので、断熱材を床、壁、天井に入れたいところです。しかし、壁にキチンと断熱材を入れるには、既存の壁を壊して断熱材を入れ直す必要があり、多額のお金が掛かります。

 

お金の無い場合は、一番安く効果的にできる工事を最初にすべきです。一番最初にすべき断熱リフォームは、二重窓(断熱内窓)リフォームになります。もともとの窓の内側に、もう1つ新しい窓を取り付けるという簡単な工事です。家の中で熱の出入りが、最も大きいのが「窓」。「窓」からの熱の出入りを抑えるのが、家の断熱性能を高める一番効果的な方法です。

 

窓から熱が逃げる

冬に窓から熱が逃げる割合48%

出典:窓の省エネ・リフォーム

 

既存の窓の内側に取り付けるということで、何も壊すことがなく工事出来ます。当社は二重窓(断熱内窓)の施工例は多いです。個室に二重窓(断熱内窓)を付けた方が、あまりの快適さ(暖かさ)から、他の部屋も二重窓(断熱内窓)にしたという例も多いです。

 

当社の二重窓(断熱内窓)施工例はこちらをご覧ください。

結露防止のために和室の障子部分に断熱内窓を付けた施工例、連続写真でご覧あれ

 

 

二重窓(断熱内窓)の効果は寒さ対策だけじゃない

 

二重窓(断熱内窓)の効果は寒さ対策だけではありません。結露防止と防音にも効果を発揮します。二重窓(断熱内窓)により室内の断熱性能が上がると、外の冷たい空気は室内に伝わりにくくなるので、窓の結露は大幅に減り解決することが多いです。

 

また、外部の騒音が室内に入りにくくなり防音効果も高いです。既存窓がガラス1枚のサッシでも、二重窓(断熱内窓)のガラスをペアガラス(2枚ガラス)にすると合計3枚のガラスになります。街中の住宅で防音対策により二重窓(断熱内窓)を付けた経験も何度かあります。二重窓(断熱内窓)は、断熱+結露防止+防音の効果があります。

 

二重窓(断熱内窓)の気になる予算は?

 

できれば、お家の全ての窓を二重窓(断熱内窓)にしたほうが快適です。窓からの熱の出入りを家全体で少なくしたほうが効果的だからです。しかし、最初にリビングなどの一番長く滞在する部屋の窓を全て二重窓(断熱内窓)にして、効果を見てから、他の部屋も行っても良いかもしれません。二重窓(断熱内窓)は、高さ90㎝×幅170㎝程度の引違い窓で1箇所あたり数万円~施工可能です。窓1箇所あたり、1時間程度で施工出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*