IM-houseリフォーム, リフォーム, 家守り, 建築いろいろ.

ダウンライト照明

2年前の11月にリフォーム工事が完成したIM-house。去年の6月、ダイニングテーブル上のLEDダウンライトの4灯のうちの1灯が点くなくなり、メーカーの無料交換を受けました。リフォーム工事完成から、約半年後の出来事です。

 

LEDダウンライト照明

ダウンライト(downlight)とは、写真のように天井埋め込み型の照明で、天井がフラットになりシンプルな見た目になるので、当社ではよく使う器具なのです。直径約10㎝程度の円形の照明が多いです。

 

今度は、先週の金曜日の夕方施主から電話があり、ダイニングテーブル上の3灯の調子が悪いというので、照明メーカーに現状を連絡しました。前回故障した照明と同じ品番の照明です。

 

同じダウンライトは、リビングにも4灯あるので、このお宅には同じLED照明が、合計8灯あることになります。施主に状況を聞くと、リビングの4灯は、ダイニングの半分程度の時間しか使っていないようで、今のところ故障なしです。

 

今日のブログは、長寿命と省エネが売りのLED照明ですが、品番によっては、早期故障することもあるので、その場合は早めに照明メーカーに連絡すると無償交換してくれるという話を書きたいと思います。。

 

同じ品番のものが、2年という短期間に4灯故障するのは、その品番の製品に問題がある可能性があります。メーカー側では、前回の故障の履歴も残っており、無償交換にもすんなり対応してくれるようです。

 

サービスセンターの担当者に、質問してみました。

「この品番は、故障が多い機種ということはないですか?」と質問すると、

 

「無きにしも非ず」(なきにしもあらず)だと。

 

想像するに、その品番は、一時的に故障の多いものが出回ったのかもしれません。

 

LED電球も、このメーカーではありませんが、早期故障するものがありました。当社事務所では、5つLED電球を買って2ヶ月以内に全て点灯しなくなりました。

 

LED照明も電球も故障したら、保証期間内なら、早めにメーカーに連絡し、交換してもらったほうが良いでしょう。

 

led保証期間

出典:照明メーカーのWEBから抜粋させてもらいました。

 

LED照明の保証は、商品を買ってから(引渡しを受けてから)1年間。LED電源とLEDモジュールの保証期間は3年間が普通のようです。

 

LEDモジュールとは、いくつかの部品的機能を集め、まとまりのある機能を持たせた部品のことです。

 

当社の照明とスイッチプレート等の考え方はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*