地域情報, 美容室TROOP店舗併用3階建て(宇都宮市).

美容室併用3階建て住宅、店舗名TROOP(トゥループ)は、仕上げ工事の追い込み時期。建築場所の宇都宮市仲町の清巌寺通り界隈は、文字通り寺町(てらまち)であり下町の雰囲気です。工事をしていると、ご近所の方から気楽に声が掛ります。

 

話し込み過ぎると仕事にならないので(笑)、あまり目を合わさないようにしていましたが、ようやく工期どおり仕事が終わる目処が付き、少しだけ心に余裕が出てきました。当社の近所なのですが、全く違うフランクな雰囲気。フランクな雰囲気の原因をよく考えると、町内に「よく喋る社交的な方」が何人かいらっしゃるということ。

 

それだけで、地域の印象が全く変わってしまうのは驚きですが、住民の印象が町の印象になるのは当然かもしれません。最近は、病院ができて人の流れも変わり、お洒落な飲食店やカフェもでき、注目されている地域です。

 

  • ヘアーサロン「トゥループ」のオープンは、11月23日(金)
  • オープンハウスは、予約制で11月14日(土)15日(日)に予約制で行います。見学希望の方は、お問合せ から申し込みください。

 

オーナーと相談しながら作業を進めた、仕上げ工事の様子を写真でご紹介します。木造3階建ての為、1階の店舗には大きな開口部を複数取れないので、視線の抜けるところは少ない。そのため受付、待合、カットスペース、シャンプースペースと場所ごとに少し違う雰囲気として変化を出しています。

 

TROOP受付壁

受付の壁は、ウェスタンレッドシダーの羽目板。クリアオイルで塗装すると木目が浮かび上がった。

 

レトロガラストイレドアのレトロガラス。いつも使っているガラス屋に在庫無くて焦ったが何とか間に合った。

 

IMG_1846レトロガラスを使って完成したドアがこちら。照明がつくと、それぞれの色がハッキリ出る予定。

 

IMG_1847建具職人が建込のため、建具を微調整をしているところ。建込(たてこみ)とは、大工が造った建具枠に建具職人が建具を調整して取り付ける作業。オリジナルのドアは、古くなると味わいが出るし、既製品のドアのように廃盤にならないので長く使えます。

 

IMG_1834シャンプー台のタイルを貼っているところ。タイルの色は予想どおりで、ひと安心。

 

IMG_1836珪藻土塗り。オーナーにも作業着の臨戦態勢で来てもらったが、こちらも意中の仕上げが出来て、こちらもひと安心。オーナーに立ち会ってもらい仕上げパターンの確認をしてもらった。

 

IMG_1859外壁はマットな白のモルタル外壁。北側道路と直行する外壁の一部に木を貼り、ジーンズのような経年変化を期待。

 

IMG_1861店舗の床はコンクリート床版の上にビニールタイル。かなり本物に近い雰囲気のものを選んだ。

 

美容室設計の参考に下記の本を買いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*