地域情報, 建築いろいろ.

栃木県事件事故マップ

1月1日から栃木県警のウェブサイトに掲載されている「栃木県警事故事件マップ」が面白くて使えます。土地建物を購入する前にも、このサイトで地域を事前チェックして、安全安心を確認しておくのは必須かもしれません。

 

種類は「交通事故発生状況マップ」と「犯罪発生状況マップ」の2つ

「交通事故発生状況マップ」と「犯罪発生状況マップ」の2つに分けられていて、画面が切り替えられるようになっており、メチャクチャ分かりやすい。これいいです。普段生活していて、一番身近な外的脅威である事故と事件の場所が、かなり詳細にわかります。市町村名を入れると事故と事件の情報が出てきます。※レスポンシブウェブデザインにはなっていませんが、スマホでも問題なく見られます。レスポンシブウェブデザインになっていると、もっと良いです。※レスポンシブウェブデザインとは・・・Webサイトをパソコンやスマートフォン、タブレット端末など複数の機器や画面サイズに対応させること

 

栃木県交通事故発生状況マップとは

交通事故発生状況マップは、事故発生場所はもとより、事故にあった方の年代、日時も検索できるようになっています。今のところ死亡事故だけのようですが、重傷や軽傷の事故もマップに表示される方向なのだと思います。どこでどんな内容の事故があったのか分かります。

 

栃木県犯罪発生状況マップとは

また、犯罪発生状況マップは、下記の4種類の犯罪が起こった場所と日時が分かります。

  1. 路上強盗
  2. ひったくり
  3. わいせつ
  4. 不審者情報

宇都宮駅近辺や商業施設近くの比較的人の多い場所で「ひったくり」や「わいせつ」事件が起きていることが分かります。事故や事件がどこで起こってるかわかるのは、とても興味深いです。

 

栃木県警事故事件マップで土地建物の購入予定地域の事故と事件を事前チェックしておこう

この「栃木県警事故事件マップ」は、土地建物を購入する時にも事前チェックすべきです。購入予定地域の事故及び事件情報を、ザックリと理解するには最高のツールだと思います。

不審者情報の多い地域や交通事故の多い場所がチェックできるので、土地建物購入の目安になるかもしれません。誰も事故や事件が多い地域には住みたくないはずですし、事故や事件が多い地域は何らかの理由があるのだと思います。

栃木県警本部で定期発行されている「あんしんまちづくりニュース」はPDFファイルですが、栃木県内の地域の犯罪発生状況がもっと詳細にひと目でわかる定期情報誌のようです。栃木県警のウェブサイトは防犯の為の家造り情報もたくさん掲載されており、勉強になります。

 

事件事故発生マップは様々な都道府県警で作られているようです

警視庁事件事故発生マップ

埼玉県事故事件発生マップ

千葉県 暮らしの安全マップ

静岡県事故事件発生マップ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*