O-house, リフォーム, 建築いろいろ.

ガルバリウム鋼板外壁材を使った家外壁にガルバリウム鋼板を使用しているO-house

 

先日のブログを書くのに、「金属の腐食」をネットで調べていたら、驚いた資料がありました。それをお借りしてブログを書きます。

 

濡れた木材に長時間接触すると、ガルバリウム鋼板が腐食するという話

先日のブログは住宅に用いられる瓦と銅板の相性が良くないという話でしたが、今回は濡れた木材に長時間接触すると、ガルバリウム鋼板が腐食するという話。これ、私知らなかった。屋根材に使われるほど水に強く耐久性のあるガルバリウム鋼板が、濡れた木材ごときに接触したくらいで腐食するとは!!

 

ガルバリウム鋼板と木材を外壁材として一緒に接触させて使う場合は、木材が濡れた状態が長く続くと、ガルバリウム鋼板が腐食するようです。「ガルバリウ鋼板 木材 外壁材」と検索すると、ガルバリウム鋼板と木材を外壁材として使用している住宅の写真がたくさん出てきます。ガルバリウム鋼板の外壁材に無垢の木をアクセントとして入れている住宅、多いです。きちんと木材が乾燥するような「取り合い」にしていないと、ガルバリウム鋼板の腐食が問題になるかもしれません。

 

ガルバリウム鋼板外壁材ガルバリウム鋼板  レッドシダー下見板貼り木の外壁材

 

木から出た木酢液がガルバリウム鋼板を溶かす

 

外装鋼板における接触腐食現象と使用条件  JFE鋼板(株)技術サービス 木村 肇様

 

ガルバリウム鋼板と木材との接触による腐食

写真3(2頁の写真参照)にガルバリウム鋼板製屋根面と木材との接触による腐食例を示す。ガルバリウム鋼板が湿った木材に接触した場合、表4に示すように、木材中に含まれる酢酸を主成分とする木酢液が滲出し、水分が酸性となるためガルバリウムめっき層が腐食(白錆、黒変)溶解し、その結果、鋼板の腐食(赤錆)に至る。

 

木酢液:木材を乾留して得られる液体生成物の一つで、酢酸を多量に含む。

PDFの中に、ガルバリウム鋼板屋根の上に木材が置いてある写真がありますが、結構腐食しています。木が濡れた状態だと木酢液が出て、ガルバリウム鋼板を溶かすようです。

言われてみたら納得なのですが、こういう情報や経験が無いと分からないと思います。ガルバリウム鋼板と木を一緒に外壁材として使う方は必見の資料です。

 

ガルバリウム鋼板と接触する木材が乾燥するような「納まり」にすることが大切

通常、木材を外壁材として使用する場合、水は重力によって落ちて乾燥しますから、そんなに心配は要らないと思います。木材が乾燥するような「納まり」にすることが大切だと思います。※納まりとは・・・例えば、壁と床が接する部分を、壁と床の「取り合い」といい、そこをどのような形にするかを「納まり」という。

 

時間が経たずに木材が乾けば、ガルバリウム鋼板は腐食しないと思いますが、木材が長く湿った状態で、ガルバリウム鋼板と接触していると、腐食する可能性が高いようです。ガルバリウム鋼板や銅板は、単独では強い素材です。しかし、異種金属との接触による電蝕とよばれる腐食や、上記のような濡れた木材との接触による腐食があります。金属板を外壁に使用する場合は、できれば他の種類の外壁材は使わず単独使用が良いようです。建築の材料選択と施工はホント難しい。使った経験のない新しい材料を使いたいですが、経年変化が分からないので、使うのに勇気がいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*