建築いろいろ.

建築雑誌を見ていると、基礎床版コンクリートのすぐ上で木下地を組んで、床を仕上げている図面が載っていたりする。床下には人が入れない構造だ。
P1030710.jpg
これが普通の床下に入れる住まい。人が入れる空間がある。
こうしている理由は、1階の床と地面を近くして、庭との一体感を感じさせる設計だったり、床下の木部や床版コンクリートに温水パイプや電熱線を通した床暖房のためだったりする。コンクリートと床を近くしてコンクリートに蓄熱させて、効率よく床暖房しようとしているのだろう。
P1050467.jpg
床下に防蟻処理に入るところ。普通のお宅はこのように床下にはいれる。
しかし、床下に人が入れない設計はとても危険。
床下で白蟻が発生した場合。人が床下に入って床下点検できない構造のため対処が遅れる。
床に穴を開けて防蟻処理しても、施工後の確認も出来ないのだ。
また、床下の給排水管が水漏れした時も対処できない。
P1050469.jpg
防蟻工事の職人さんが床下に入るところ。
床下に人が入るスペースが無いということは、地面と木部が近いということ。
地面と土台や床材等の木部が近いと、白蟻にとっては移動距離が少ないので好都合なのだ。
また、床暖房すると床下空間も暖かくなるから、これまた白蟻には好都合。
床下に人が入れない住まいの設計者が、有名な住宅建築家だったりすると、影響はとても大きい。その建物が図面付で雑誌に載ったりすると、現場経験の無い設計者や設計施工者は、床下点検できないことが分からずにマネしてしまう。合掌、アーメン。
また、私がやりたくても出来ないことに、基礎の外側に断熱材を設置して、床下にエアコン等で温風を送り込んで、1階の床暖房をするという方法がある。これをやりたい。
とても、快適だろう。
しかし、これが出来ない。悔しい。
リフォーム工事等で、基礎外側断熱の白蟻の被害を見てしまうと、これが出来ないのだ。断熱材と基礎の隙間から白蟻に入られてしまうと、人が床下に入れる構造でも、その外側で起こっていることだから。対処方法が無くなってしまう。板金で土台下に蟻返しを造ったりするんだろうけど、基礎外側の断熱材は食われちゃうものなあ。
だから基礎外側断熱は諦めて、消去法で床断熱をしている。間違いはないからね。
リフォームやってなくて、新築だけやってたら、基礎断熱やってたな。
誰に設計を依頼する場合でも、「床下に人が入れてメンテナンスできること」は最重要確認事項です。
2007年にも同じようなこと書いてました。

この白蟻屋さんのブログが論より証拠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*