未分類.

最近、うちの廻りも物騒で、去年の終わりから今年の初めにかけて、事務所の窓がバールでこじ開けられそうになった。
警察に連絡したが、事件じゃないので動いてくれない。
「何も取られなかったんでしょー。」
軽い応答。
しょうがないから、音の出る人感センサー付きのライトを付けた。
水と安全がただの時代は終わりました、なんて言って
警備会社はもうかってるんだろうなー。
テレビや新聞などでも、泥棒や強盗対策について報道している。
家の廻りの塀や垣根は、なるべくブラインドにならないように道路から見えるようにしましょう。
これが正解じゃないか?
お客さんから、塀は高く道路から中が見えないように作ってくれというリクエストが今年になって2件あった。
同じ、高額所得の人が多い職業だ。
なんでも、入っている協会から言われたとのこと。
塀を高く、中が見えないようにしたほうが、泥棒が入らないと言われたのか?
一度入ったら、道路から見えないから、泥棒はやりたい放題だ。
プライバシーの問題もあるが、私が塀は低く、中が見えるほうが良いと説明しても無駄で、明日塀を作る。

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

  1. 工務点

    ナチュラル・リフォーマーshigeさん
    >うーん、わかります。
    >よかれと思うことを提案しても、やはり請負商売、「やっぱりこっちにしといて」で、施主様の言うなり。
    >なかなか険しい道です。

    >柳のようにしなやかに。。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*