未分類.

昨日は、風邪をひいてしまい今頃更新。2年ぶりに風邪をひいてしまいました。まだ、鼻水は出てますけど。
 土曜日、リフォーム工事をしている現場に、インテリアを勉強中の学生さんが見学に来ました。友達が専門学校で講師をしていて、そこの学生。
 25歳の社会人経験のある女性でしたが、住宅建築・インテリアをやりたくて前の職場を辞めたようです。
 現場は構造の段階(柱と梁が見えている仕上げ前)なので
、見てもつまらなく感じて、すぐに帰るだろうなと思っていましたが、写真撮ったり実測したり、小雨の降る寒い中、長時間滞在。
 自分でアポ取ってくるんですから、ほんとに好きなようです。私も似たような時期があったなと、今でもそういう部分あるなと、思いながら見てました。
 このお客さまとは、毎週土曜日の午後が、現場打ち合わせの時間になっていて、特に打ち合わせる内容が無くても、進み具合を見ていただく事にしています。
 考えの行き違いがないように、週1度は顔合わせです。
 でも、実物を見るとやっぱり変更したい点が出てくるんです。図面の寸法では感じられなかった部分。
 お風呂の窓から中庭がよく見えるように、窓の高さを20cmほど下げました。
 お客さんが作って来てくれた美味しいスープを飲みながら、大工さんと学生さんとお話。結構、こういう時間好きですね。

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*