Y-house(小山市).

 写真の中央より少し上に、鼻の穴のように小さな穴が2つ空いています。
見えるかな?
 Y-houseはベランダが広い為、一度に大量の雨が降った場合、万が一、3本の排水管に雨が飲み込めないことを想定し(ほぼ無いですが)、室内に雨を入れないように考えて造ったオーバーフロー管です。ベランダ壁に穴を空けて管を入れています。高さは2階の床仕上げより10cmほど低くなっています。
 樋に入りきれない雨は、ここから排出される予定です。ここが使われる時は、小便小僧のようになるので見てみたい気もします。(笑)
 そうなった場合、外壁を汚さないように、2cmほど管を壁から出しています。
 外壁から管が飛び出して、「ナンだろう?」と思う人もいるかもしれませんが、機能性を考えて計画しました。
 あまり外壁から出ていても目立ってしまうし、出さないと汚れるし、位置もおかしく見えない所ということで、図面と現場で検討しました。
 こういう部分結構好きです。
 G-house(河内町 下ヶ橋)工事始まりました。

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

  1. おばか社長

    工務点さん まいどです。
    いつもすばらしい住宅に感激します。
    自分もこんな家建てたいな!なんて思ったりして。
    今回のアイデアもおもしろいですね。
    僕なら白いライオンの顔をつけて、目から水が出たりして。
    趣味悪いかな?

    返信
  2. 工務点

    おばか社長さん
    >工務点さん まいどです。

    >いつもすばらしい住宅に感激します。
    >自分もこんな家建てたいな!なんて思ったりして。

    >今回のアイデアもおもしろいですね。
    >僕なら白いライオンの顔をつけて、目から水が出たりして。
    >趣味悪いかな?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*